ファンタジー

映画『メアリーの総て』予告映像解禁!

愛する人と出会い、幸せな人生を送るはずだったメアリーがなぜ、 恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのか、、、いま初めて明かされる…哀しみと涙から傑作を紡いだメアリー・シェリーの衝撃の人生
英国調ドレスを身に纏う美しきエル・ファニングの姿も!

200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのは、わずか18歳の少女メアリー・シェリーだった―。

ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら、今世紀の鬼才たちにも絶大な影響を与え、リドリー・スコット、スティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロンなどの巨匠たちも深いリスペクトを表明。「高慢と偏見」のジェーン・オースティン、「ジェーン・エア」のシャーロット・ブロンテと並び、イギリス文学史に名を残す女流作家メアリー・シェリーの知られざる人生を初めて映画化した物語『メアリーの総て』が今冬12月より全国順次ロードショーとなります。

監督は、『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けました。19世紀イギリスを舞台に描かれる、華麗な美術と衣装の数々にも目を奪われる、この冬必見の注目作です!

予告編映像

作家を夢みる少女として、愛する人と出会い希望に満ちた人生を信じるメアリーの姿から始まる本映像。後に孤独な怪物「フランケンシュタイン」を産み出すとは思えない、幸せな時間が流れたのも束の間、徐々にメアリーに不幸の影が忍び寄っていく。
我が子の死、愛する人の裏切り…どうあっても「絶望」から逃れられない、わずか18歳の少女は、次第に執筆活動に取り憑かれていき…。孤独の淵に落ちたメアリーが、もがき、葛藤する中で傑作を生み出していく鬼気迫る様子が映し出されている。
観る者の胸に突き刺さってやまない、メアリーの哀しくも美しい人生を、エル・ファニングがエモーショナルに表現している他、無神論者で自由主義、奔放に生きてメアリーを創作へと“追い込む”詩人のパーシー・シェリーには、『ノア 約束の舟』のダグラス・ブース、異母妹のクレア役には『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』のベル・パウリーなどの姿も確認できる。

場面写真

合わせて公開された場面写真では、英国調のドレスを身にまとう美しいエルの姿や、後に名作「吸血鬼」も生んだ、文学史を変えた伝説の一夜「ディオダティ荘の怪奇談義」に繋がる一幕も解禁された。



エル・ファニングが現代に蘇らせる、哀しみと涙から傑作を紡いだ、時代を超えるヒロイン、メアリー・シェリー。
絶望を糧に、わずか18歳で「フランケンシュタイン」を書き上げた彼女の人生が、いま初めて明かされるー。

<STORY>「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。
19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。

監督:ハイファ・アル=マンスール『少女は自転車にのって』
■出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、ベル・パウリ―『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』、トム・スターリッジ『オン・ザ・ロード』
原題:MARY SHELLEY/2017年/イギリス、ルクセンブルク、アメリカ/121分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ gaga.ne.jp/maryshelley © Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

12月 シネスイッチ銀座、シネマカリテほか 全国順次公開

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』10/19[金] より、3週間限定”リミテッド4DX上映”、スタート!前のページ

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』シャオヨンが描いたゴッホの複製画がやって来た!次のページ

ピックアップ記事

  1. 映画『アラジン』4DXが贈る、思い出のマジックカーペットライド!
  2. 【ラ・ラ・ランド】全国27館で決定! 世界で最も臨場感のある映画体験をIMAX(…
  3. 映画『アイヒマンを追え! 』田原総一朗・久米宏をはじめ、各界の著名人の方々よりコ…
  4. 『スタ・ウォーズ/最後のジェダイ』4DX上映決定!日本オリジナル!BB-8とR2…
  5. 『アメリカン・アサシン』ARでCIA訓練を疑似体験!?一流のスパイになるためにミ…

関連記事

  1. ジョン・ウー監督のハリウッド進出第三作目となったアクション大作映画「フェイス/オフ」
  2. SF

    映画『LOGAN/ローガン』旅の終わり

    ローガン最後の戦い西暦2029年。かつて世界のあちこちにいた特…

  3. アクション

    映画『アトミック・ブロンド』体を張ったリアルすぎる壮絶アクションシーンの撮影秘話が公開!

    歯が欠けたシャーリーズ・セロン。手を骨折したジェームズ・マカヴォイ。…

  4. 抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」

    コメディ

    抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」レビュー

    (1993年 監:クリス・コロンバス 出:ロビン・ウィリアムズ…

  5. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」片手に包丁!?衝撃のラストへ向かう緊張の場面写真を公開

    キャーッ戦慄…!包丁握り、身構えるエルたんっっっ!!!!…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. アクション

    映画『ザ・ウォール』灼熱地獄、極限のガマンくらべ
  2. アニメ

    映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人…
  3. 親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」

    SF

    親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」レビュー…
  4. サスペンス

    映画「まともな男」スイスで絶賛を浴びた、衝撃の問題作!謎が膨らむビジュ…
  5. SF

    『どろろ』レビュー!
PAGE TOP