アニメ

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』レビュー

レゴムービー版バットマン!
カッコ良さとアホらしさの絶妙なバランス

[2017年 監:クリス・マッケイ 声:ウィル・アーネット、ザック・ガリフィアナキス]

ゴッサム・シティで悪と戦うヒーロー、バットマン。派手な活躍で世間の注目を浴びながら、家では万年ボッチの潤いゼロな日々を過ごしていた。一方、「バットマン最大のライバル」を自負する犯罪王子ジョーカーは、バットマンに冷たく突き放されたことで深く傷つき、復讐を決意。悪党たちの流刑地〈ファントム・ゾーン〉から超ワル軍団を召喚し、ゴッサムの乗っ取りに動き出す。新任の市警本部長バーバラに単独行動を禁じられたバットマンは、うっかり養子にしてしまった少年ロビンや執事のアルフレッドらとチームを結成、ジョーカーたちの野望を打ち砕こうとするのだが……。

意外な場所から立ち上った「DC 逆襲の狼煙」

くもりときどきミートボール』(09年)のフィル・ロード&クリストファー・ミラー監督が手掛けたアニメ映画『LEGOムービー』(14年)。全編をレゴブロック風CGアニメーションで描いたこの快作で、主人公を食うほどの強烈な個性を示していたダークヒーロー「バットマン」が、本作ではとうとう主役の座をゲット。イマイチ安定軌道に乗りきれないDCコミックス実写化企画にアニメの世界から活を入れるような、一級の痛快娯楽作となっている。

ノッケから製作会社のロゴをおちょくり倒し、自作の曲をバックにノリノリで悪党を蹴散らしていくバットマン。「自己紹介なんか『LEGOムービー』で済ませたぜ!」と言わんばかりのロケットスタートは、コウモリ戦士映画史上でもトップレベルの爽快感に満ちている。クリストファー・ノーラン監督の参入以降、深刻かつクソ真面目な「闇の騎士」像がすっかり定着した感があるが、これを丸っこくて可愛いレゴキャラが演じれば、マジ度が増すほどバカ度もアップ。バットマン本来のカッコ良さと、奇態なコスチュームを身につけて悪と戦う輩のアホらしさを両立させるというこの試み、絶妙のバランス感覚が無ければ、おいそれと手を出せるものではない。

DCコミックスやワーナー・ブラザーズ関連作品からのキャラクター大量投入、レゴの世界独自の物理法則があってこそ成立するスケール過剰なアクションなど、一見すると「美味しいネタを無造作に全部乗せしただけ」とも受け取られそうな内容だが、ヒーローが抱える心の闇や、誰かを愛する(家族を持つ)ことへの不安など、バットマンを描くうえでのキモの部分はしっかりとおさえてあるのが偉い。むしろ、ひと仕事終えたバットマンが電子レンジで夜食をチンしたり、ホームシアターで独り『ザ・エ-ジェント』(96年)を観ながら大笑いする、といった、実写版では到底お目にかかれない描写を通して見えてくる悲哀が鮮烈である。特に、長年の宿敵ジョーカーとバットマンの愛憎入りまじった関係の描き方はモーレツに馬鹿馬鹿しくも的を射たもので、双方の存在理由が今までにないほど明確に示された名エピソードだ(そういえば、『ザ・エージェント』でのトム・クルーズの殺し文句“You complete me.(君が僕を完全にする)”は、『ダークナイト』(08年)のジョーカーにもパロディ的に引用されていた)。

実写シリーズ化企画ではライバルのマーベル・スタジオに水をあけられ、テコ入れオールスター映画『ジャスティス・リーグ』(17年)でも期待していたほどの評価・興収は得られなかったDCだが、大丈夫、レゴの世界じゃ負けてないから!アニメで功を奏したアプローチが実写版にもまるまる応用できるとは思えないが、意外な活路はどこかにあると信じたい。本作の爆笑台詞「アイアンマンのばーか!」を、単なる負け犬の遠吠えにしてしまわないためにも、だ。

映画『旅猫リポート』有川浩の“一生に一本しか書けない物語”前のページ

映画『BPM ビート・パー・ミニット』ロッテントマトで驚異 99%!外国語映画賞総なめの話題作!次のページ

ピックアップ記事

  1. 映画「ラ・ラ・ランド」ポスタービジュアル解禁!
  2. Amazonオリジナルドラマ『東京アリス』のメイキング特別映像を解禁!
  3. 映画『エンジェル、見えない恋人』目に見えない存在として生まれた青年“エンジェル”…
  4. 山田洋次監督も出席 映画「麻煩家族」 〜現地クランクアップ記者会見〜
  5. 映画「ネオン・デーモン」スーパートップモデル、アビー・リーが本領発揮!

関連記事

  1. 映画レビュー

    映画「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」伝統は進化する

    彼らにとっての伝統とは、温室の中で後生大事に保管されるものではなく、時…

  2. マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」

    SF

    マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」レビュー

    (2011年 監:ケネス・ブラナー 出:クリス・ヘムズワース、…

  3. 洋画

    女優アン・ハサウェイ主演の最新作映画『COLOSSAL』の邦題が『シンクロナイズドモンスター』に決定…

    『プラダを着た悪魔』アンディを演じた女優アン・ハサウェイの最新作映画、…

  4. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」アルマーニをはじめとした特別限定コラボ企画が続々決定!

    NEWYEAR PARTYに煌びやかなジュエリーなど特別限定コラボ企画…

  5. アクション

    2月9日(金)公開 映画『マンハント』ダイナミックなアクションシーンの裏側を公開したメイキング映像解…

    日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、原作「君よ憤怒(ふんぬ)の河…

  6. 映画「BLAME!」初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

    SF

    映画「BLAME!」初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

    公開を記念し、5月20日(土)、新宿ピカデリーにて櫻井孝宏(霧亥役)、…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. ドラマ

    『ジョーンの秘密』英国史上、最も意外なスパイ――実話を基に描いた衝撃作、公開直前…
  2. SF

    『ブラック・ウィドウ』レビュー!
  3. アニメ

    AnimeJapan×牙狼!黄金騎士ガロが奉納された「牙狼神社」が登場!
  4. オフィシャルレポート

    《動画あり》「ラ・ラ・ランド」劇中歌Auditionを上白石萌音が生歌披露!
  5. 舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」

    ドラマ

    舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」レビュー
PAGE TOP