ドラマ

映画『トリガール!』実は”六・角・関・係”の恋愛映画だった?!

映画を観た人だけハッとする場面写真が解禁

大ヒット公開中の大注目の⻘春エンターテインメント映画「トリガール!」。
土屋太鳳が新境地となる“毒舌女子大生”を演じた事に加え、間宮祥太朗&高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬という、今最も勢いのある若手キャストを迎えて贈る、空飛ぶ⻘春エンターテインメント!
SNS上では「こんな太鳳ちゃんもみれるなんて♡」「楽しい⻘春映画で、笑ってきた」「既に5回鑑賞しました!」「今年No.1!」などなど、熱いコメントで目白押しの作品です!!

そんな本作の映画を観終わったら絶対ハッとなる場面写真らを解禁!
「トリガール!」って熱々の⻘春だけではない。笑いもある、そしてちょっっぴり切ない六・角・関・係の恋愛映画でもある?!(NO ドロドロ!)そして、この六角関係が浮き彫りになるのは、映画のラストシーンに全てがわかる構造になっており、ハッ?!となるお楽しみが最後に待っていることがわかった。

映画『トリガール!』実は

今回解禁された場面写真は、琵琶湖でフライトに臨む、ゆきなと坂場に指示出しをする高杉と本編では一切台詞を発しない謎(?)のメガネ女子の2ショット。一見みると、<がんばれー!>というセリフを投げているシーンかもしれないが、映画をみたあとこの画像に触れると<なるほど!!><ですね、ですね!!>と、頷くことうけあいの、貴重な一場面!撮影時には、高杉のテンションの上がり具合がすさまじく、共演者全員を驚かせたという。いままでに見たことのない圭先輩を楽しんでほしいとの英監督の証言も!

映画『トリガール!』実は

さらに「トリガール!」の大ヒットを記念し、土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、メガネ男子らが全員そろった集合写真も解禁!!この中で六角・・・、どの6人がどう絡み合うのかも想像しながら劇場へ向かって欲しい。ただただ熱い夏、熱い⻘春だけではない、笑いの先に涙あり、ちょっぴり恋愛模様もあり、ますます羽ばたく「トリガール!」!引き続き、飛びまくります!!!

映画『トリガール!』大ヒット公開中!

新進俳優アナイリン・バーナード主演映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』公開決定!前のページ

奇才オークラ!初監督ドラマ『漫画みたいにいかない。』この秋Huluで独占配信決定!次のページ

ピックアップ記事

  1. 映画「家族はつらいよ2」新キャスト、藤山扇治郎が山田洋次監督作品に初出演!
  2. 映画『KUBO/ クボ 二本の弦の秘密』満席劇場続出!『この世界の片隅に』現象再…
  3. 2018年2月公開 映画『マンハント』邦題・日本版ポスター・特報が解禁!
  4. 『夜明けの祈り』8月5日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開が決定
  5. 映画「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーンの歌声に酔いしれる特別映像解禁!

関連記事

  1. ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」

    SF

    ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」レビュー

    (2005年 監:スティーヴン・スピルバーグ 出:トム・クルー…

  2. サスペンス

    映画『アイヒマンを追え! 』主演ブルクハルト・クラウスナーのメイキングインタビュー公開

    役を獲得するために手を尽くした。とても心惹かれたんだ。公開から…

  3. オフィシャルレポート

    「みんなの笑顔で『トリガール!』飛びます!」初日舞台挨拶の模様をレポート!

    いよいよ公開!映画『トリガール!』初日舞台挨拶で夏の思い出を語り合う…

  4. アクション

    2018年1/20(土)公開 映画『闇金ぐれんたい』仮面ライダーが不良に!? 松本享恭が映画…

    この度、『ろんぐ・ぐっどばい~探偵・古井栗之助~』(17)、『つぐない…

  5. アクション

    映画『牙狼神ノ牙-KAMINOKIBA-』予告編、ポスター、場面写真解禁

    特撮シリーズ『牙狼〈GARO〉』は、2005年にテレビドラマとしてスタ…

  6. サスペンス

    映画『ユリゴコロ』本ビジュアルと予告編映像がついに解禁!

    主演に吉高由里子を迎え、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. SF

    『ヘルボーイ』(リブート版)レビュー!
  2. 告知

    映画『ラプチャー 破裂』拉致された人々が受ける戦慄の人体実験
  3. 親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」

    SF

    親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」レビュー…
  4. 本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」

    ホラー

    本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」レビュー
  5. SF

    映画『ブラックパンサー』レビュー
PAGE TOP