映画レビュー

映画「ノー・エスケープ 自由への国境」凡庸なる狂気

武器を持たず、隠れ場所もない彼らに、生き残る手段はあるのか……?

 マン・ハント(人間狩り)は、観客を絶えずハラハラ、ドキドキさせる映画には打って付けの題材だ。そして大もとの構成がシンプルなぶん、舞台設定と人物造形(特にハンター側)に思い切ったヒネリを加える余地もある。『猟奇島』(32年)、『裸のジャングル』(66年)、『ヒッチャー』(86年)、『バトルランナー』(87年)、『アポカリプト』(06年)、『追撃者』(14年)……ここに『クライモリ』(03年)のようなホラーや、狩猟者が宇宙からやってくる『プレデター』(87年)等のSF映画まで加えていけば、作品リストはおそろしく長大なものになるだろう。程度の差こそあれ、これらの映画に共通して流れているのは、危険やタブーを踏み越えてしまった者たちの高揚、「禁じられた遊び」に感じる背徳的な悦びである。

映画「ノー・エスケープ 自由への国境」凡庸なる狂気

 本作で不法移民たちに銃を向ける襲撃者の正体は、物語序盤で割とアッサリ明かされる。古びたトラックに乗って国境周辺を徘徊し、カントリーなんぞ聴きながら飼い犬(このワンコの演技がまた素晴らしい)に話しかける孤独なガテン系オヤジ。逃げ惑う移民たちを遠距離射撃で皆殺しにした後で、「ウッハー、たまらんぜ!!」と興奮覚めやらぬ様子で火酒を呷る。そこには、『ヒッチャー』に登場する殺人鬼、ジョン・ライダーが抱えていた底知れぬ狂気も、『激突!』(71年)の顔無しドライバーや『ロードキラー』(01年)のラスティ・ネイルが纏う超然としたムードも無い。不法移民を記号的な「目の敵」にしてはいるが、ゼノフォビック(外国人嫌悪)な切迫感もなんだか希薄だ。丸腰の標的から想定外の逆襲を食らって激しく狼狽するあたり、「殺すか殺されるか」というギリギリのスリルを求めているとも思えない。彼の心理を真っ正直に表すならば「大義名分を掲げて人殺しができるのってサイコー!ただし反撃は勘弁な」といったところだろう。いささか乱暴な要約ではあるし、言葉にしてみると本当に身も蓋もないのだが、その凡庸さが却って不気味である。「人を殺してみたかった」、「誰でもよかった」、「ついカッとなって」等々、動機と呼ぶのも憚られるような愚かしい欲求と、それに端を発した凶悪犯罪が横行する昨今。ドナルド・トランプ政権下の移民問題と絡めて語られることの多い本作も、ちょっと視点を変えてみることで、より根深くて普遍的な「悪の姿」を見出すことができるはずだ。

 監督のホナス・キュアロンは、『トゥモロー・ワールド』(06年)や『ゼロ・グラビティ』(13年)などで知られる技巧派アルフォンソ・キュアロンの息子。サスペンス演出に関しては、親父さんと比べるとまだまだ未成熟な部分もあるものの、88分というタイトな上映時間でストーリーを纏め上げた手腕は評価に値する。プレスリリースによると、目下準備中の新作は今回主演を務めたガエル・ガルシア・ベルナルと再タッグを組む冒険活劇『怪傑ゾロ』なのだとか。黒マスク&黒マント姿で剣を振るうガルシア・ベルナル……何それ、超エロいんですけど!アホな妄想はさておき、生存競争の激しい映画界で新鋭監督J・キュアロンはどう化けるのか、今後が楽しみである。

<STORY>
メキシコとアメリカの国境。モイセスは家族に会うため、十数名の移民たちと共にアメリカへの不法入国を試みる。道の半ばで乗っていたトラックが故障し、やむなく徒歩で国境越えを目指す一行。しかし突然、移動中の彼らに向けて何者かが銃撃を開始。パニックに陥った移民たちは、姿なき狙撃者の手で一人、また一人と撃ち殺されていく。モイセスを含めた数名だけが最初の襲撃を辛くも逃げ延びるが、そこは広大な灼熱砂漠。武器を持たず、隠れ場所もない彼らに、追撃をかわして生き残る手段はあるのか……?

監督:ホナス・キュアロン
製作:ホナス・キュアロン、アルフォンソ・キュアロン、カルロス・キュアロン、アレックス・ガルシア
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェフリー・ディーン・モーガン

映画『ノー・エスケープ 自由への国境』は5月5日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー

ピックアップ記事

  1. BLAME!×全国の有名ラーメン店8店舗がコラボレーション
  2. 映画「ネオン・デーモン」エル・ファニングの妖艶な場面写真が解禁!
  3. 『アメリカン・アサシン』ディラン・オブライエンのリアルな “キレキレ”アクション…
  4. 新進俳優アナイリン・バーナード主演映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード…
  5. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』疾走感あふれる新ビジュアル、本予告映像か…

関連記事

  1. 予想外の人物が物凄く神髄を突いたことを言い放つところが面白い映画「バックマン家の人々」
  2. 洋画

    『夜明けの祈り』アンヌ・フォンテーヌ監督から受賞のメッセージと著名人からの応援コメントが到着!

    この度、フランス映画祭2017で11本の新作上映作の中から、「エールフ…

  3. オフィシャルレポート

    《動画あり》「ラ・ラ・ランド」劇中歌Auditionを上白石萌音が生歌披露!

    エマ・ストーンならぬモネ・ストーン!?女優で歌手の上白石萌音が生歌…

  4. 告知

    映画『夜明けの祈り』実在した医師と修道女の絆を描く感動作

    本年度仏セザール賞で主要4部門ノミネートを果たした映画本作は『…

  5. 公開初週ではイマイチも、口コミによって好転していった映画「ヒックとドラゴン」

    キッズ

    公開初週ではイマイチも、口コミによって好転していった映画「ヒックとドラゴン」レビュー

    (2010年 監:クリス・サンダース&ディーン・デュボア 声:…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. ファミリー

    映画「家族はつらいよ2」5月4日は‟ファミリーの日”!
  2. SF

    映画『ウィンター・ドリーム ~氷の黙示録~』絶対零度の世界 強い者が生き残る!…
  3. 告知

    映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』ロダン没後100年記念作
  4. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」サウンドトラックCD発売。クールなサウンドにも注目!
  5. ドラマ

    映画『トリガール!』やっべぇぞ!!祝!映画初出演!!コロコロチキチキペッパーズナ…
PAGE TOP