SF

映画『ダークタワー』原作蹂躙か、見事な再構築か?

『ダークタワー』をレビュー

[2017年 監:ニコライ・アーセル 出:イドリス・エルバ、マシュー・マコノヒー]

ニューヨークで暮らす少年ジェイクは、夜ごと夢に現れる不気味なヴィジョンに悩んでいた。
何処とも知れぬ場所に聳え立つ巨大な塔、黒衣の男、戦士ガンスリンガー……。やがて、それらがただの空想の産物ではないと確信したジェイクは、とある一軒のあばら家で発見したポータル(門)を通り抜け、夢で見た異世界〈ミッド・ワールド〉へと辿り着く。荒野を彷徨う少年が出会ったのは、黒衣の男ウォルターを追跡するミッド・ワールド最後のガンスリンガー、ローランド。外宇宙の脅威から世界を守る暗黒の塔〈ダークタワー〉の存在、そしてウォルターがその塔の破壊を目論んでいることを知ったジェイクは、ローランドと共に世界を救うための旅に出発するが……。

「モダン・ホラーの帝王」スティーヴン・キングの長編作品の中でも特に巻数が多く、執筆開始から完結までに長い年月を要した壮大なアクション・ファンタジー〈ダークタワー〉シリーズ。原作者自身、「書き上げるには300年必要だ」などと戯け半分にコメントし、キングが交通事故で瀕死の重傷を負った際には強制終了の危機にも見舞われたビッグ・タイトルが、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(09年)の脚本などで知られるニコライ・アーセル監督の手で映像化された。普通に考えれば、何パートかに分けての劇場公開やTVシリーズ化というリリース形態がベスト……のはずが、蓋を開けてみればマサカマサカの1本完結。そのうえ上映時間はたったの95分!塔を目指すどころか隣県への温泉旅行も危うい制限時間つきで、原作のエッセンスをどれだけ抽出することができるのか?

尺の短さから容易に想像できたことではあるが、原作に登場する多彩なキャラクターや入り組んだストーリーは、映画版ではゴッソリと削ぎ落とされている。旅の仲間〈カ・テット〉はローランドとジェイク少年の2人に絞られ、ウォルター絡みの因縁話も回想でサラリと触れる程度だ。ローランドの哀しき青春エピソードなどは完全に省略。もちろん、基地-GUYな暴走モノレール〈ブレイン〉との「なぞなぞバトル」みたいに悠長な見せ場が残っているはずもない。脚本家チームは原作にあった「転生」の要素を基に物語を再構築したそうであるが、それはあくまで裏設定。キング作品の「文学的象皮病」傾向もひっくるめて熱愛し、その「忠実な」映像化こそ正義と信じる熱狂的ファンに、此度の映像化企画が「看過し難い原作蹂躙行為」と捉えられたとしても、何ら不思議はない。

かれこれ20年前に初めて原作に触れた筆者も、僅かな期待と大きな不安を抱えてチケットカウンターに並んだクチである。序盤こそ、あまりにサクサクと進むお話に若干の不満を感じていたものの、ジェイクがミッド・ワールドに足を踏み入れたあたりから徐々に違和感も消えてゆき、ローランドが心眼で必殺の弾丸を放つ頃には「コレはコレでアリ!」と大いに納得。そんな風に思えた要因としては配役の妙、とりわけローランドに扮する黒人俳優イドリス・エルバの威厳タップリな存在感(特に顔面力)が無視できない。原作ファンの大多数が意表を突かれたであろうこのキャスティングは効果抜群で、ジェイク少年との結びつきや荒唐無稽なガン・アクションに強い説得力をもたらしている。ローランドとジェイクが共にガンスリンガーの信条を諳んじながら行う「特訓」シーンなど、短い場面でありながら〈ダークタワー〉シリーズの精神をハッキリと感じ取ることができる歓喜の瞬間である。

黒衣の男ウォルターを演じるマシュー・マコノヒーは、幻術で人心を手玉に取り、逆らう者には最大限の絶望を味わわせてから始末する貫禄のヴィランぶり。『キラー・スナイパー』(11年)の変態殺人刑事がマジシャンに転職したかのような胡散臭さでズイズイ迫る。ジェイク役に抜擢されたトム・テイラーもベテラン勢に負けず劣らずの熱演。日本での知名度はさほど高くないが、演技力は確かで伸びしろ十分の若手注目株だ。

オモチャ箱の中身をトコトン厳選し、原作からすれば極めてシンプルなアクション大作として再創造された実写版『ダークタワー』……とはいえ、これ1本で巨人キングのライフワークを締め括ってしまうのはあまりに惜しい。諸悪の根源である〈深紅の王(クリムゾン・キング)〉の存在をストリートの落書きで仄めかすだけなんて、冥王サウロン不在の『指輪物語』みたいなものだ。先に「1本完結」と書いたが、聞けば今回の映画化の裏では、長大な原作をTVシリーズとして描き直すメディアミックス・プロジェクトも動いているのだとか。もしそれが実現すれば、本作は史上最も豪勢なパイロット版ということになる。カネにならない企画はマッハでゴミ箱に叩き込むハリウッドのこと、まだまだ楽観はできないものの、ファンにとっては是非とも現実化してほしい「夢の企画」に違いない。

映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』衝撃の笑撃作前のページ

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』レビュー次のページ

ピックアップ記事

  1. 映画『母という名の女』毒親がとった行動に言葉を失う
  2. 映画「ネオン・デーモン」ファッショナブルな世界、こだわり抜いた衣装を紹介。
  3. 『新感染ファイナル・エクスプレス』第一感染者が登場!その凄まじい変容ぶりを大公開…
  4. 『アメリカン・アサシン』ARでCIA訓練を疑似体験!?一流のスパイになるためにミ…
  5. 映画「ネオン・デーモン」ミニシアターランキング堂々の一位!想像を超える衝撃作に早…

関連記事

  1. 舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」

    ドラマ

    舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」レビュー

    (2011年 監:ロマン・ポランスキー 出:ジョディ・フォスタ…

  2. ドラマ

    4月5日公開『Be With You~いま、会いにゆきます』日本のベストセラー小説を韓国で再映像化!…

    市川拓司のベストセラー小説を韓国で再映像化!本国大ヒットの話題作を…

  3. アクション

    映画『マンハント』北京プレミアイベント オフィシャルレポート

    日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、日本でのオールロケを敢行し、…

  4. ファン待望!「BLAME!」in デンマーク ヴィボー・アニメーションフェスティバル2017上映決定!

    SF

    ファン待望!「BLAME!」in デンマーク ヴィボー・アニメーションフェスティバル2017上映決定…

    アヌシー国際アニメーション映画祭での上映に続き、ヨーロッパ大陸の『…

  5. アクション

    映画『ザ・コンサルタント』描写の積み重ねが生む実在感

    大企業を隠れ蓑に暗躍する黒幕の正体とは……?クリスチャン・ウル…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」

    SF

    マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」レビ…
  2. 恋愛

    映画『エンジェル、見えない恋人』目に見えない存在として生まれた青年“エンジェル”…
  3. 洋画

    映画『歓びのトスカーナ』人生は悲しくて、でも愛おしい。
  4. アニメ

    歌謡界のラスボス“小林幸子”降臨!10年ぶり声優挑戦で優しいおばあさん役 吉田兄…
  5. SF

    『移動都市/モータル・エンジン』レビュー!
PAGE TOP