SF

映画『シンクロナイズドモンスター』怪獣の形が凄いエロい!辛酸なめ子トークショーの模様をレポート

辛酸なめ子「アン・ハサウェイの好感度アップムービーです!!」

「第10回したまちコメディ映画祭in台東」にて特別招待作品として上映され、コラムニストの辛酸なめ子さんを迎え、トークショーを実施いたしました。

ハリウッドを代表する人気女優アン・ハサウェイ主演最新作『シンクロナイズドモンスター』が11/3(金)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開となります。

映画は怪獣バトルとダメウーマンの成長という対極にある物語が、見事にシンクロしたセカイ系バトル・エンターテインメント!
憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)は、失業してから毎晩酒に酔って暴走し、同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出されるダメウーマン。家も仕事も彼氏も失ったグロリアは、生まれ故郷の小さな田舎町に戻り、そこで再会した幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことに。グロリアが新生活への一歩を踏み出す中、韓国・ソウルで突如巨大な怪獣が現れたという衝撃のニュースが世界を駆け巡る。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」。舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

辛酸なめ子 トークショー

映画を観た辛酸なめ子は「壮大さとちっぽけさが両方あるっていう凄い不思議な作品で観終わった後充実感がありましたね。あとというか、怪獣としてすごくかわいくて、メスとしてウエストがくびれていたりとか、生殖器はどうなっているんだろうと思いながら観ていました。かわいかった。」と本作でアン・ハサウェイのとシンクロする怪獣への独特なお気に入りポイントに笑いが起こった。

映画『シンクロナイズドモンスター』怪獣の形が凄いエロい!辛酸なめ子トークショーの模様をレポート01

「彼女は昔から嫌われていたりバッシングされているようですが、その今まで言われてきたうざさを利用してダメ女っぽく演じて親近感を感じさせたのかなと感じました。好感度があがった。アン・ハサウェイ好感度アップムービーですね。」とダメウーマンを体当たりで演じたアン・ハサウェイの魅力を語ると、MCのコトブキツカサが「脚本を読んでグロリアは自分の本質的なキャラクターと私は似ている。グロリアと言う役は私がやりたい、私が映画化するといって製作にも入った。『レ・ミゼラブル』でオスカー獲ったのに今度はこんな役をするなんて、その振り幅は評価に値する。」と大絶賛すると、「新たな道が開拓されましたよね」とうなずいた。

本作の大きな見所の怪獣とのシンクロについて「人は生きていて人体は小宇宙、宇宙と繋がっていると言われているじゃないですか、もしかしたら自分が絶望したり怒ったりしたものが宇宙で反映されているかもしれない。だから自分のちょっとした行動が影響を与えているかもしれないということで、共感を生み出し、それが爽快感につながっていく作品。」と自身が好きだという宇宙を引き合いに出した独自の見解を披露。さらに「最初に出会うオスカーは関わらない方がいい男性だけど、仕事が無かったり彼氏とケンカしたりして正常じゃない状況。Gジャンに襟付きボアで現れたオスカーにこれはやばいんじゃないか、襟付きボアのついたGジャンって。。元々はおしゃれなニューヨークに住んでたグロリアは都会的な感覚があるはず、だから過度にダサい服を着た人間はちょっと危険だと気づくべきなんじゃないかと。」とオスカーの服装について言及すると「それは偏見です(笑)」と突っ込まれる一幕に会場は盛り上がった。

映画『シンクロナイズドモンスター』怪獣の形が凄いエロい!辛酸なめ子トークショーの模様をレポート02

忘れっぽ過ぎるキャラクターのグロリアだが「その一因というのが、ただお酒に酔っているからだけではなく、怪獣のほうに自分の念願を飛ばしてしまっているのかと、念を飛ばす人はその間ぼーっとしている。知り合いが霊能者に恨まれていて、霊能者が寝てる時間は何も起きないですけど、起きている時間に具合悪くなったり免疫力を下げるようなことをされたと。」面白エピソードに絡めたキャラクター分析でお客さんを驚かせた。コトブキツカサが「いい意味での安っぽさジャンキーさはあるんだけれど、物語が進むにつれ壮大になってきて、ニュース映像とかドキドキするくらい」と見所を話すとそれに同意した辛酸さんは「(ニュース映像)あれが日本だったらもっと良かった。逃げる人の中に芦田茉菜ちゃんとかいてほしかった」「まんま『パシフィック・リム』ですよね」と突っ込まれ笑いを誘った。

