オフィシャルレポート

「スターシップ9」公開記念トークイベントオフィシャルレポート

入江悠監督が絶賛!!「現代のSF映画のエッセンスが凄い凝縮されてる」

8月5日公開予定の本格SF作品の系譜を継ぐ興奮の近未来アクションドラマ「スターシップ9」ですが、先日の7月3日にヒューマントラストシネマ渋谷にて、アテム・クライチェ監督、入江悠監督をゲストにトークイベント付先行上映会が開催されました。

アテム・クライチェ監督 コメント

ヨーロッパ人にとっては近未来の象徴である様な日本で、こうして映画を公開してもらえてありがたい。初めて来日することができて非常に嬉しい

入江監督 コメント

ハリウッド以外のSF映画を観られる機会は貴重。(本作は)ほんとうにシャープでコンパクトで凝縮されていた。僕が撮った『太陽』のスケールを大きくした感じ。とにかくアイデアが素晴らしかった。とても面白かった

アテム・クライチェ監督 コメント

この映画はSFという感じで始まるが、SFの部分がテーマではなくSF自体がこの映画の文脈というか背景という形で私は描きました。ジャンルに関してはアメリカでは“グランドサイファイ”という現実や地上の世界に根差したSFというジャンルになるかと思います。宇宙船の世界がテーマではなくてその後に続く物語がこの映画のメインテーマになるのです

入江監督は「みなさんもそうだと思いますが、観始めて20分くらいで、えっー!?って驚いた。あのアイディアは本当に素晴らしい。僕も『22年目の告白 私が殺人犯です』でドンデン返しというかネタバレしてはいけないことやっているんですけど、この映画もネタバレしないで観たほうがいい」とこれから観る人に向けたアドバイスを送った。さらに「いま日本で公開されているX-MENシリーズの『ローガン』あの映画にちょっと近いクローンだったり、かと思ったら宇宙船の中のハードSFだったりと凄い細かいことが90分の中に凝縮されていて。現代のSF映画のエッセンスが凄く凝縮されてる」と大絶賛。

ネットフリックスの大ヒットドラマ「ナルコス」を作ったダイナモプロダクションと共に撮影の8割近くをコロンビアで行ったことについてアテム・クライチェ監督は「近未来の世界のいい面だけを描くなら、近未来のいい側面を持っている東京で撮影したら済むはずだけど、残念ながら私が描く近未来とはいい側面だけではなく、近未来とはおそらく両極端な社会が存在するだろうと、非常に貧しい人と非常に裕福な人が同じ空間に存在するのが近未来なんじゃないかと私は考えている。それをビジョンで表すときに東京では貧しい人だけを撮ることはできない。そのコントラストを撮ることができるロケーションがコロンビアのメデジーンという金融街で高層ビル街もあればスラム街みたいな町もある、ビジュアル的に両極端な社会と言うのを表しやすいんじゃないかということもあり、コロンビアで多くを撮影することになった」とこだわったロケーションを説明した。

SF映画について入江監督は「一番難しいのは、SF映画はハリウッドが多いのでどうしても比較で見られてしまう。特に美術面ですよね。本作みたいなものを日本で作ろうとするのは不可能だと思うんです。世界と日本のSFっていうのは実写の世界で言うとそれだけ差ができてしまっている」といい、アテム・クライチェ監督も「スペインも同じ状況です」と語り、日本や小さな国での映画環境とハリウッドや中国映画との違いを嘆く場面も。しかし「なぜ原題がORBITER9なのか?」「劇中にでてくる狼のシーンはなぜ狼なのか?」と矢継ぎ早に質問を投げかけるなど、入江監督が熱烈な映画ファンの一面を覗かせる一幕に会場から笑いが起こった。

入江監督から「これからもSFを作るのか?」との問いにも「これからもこういった形でのSF、あるいはSFを使ったアプローチで映画を作っていきたい。SFは僕も大好きなジャンルですし、SFの要素を取り入れて現実味のあるストーリーを語りたい」と答え、「楽しみです」と目を輝かせていた。

