ドラマ

映画「ネオン・デーモン」スーパートップモデル、アビー・リーが本領発揮!

リアルスーパートップモデルが本領発揮アビー・リーの醸し出す緊張感

煌びやかで華やかなファッション業界でサスペンスフルな人間関係を描いた本作。突如現れた新人モデル、主人公ジェシーの存在に嫉妬するベテランモデルのサラを演じたアビー・リー(29)。実は彼女は正真正銘トップモデル出身!シャネル、グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、クロエ、ラルフ・ローレン、フェンディ、カルバン・クラインにサンローランなど、数多くのブランドの顔を背負ってランウェイを席巻した超一流モデルである。アビーの劇中での姿は、トップモデルとして張ってきた経験を地でいくようなオーラ全開!

映画「ネオン・デーモン」スーパートップモデル、アビー・リーが本領発揮!

 そんな彼女の女優デビューは、昨年世界中で爆発的大ヒットを飛ばした『マッドマックス 怒りのデスロード』の悪の支配者イモータン・ジョーの妻のひとり、ザ・ダグ役。元々出演予定だったテリーサ・パーマーが降板したため、その代役として出演したのがきっかけで映画デビュー。劇中では、転落していくトップモデル役を演じるが、実際では、その後も『キング・オブ・エジプト』(16年)、スティーヴン・キング原作の『The Dark Tower(原題)』(17年予定)など順調に華麗にハリウッド女優としての道を進む、今後ますます目が離せない女優である。

映画「ネオン・デーモン」スーパートップモデル、アビー・リーが本領発揮!

「ネオン・デーモン」ストーリー

HP:gaga.ne.jp/neondemon

誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎町からロスへとやって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスをつかむジェシーを、ライバルたちが異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美のためなら悪夢に魂も売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まっていく――。

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 『ドライヴ』、『オンリーゴッド』  
出演:エル・ファニング、カール・グルスマン、ジェナ・マローン、ベラ・ヒースコート、アビー・リー and キアヌ・リーヴス

2017年1月13日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか 全国順次ロードショー
© 2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

映画「ネオン・デーモン」ファッショナブルな世界、こだわり抜いた衣装を紹介。前のページ

映画「ネオン・デーモン」3年ぶりの来日N.W.レフン監督の東京さんぽ次のページ

ピックアップ記事

  1. 『オンリー・ザ・ブレイブ』 消防界のネイビーシールズ《ホットショット》とは?
  2. 2018年早春よりドラマシリーズ『しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』…
  3. 映画「ラ・ラ・ランド」第89回アカデミー賞(R) 作品賞含む過去最多タイ14ノミ…
  4. 映画「ネオン・デーモン」スーパートップモデル、アビー・リーが本領発揮!
  5. 映画『隠された時間』カン・ドンウォンと高いシンクロ率で再び少年時代を演じる子役と…

関連記事

  1. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」観たもの全てが恋に落ちる極上のミュージカル・エンターテイメント

    エマ・ストーン演じるミアから学びたい!真っすぐで飾らない夢追い女子の魅…

  2. 洋画

    女優アン・ハサウェイ主演の最新作映画『COLOSSAL』の邦題が『シンクロナイズドモンスター』に決定…

    『プラダを着た悪魔』アンディを演じた女優アン・ハサウェイの最新作映画、…

  3. 本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」

    ホラー

    本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」レビュー

    (2007年 監:フランク・ダラボン 出:トーマス・ジェーン、…

  4. サスペンス

    映画『判決、ふたつの希望』本予告&ポスター解禁!!

    世界が涙した!圧倒的な驚きと感動のラストアカデミー賞外国語映画賞ノ…

  5. 舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」

    ドラマ

    舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」レビュー

    (2011年 監:ロマン・ポランスキー 出:ジョディ・フォスタ…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. 孤高のド忘れ戦士ジェイソン・ボーンの復活を見る映画「ジェイソン・ボーン」

    アクション

    孤高のド忘れ戦士ジェイソン・ボーンの復活を見る映画「ジェイソン・ボーン」レビュー…
  2. 抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」

    コメディ

    抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」レビュー
  3. SF

    『ゴーストバスターズ/アフターライフ』レビュー!
  4. ベネチア国際映画祭デビューを果たした俊英監督が、『愚行録』に至るまでを熱烈トーク!!

    オフィシャルレポート

    ベネチア国際映画祭デビューを果たした俊英監督が、『愚行録』に至るまでを熱烈トーク…
  5. アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

    オフィシャルレポート

    2017年1月7日公開「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」ドイツ映画…
PAGE TOP