「B級の良さみたいな、人間のダメな部分を肯定するような作品でもあるんだけれど、やっぱり最後のBarに入ってまたお酒にはまっちゃうのかなと感じさせるのも面白かった。」とどっちに転ぶかわからないエンディングもお気に入りだそうだ。
最後に「アン・ハサウェイのこれまでの作品も拝見して、本作は率直な彼女の本質が出ている映画ですし、嫌な奴は投げっちゃっていいんだと、我慢しなくていいんだというメッセージを感じました。最近煩悩が暴走してしまっているようなおかしな女性のニュースばっかりじゃないですか、狂暴になってしまったり、グロリアのように自分の中の苛立ちとかそういうのを怪獣に変える、インナー怪獣みたいなものを具現化するとフラストレーションが解消されるという希望も感じましたね。」と締めくくり、終始笑いの絶えないトークイベントは幕を閉じた。

icon-film 予告編映像はこちら

STORY

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの毎晩酒に酔って暴走し、ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出されてしまう。 家も仕事も彼氏も失ったグロリアが向かったのは、生まれ故郷の小さな田舎町。 そこでばったり再会した幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)に誘われ、グロリアはオスカーが営むバーで働くことになる。
グロリアが新生活への一歩を踏み出す中、衝撃のニュースが世界を駆け巡る。 韓国のソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。 テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、ただひとりグロリアはある異変に気付く。 「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

映画『ザ・サークル』エマ・ワトソンがSNSで24時間をシェアし続ける!本ポスター&本予告解禁!前のページ

『ワンダーウーマン』だけじゃない!美しいオスカー女優が闘う映画2作品次のページ

ピックアップ記事

  1. 映画「ネオン・デーモン」16歳のエル・ファニング、劇中で変化を遂げる禁断写真
  2. 映画『旅猫リポート』×ほぼ日アプリ「ドコノコ」コラボフォトコンテスト開催
  3. 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告編映像が解禁。
  4. 奇才オークラ!初監督ドラマ『漫画みたいにいかない。』この秋Huluで独占配信決定…
  5. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』8月、ヨン・サンホ監督の来日決定!場面解禁も…

関連記事

  1. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」片手に包丁!?衝撃のラストへ向かう緊張の場面写真を公開

    キャーッ戦慄…!包丁握り、身構えるエルたんっっっ!!!!…

  2. 主人公に学習能力が無さすぎる映画「ペット・セメタリー」

    ホラー

    主人公に学習能力が無さすぎる映画「ペット・セメタリー」レビュー

    (1989年 監:メアリー・ランバート 出:デイル・ミッドキフ…

  3. SF

    大人気作を4DXで再び!『ハリー・ポッターと賢者の石』史上初の4DX上映が、10/26(金)より、ス…

    ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い…

  4. ドラマ

    『チェルノブイリ ―CHERNOBYL―』レビュー!

    2019年監督:ヨハン・レンク出演:ジャレッド・ハリス、ス…

  5. アニメ

    映画『レゴバットマン ザ・ムービー』レビュー

    レゴムービー版バットマン!カッコ良さとアホらしさの絶妙なバランス…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. 《動画あり》映画『JKニンジャガールズ』予告編解禁!

    コメディ

    《動画あり》映画「JKニンジャガールズ」予告編解禁!
  2. コメディ

    中井貴一×佐々木蔵之介『嘘八百』の追加キャスト発表&予告映像解禁!!
  3. アクション

    『クロール -凶暴領域-』レビュー!
  4. 告知

    【イベント告知】「第30回 東京国際映画祭」今年はアニバーサリーイヤー!
  5. オフィシャルレポート

    映画『パーフェクトワールド』スペシャルトークイベントレポート
PAGE TOP