最後にアテム・クライチェ監督は「観客が登場人物と同じ目線で世界を見られるように脚本を書いています。だから登場人物が本作の中で現実世界を始めて見た時と一緒に、観客も同じような体験、インパクトを感じることが出来たと思います。こういう近未来がテーマの作品が近未来的な東京で公開されるのは非常に奇妙な感じがするし、大変嬉しい。この作品には本当の悪者というものが出てきません。皆それぞれ使命を果たすために尽くしている。しかし、目的によってどんな手段も正当化していいのかということを描きたかった。是非多くの人に観てもらいたい」と語り、注目監督同士による貴重なSF映画対談の幕を閉じた。

<STORY>
エレナはまだ見ぬ未知の星を目指して、一人恒星間飛行を続けていた。一緒に飛び立った両親は既にいない。近未来、過度の公害に汚染された地球には未来はなく、人類は新しい星への移住を必要としていた。ある日、スペースシップの給気系統が故障し、エレナは近隣のスペースシップに救援信号を送る。その呼びかけに応えて姿を現したのが、エンジニアの青年アレックスだった。一目見て、互いに恋に陥る二人。しかし、エレナはこの飛行に隠された秘密を知らなかった。それは、人類の未来を賭けた高度な実験だった。二人はなぜ出会ったのか―?!

監督・脚本:アテム・クライチェ
プロデューサー:クリスチャン・クンティ、ミゲル・メネンデス・デ・スビリャガ
撮影:パウ・エステヴェ 編集:アントニオ・フルトス 美術:イニーゴ・ナヴァロ 音楽:フェデリコ・フシド
出演:クララ・ラゴ、アレックス・ゴンザレス、ベレン・エルダ、アンドレス・パラ
2017年/スペイン・コロンビア/スペイン語/95分/カラー/シネスコ/5.1ch/DCP/原題:ORBITA9/配給:熱帯美術館  
© 2016 Mono Films, S.L./ Cactus Flower, S.L. / Movistar +/ Órbita 9 Films, A.I.E.

8月5日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開

ピックアップ記事

  1. 映画「ラ・ラ・ランド」渡辺直美の妄想ダンスが炸裂するCM&メイキング解禁!
  2. 映画『さよならくちびる』 小松菜奈×門脇麦、“鳥肌級”の歌声披露! 話題沸騰の…
  3. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』2018年1月24日[水] Blu-ray&…
  4. 映画『ユリゴコロ』主題歌に Rihwa / 「ミチシルベ」が決定
  5. 映画『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』×シャンソン歌手“クミコ”が運命のコラボ!…

関連記事

  1. ベネチア国際映画祭デビューを果たした俊英監督が、『愚行録』に至るまでを熱烈トーク!!

    オフィシャルレポート

    ベネチア国際映画祭デビューを果たした俊英監督が、『愚行録』に至るまでを熱烈トーク!!

    長編初監督作でベネチア国際映画祭デビューを果たした俊英監督が、ポーラン…

  2. オフィシャルレポート

    映画「永い言い訳」監督、広島で凱旋舞台挨拶!

    西川美和監督、凱旋舞台挨拶。元・広島カープのレジェンド、 衣笠祥雄…

  3. オフィシャルレポート

    映画『パーフェクトワールド』スペシャルトークイベントレポート

    岩田剛典、杉咲花、有賀リエ(原作者) 、阿部一雄(原作“樹”のモチーフ…

  4. オフィシャルレポート

    「みんなの笑顔で『トリガール!』飛びます!」初日舞台挨拶の模様をレポート!

    いよいよ公開!映画『トリガール!』初日舞台挨拶で夏の思い出を語り合う…

  5. オフィシャルレポート

    映画「家族はつらいよ2」イベントオフィシャルレポート

    平田家大集合!止まらない家族トークに会場共感の嵐5月15日(月…

  6. 映画「家族はつらいよ2」橋爪功×小林稔侍×風吹ジュン登壇!公開直前イベントオフィシャルレポート

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 洋画

    映画『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』×シャンソン歌手“クミコ”が運命のコラボ!…
  2. アクション

    映画『名探偵コナン ゼロの執行人』10/19[金] より、3週間限定”リミテッド…
  3. ドキュメンタリー

    『オンリー・ザ・ブレイブ』 ジェフ・ブリッジスの渋い歌声再び!バンドシーン解禁!…
  4. 邦画

    映画『残像』森達也監督、石川慶監督ほか絶賛コメント到着!
  5. 告知

    Amazonコメディ・パイロット・シーズン『アイ・ラブ・ディック』(Amazon…
PAGE TOP