SF

劇場アニメ『BLAME!』2週間限定で全国公開!

カンヌ国際映画祭から誕生した、世界最高峰のアニメ―ション映画祭アヌシー国際アニメーション映画祭に出品決定!

講談社『アフタヌーン』にて1997年から2003年に連載され、『シドニアの騎士』で第39回講談社漫画賞を受賞した弐瓶勉氏のデビュー作『BLAME!』。人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いたSF漫画の金字塔。今なお世界中のクリエイターを魅了し続ける鬼才・弐瓶勉の原点――。難解と言われながらも、幾度となく映像化への期待が高まっていた本作が、連載開始から20年の時を経て、遂に全世界に向け劇場アニメ化される。 

監督には「シドニアの騎士」で緻密でハードな新感覚のSFバトルを表現し、「亜人」を スピーディーでスリリングなサスペンスバトルへと進化させた瀬下寛之。アニメーション制作は「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」や「トランスフォーマー プライム」など海外でも圧倒的な存在感で数々の賞を受賞し、「シドニアの騎士」で世界を震撼させたポリゴン・ピクチュアズ。音響は、従来の劇場サラウンドスピーカーに加え、高さの要素を含めることで、3次元的な立体音響表現を実現した最新サウンドシステム「ドルビーアトモス」を、日本のアニメで初めて採用

さらに本作では、原作者・弐瓶勉がシナリオやキャラクターデザインをはじめとした、クリエイティブディレクションの中核を担い、自らがプロジェクトへフルコミットをしている。 
映像革命と称された「シドニアの騎士」のスタッフが再結集し、 原作者・弐瓶勉による全面協力・総監修の元で再構成した完全新作ストーリーとして創り上げる『BLAME!』が、再び世界を驚愕させるー。

劇場アニメ『BLAME!』2週間限定で全国公開!

アヌシー国際アニメーション映画祭2017に『BLAME!』が特別上映作品として正式出品決定!

6/12(月)から6/17(土)に、フランス・アヌシーで開催される世界最高峰のアニメーション映画祭である、アヌシー国際アニメーション映画祭に正式出品することが決定いたしました! アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960年当時のカンヌ国際映画祭のメンバーがアニメーション部門に特化する形で設立された映画祭で、現在では世界最大規模のアニメーション映画祭です。
『BLAME!』は、6/16(金)20:30よりBonlieu Grande Salle (会場のビッグホール(945人収容)にて上映予定です。

アヌシー国際アニメーション映画祭アートディレクターのMarcel Jean氏より、コメント到着!

「BLAME!」を特別上映に選出したアヌシー国際アニメーション映画祭アートディレクターのMarcel Jean氏より、コメントが到着!

「アヌシー国際アニメーション映画祭2017にて『BLAME!』を大規模上映できることを大変光栄に思っています。近年観た中では間違いなく、最高の長編SFアニメーション作品です。物語の持つ強さに、私は冒頭から引き込まれてしまいました。これは長く愛される作品になるでしょう!」

【アヌシー・アニメーション国際映画祭】とは

ザグレブ、オワタ、広島と並ぶ世界4大アニメーション映画祭の一つ。
カンヌ映画祭からアニメ部門が独立し1960年に設立、世界最大にして、最も歴史の古いアニメーション映画祭として知られている。毎年6月に、フランスのアルプスのふもとの街・アヌシーで開催される。昨年度は、長・短編をあわせ、85カ国の約500作品が上映され、9,150人の来場者があった。映画祭には、マーケット・MIFAが併設され、68カ国より2,800人以上の業界関係者が集う。

アヌシー・アニメーション国際映画祭
■開催地:フランス・アヌシー 
■開催期間:2017年 6月 12 日(月)~6月17 日(土)
■公式サイト http://www.annecy.org/home

映画「猫忍」沖縄国際映画祭オフィシャルレポート前のページ

映画「パーソナル・ショッパー」公開記念トークショーが開催!次のページ

ピックアップ記事

  1. いよいよ、明日公開!「新感染 ファイナル・エクスプレス」公開を祝して、主演コン・…
  2. 「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開
  3. 映画「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督& ライアン・ゴズリング来日決定!…
  4. 映画『母という名の女』毒親がとった行動に言葉を失う
  5. 新進俳優アナイリン・バーナード主演映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード…

関連記事

  1. SF

    映画『ダークタワー』原作蹂躙か、見事な再構築か?

    『ダークタワー』をレビューニューヨークで暮らす少年ジェ…

  2. 告知

    Amazonプライム・ビデオ『将国のアルタイル』(Amazonプライム・ビデオ)

    『アニメイズム』枠作品を放送直後に独占配信開始2017年7月放…

  3. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」エル・ファニングの妖艶な場面写真が解禁!

    ファッション業界を舞台にした映画「ネオン・デーモン」妖しくて美しい…

  4. 告知

    映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』キャサリン妃も登場の予告解禁!

    困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていく…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. 告知

    映画『ラプチャー 破裂』拉致された人々が受ける戦慄の人体実験
  2. ファミリー

    山田洋次監督作品「家族はつらいよ」が中国でリメイク決定!
  3. ドラマ

    映画『ダンガル きっと、つよくなる』レビュー!
  4. 洋画

    映画『歓びのトスカーナ』人生は悲しくて、でも愛おしい。
  5. オフィシャルレポート

    アイヒマンを追いつめたユダヤ人検事の実像を語る!映画「アイヒマンを追え!」イベン…
PAGE TOP