ホラー

いよいよ、明日公開!「新感染 ファイナル・エクスプレス」公開を祝して、主演コン・ユ&マ・ドンソクより公開おめでとう★メッセージ映像が到着!

いよいよ、明日公開に迫った映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」日本公開を祝して、主演コン・ユ&マ・ドンソクより公開おめでとう★メッセージ映像が到着!

映像では「本作が日本でも公開します!」といったコン・ユからのメッセージから、本作の見どころや多くの方々に楽しんでいただきたいという期待の気持ちが伝わるメッセージが。韓国では『新感染…』をきっかけにマ・ドンソクの人気が沸騰!

先日、マ・ドンソクの公式Instagramで「まもなく日本公開するので画像解禁します!」と、自ら本作の迫力満点の画像解禁を行なっており、日本での公開を楽しみにしている様子が…!

コン・ユは、アメリカで元「UFC」(総合格闘技イベント)の王者・マークコールマンのパーソナルトレーナーで活躍していたマ・ドンソクにトレーニングを受けた縁で、映画撮影前から親交を深めていたといい、そんな、ふたりの仲の良さも伝わるメッセージ映像です!!

日本公開記念を祝してコン・ユ&マ・ドンソクよりメッセージ

ノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクションというジャンルにもかかわらず、ドラマの充実ぶりで試写では号泣者も多数続出する話題の本作。親子、夫婦や若き恋人たちが絶体絶命の極限状況のもとで手を取り合い、愛する者を捨て身の覚悟で守り抜いていく姿に誰もが心打たれるであろう!早くも2017年一番面白い映画という呼び声が高い、興奮と感動の大傑作。乗り遅れなきよう、ご注意ください!


映画:『新感染 ファイナル・エクスプレス』
監督:ヨン・サンホ「The King of Pigs」(2012年カンヌ国際映画祭監督週間正式出品)
出演:コン・ユ(『トガニ 幼き瞳の告発』『サスペクト 哀しき容疑者』)、チョン・ユミ(『ソニはご機嫌ななめ』『三人のアンヌ』)、マ・ドンソク(『殺されたミンジュ』『群盗』)
2016年/韓国/118分/英題:Train to Busan/配給:ツイン
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

公式HP:shin-kansen.com

9.1 [Fri] 新宿ピカデリーほか 全国疾走!!

《オフィシャルレポート》映画『トリガール!』映画公開直前&主題歌シングルリリース記念 野外イベント実施!!前のページ

映画『ザ・ウォール』ハリウッドのブラックリストとは?特別コラボ実施中!次のページ

ピックアップ記事

  1. 映画『望郷』スタービジュアル&予告編映像解禁
  2. 『V.I.P. 修羅の獣たち』狂気あふれるキャラクター映像&未公開場面写真解禁!…
  3. 【予告編】『望郷』映画化決定!主演に貫地谷しほり・大東駿介
  4. 映画「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーンの歌声に酔いしれる特別映像解禁!
  5. 『オンリー・ザ・ブレイブ』 消防界のネイビーシールズ《ホットショット》とは?

関連記事

  1. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」片手に包丁!?衝撃のラストへ向かう緊張の場面写真を公開

    キャーッ戦慄…!包丁握り、身構えるエルたんっっっ!!!!…

  2. サスペンス

    衝撃と笑撃のつるべ打ちホラー映画「ドリームキャッチャー」レビュー

    (2003年 監:ローレンス・カスダン 出:モーガン・フリーマ…

  3. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」3年ぶりの来日N.W.レフン監督の東京さんぽ

    ジブリショップで買い物に、まんだらけで座り読みのんびりまったりな癒しオ…

  4. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」スーパートップモデル、アビー・リーが本領発揮!

    リアルスーパートップモデルが本領発揮アビー・リーの醸し出す緊張感…

  5. ホラー

    映画『母という名の女』毒親がとった行動に言葉を失う

    メキシコの気鋭ミシェル・フランコ監督が母と娘の確執を描く衝撃のミステリ…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. SF

    『ヘルボーイ』(リブート版)レビュー!
  2. 主人公に学習能力が無さすぎる映画「ペット・セメタリー」

    ホラー

    主人公に学習能力が無さすぎる映画「ペット・セメタリー」レビュー
  3. 映画レビュー

    『まともな男』スイス発の異色サスペンス映画 ちょっとだけ先行レビュー!
  4. アニメ

    映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』小林幸子さん10年ぶりアフレコ映像解禁…
  5. SF

    映画『ブラックパンサー』レビュー
PAGE TOP