オフィシャルレポート

映画「パーソナル・ショッパー」公開記念トークショーが開催!

日本の“パーソナル・ショッパー”高田空人衣も太鼓判!
「キラキラなだけでなく、心の闇も照らし出す作品」

いよいよ5月12日(金)より、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国ロードショーとなる映画「パーソナル・ショッパー」。

本作の公開を記念して先日、4月26日に神楽座にてパーソナル・ショッパー、スタイリスト、ファッションコーディネーター、ファッションプロデューサーなど数々の肩書を持つ高田空人衣(たかだ くにえ)さんを迎えた公開記念トークショーを開催いたしました!

映画は、パリでセレブに代わってファッションやアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”として働くモウリーン(クリステン・スチュワート)が、セレブのプライベートを覗くうちに“今の自分よりも恵まれた別人になってみたい”という欲望に飲みこまれ、やがて事件を巻き起こす様を描く心理サスペンス。現在、シャネルの広告にも登場しているクリステンが、特別協力を行っているシャネルのラグジュアリーなドレスを身に着けているほか、カルティエやクリスチャン・ルブタンなど女性垂涎のハイファッションが続々と登場し、彩りを添えている。

ベントに登場したのは高田空人衣(くにえ)さん――、スタイリストとして培った知識を活かしクライアントのコーディネイトを行っているほか、多くの媒体で着こなし、スタイリング提案、ファッショントレンドの解説をトーク、ライティング両方で行っている。日本ではまだまだメジャーでない“パーソナル・ショッパー”という職業だが、海外では「ファッションはプロにお任せ」という意識が強いため、高田さんの元にも日本在住の外国人からの依頼が多いのだそう。高田さんは「映画に出てきた“パーソナル・ショッパー”はコーディネイトを考え、買い物を代行する職業。“パーソナル・スタイリスト”は顧客の買い物に同行してコーディネイトすることが多い」と解説。また、サービスの利用者について、「同窓会に参加するので、誰よりも一番キレイに見えるようにしてほしい!」といった要望も多くあるようで、必ずしもセレブリティだけでなく、年代も20~60代まで男性女性問わず、幅広く需要があることが明かされると、会場に集まった女性たちも興味深そうに聞き入った。

ヒロインであるモウリーンの、パーソナル・ショッパーとしての適性については、「クライアントの“本当の好み”を知り尽くす彼女にはとても向いている職業だと思う。相手の感情や精神状態、変化していく好みを敏感に察知し、もしこれが気に入らなかったら、こっちも用意しておこうという先読みの行動ができている。嗜好を枠にはめないところに適性を感じました」と太鼓判。映画の中では、モウリーンが“顧客の服を試着してはいけない”という約束を破ってしまうシーンがあることに触れ、「顧客との信頼関係の上に成り立つ仕事だから、決め事がとても重要」としたうえで、実際には、より良い商品を選ぶために、依頼人と体型に似ていれば自ら試着したり、店員さんに着てもらって見極めることもあると話した。

映画「パーソナル・ショッパー」公開記念トークショーが開催

仕事をする中で“大変だった”ことを問われ、「買い物同行の予約を何度もドタキャンされる」「プレミア商品の待ち列に並ぶよう指示される」「商品を購入したのに受け取りを拒否される」など、個人に寄り添って商品を選ぶ職業ならではの苦労も。映画でも、レンタル条件の洋服なのに気に入ってしまった商品を返してくれないというエピソードが出てくるため、高田さんも思わず「身につまされました。困ったセレブはいます」と苦笑い。

最後に、「ファッションの観点からも素敵な衣装が多く、目が離せません。ルブタンの靴や豪華なジュエリーなど、普段店頭では見られない商品が惜しみなく登場します。私も思わず“あれはどこのブランドのものなんだろう”と思いながら釘付けになりました」と絶賛、さらに、「ファッションというキラキラした世界を描くだけでなく心の“暗部”も描き出されていく所。買い物ってとてもデリケートでともすると物欲だったり、嫉妬だったりという感情も生み出してしまうもの。“自分より恵まれた誰かになりたい”というヒロインの願望がじわりと照らし出されていくところが、かつてなかったファッション作品だと思う」と見どころを語り、作品をPRした。

映画「パーソナル・ショッパー」は、5/12(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

<STORY>忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、さらにある殺人事件へと発展する―。果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

監督:オリヴィエ・アサイヤス(『夏時間の庭』『アクトレス ~女たちの舞台~』)
出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガ―、シグリッド・ブアジズ
原題:Personal Shopper/2016年/フランス映画/英語・フランス語/1時間45分/シネマスコープ/カラー/5.1ch
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

劇場アニメ『BLAME!』2週間限定で全国公開!前のページ

《動画あり》映画「ユリゴコロ」ティザービジュアル&特報映像解禁次のページ

ピックアップ記事

  1. 2月9日(金)公開 映画『マンハント』ダイナミックなアクションシーンの裏側を公開…
  2. 【9/1まで期間限定公開】「ラ・ラ・ランド」特典映像チラ見せ
  3. 映画「ナーヴ」音楽や独自のカメラワークが楽しめる新感覚のエンターテイメント・ムー…
  4. 映画「ネオン・デーモン」スーパートップモデル、アビー・リーが本領発揮!
  5. 映画『BLAME!』アクロニウム(ACRONYM)とコラボTシャツ発売!

関連記事

  1. アクション

    ハル・ベリー主演の映画『チェイサー』“アメリカの闇=誘拐事件”をテーマに描いたノンストップ・アクショ…

    オスカー女優ハル・ベリー製作総指揮・主演ノンストップ・アスションスリラ…

  2. 告知

    映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』ロダン没後100年記念作

    《考える人》《地獄の門》で名高い“近代彫刻の父”オーギュスト・ロダン。…

  3. 恋愛

    【9/1まで期間限定公開】「ラ・ラ・ランド」特典映像チラ見せ

    この度、本作の楽曲制作を担当したジャスティン・ハーウィッツがBlu-r…

  4. SF

    映画『デッドプール2』レビュー!

    https://youtu.be/xGqeiBVaYCA…

  5. ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」

    アニメ

    ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」レビュー

    (2006年 監:ポン・ジュノ 出:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボ…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. 本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」

    ホラー

    本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」レビュー
  2. 映画レビュー

    映画「ノー・エスケープ 自由への国境」凡庸なる狂気
  3. アニメ

    『イリュージョニスト』レビュー
  4. アクション

    『アメリカン・アサシン』ディラン・オブライエンのリアルな “キレキレ”アクション…
  5. アクション

    映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」ハードボイルド・アクショ…
PAGE TOP