告知

映画『ユリゴコロ』一冊のノートに秘められた真実とは。

ユリゴコロ -それはいのちの拠りどころ。-
容赦ない愛と宿命の物語が、いま静かに動き始める。

映画『ユリゴコロ』一冊のノートに秘められた真実とは。01

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。
そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。
誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。
数々の疑念の先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。

映画『ユリゴコロ』一冊のノートに秘められた真実とは。02
映画『ユリゴコロ』一冊のノートに秘められた真実とは。03

この度、本作の物語が動き始めるきっかけとなる“日記”の日にちなみ、場面写真が解禁されました。
今回解禁となったのは、吉高由里子、松山ケンイチ、佐津川愛美、清原果耶らが出演している<過去パート>から、ノートに綴られた物語の断片的なシーン。
注目は、美紗子(吉高由里子)と洋介(松山ケンイチ)が寄り添う姿。生まれながらに“人間の死”へ本能的な衝動を感じ、そこから逃れる術を持たなかった美紗子と、誰にも言えない心の傷を抱えた洋介。悲しみを抱えた者同士が運命的な出会いを果たし、
その先に突きつけられる結末とはいったいー。
さらには、美紗子の友人役・みつ子を演じる佐津川愛美、美紗子の学生期を演じる清原果耶の劇中カットも解禁。

映画『ユリゴコロ』一冊のノートに秘められた真実とは。04

<STORY>とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そのノートに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。
これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。
数々の疑念の先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、壮絶な愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

映画『ユリゴコロ』
吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江
©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員会

9月23日(土)全国公開

ピックアップ記事

  1. 「Prime Music」にてビクターエンタテインメントとフォーライフミュージッ…
  2. 映画『BLAME!』アクロニウム(ACRONYM)とコラボTシャツ発売!
  3. 【Amazonプライム・ビデオ】男1:女25の恋愛番組「バチェラー・ジャパン」独…
  4. 『オンリー・ザ・ブレイブ』 『バックドラフト』を凌ぐ迫力と情熱!世界が泣いた感動…
  5. 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』土屋太鳳のハッピーなウェディングドレス姿が可愛…

関連記事

  1. 恋愛

    映画『パーフェクトワールド』ふたりの恋が芽生えていく、病室での場面写真解禁!

    “あの時、伝えられなかった想いがあふれてくる...”ふたりの恋が芽…

  2. アクション

    映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」ハードボイルド・アクション映画アウトローの続…

    最強の住所不定無職、再臨元陸軍憲兵隊捜査官の放浪者ジャック・リ…

  3. アクション

    映画「猫忍」沖縄国際映画祭オフィシャルレポート

    映画「猫忍」沖縄国際映画祭オフィシャルレポート「猫侍」製作チー…

  4. サスペンス

    『ジュリアン』2019年7月17日(水)ブルーレイ&DVD発売・同日DVDレンタル開始!

    本国フランスで40万人を動員し、ヴェネチア国際映画祭・監督賞ほか、数々…

  5. 告知

    Amazonプライム・ビデオ『将国のアルタイル』(Amazonプライム・ビデオ)

    『アニメイズム』枠作品を放送直後に独占配信開始2017年7月放…

  6. コメディ

    映画『トリガール!』轟二郎、出演が明らかに!

    「おーーーー!びっくりやなーーーー!」この度、40代以降は絶対…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. アクション

    最大級の内輪揉め「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」レビュー
  2. SF

    オカルトがオワコン?どうしてこうなった、映画『緊急検証!THE MOVIE ネッ…
  3. オフィシャルレポート

    アイヒマンを追いつめたユダヤ人検事の実像を語る!映画「アイヒマンを追え!」イベン…
  4. ジョン・ウー監督のハリウッド進出第三作目となったアクション大作映画「フェイス/オフ」

    アクション

    ジョン・ウー監督のハリウッド進出第三作目となったアクション大作映画「フェイス/オ…
  5. 映画レビュー

    『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』創世、衝突、そして約束の地へ
PAGE TOP