ファミリー

映画『ルージュの手紙』失われた時間を埋めていく二人。

フランスを代表する2大女優カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロの豪華初共演作

パリ郊外に住むクレールは、優秀なベテラン助産師として働きながら、女手ひとつで一人息子を育てあげてきた。
長年続けてきた助産師の仕事に誇りをもちつつも自分自身の生き方を振り返る時間もなく、気づかぬうちに、心身ともに疲れ果てていた。そんなある日、クレールのもとに1本の電話が入る。電話は、30年前に突如姿を消した、血のつながらない母、ベアトリスからだった。「あなたのお父さんに逢いたい。私が人生で一番愛した人だから」と語るベアトリス。クレールは困惑しながらも、父親は彼女が突如姿を消した事が耐えられず、自殺してしまった事を告げるのだった。子供のように泣きじゃくるベアトリス。ベアトリスはクレールとは真逆の生き方をしてきた女性だ。自由が好きで、お酒が好きで、ギャンブルも好き。クレールは、父親を置いて去った身勝手な彼女への怒りがよみがえりながらも、全てを失って戻ってきたベアトリスの事を放っておけなかった。失われた時間を埋めていく二人。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され、人生の扉を少しずつ開きはじめる。

映画『ルージュの手紙』失われた時間を埋めていく二人。

監督・脚本は『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』など女性を描くことに定評のあるマルタン・プロヴォ。クレールを演じるのは今フランスで一番動員力があり日本でも大ヒットした『大統領の料理人』のカトリーヌ・フロ。そしてベアトリスを演じるのは未だ第一線で活躍するフランスの至宝カトリーヌ・ドヌーヴ。フランスを代表する2大女優の初共演となる。また、『少年と自転車』のオリヴィエ・グルメが脇を固める。なお本作は6月22日より開催されるフランス映画祭2017のオープニング作品に決定している。

<STORY>パリ郊外、モント=ラ=ジョリーに住むクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、重要で急を要する知らせがあるので会いたいと言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめる。

2017年冬、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

映画『ドッグ・イート・ドッグ』凶暴なニコラスを捉えた本編映像が解禁!前のページ

映画『トリガール!』空飛ぶ青春エンターテインメント次のページ

ピックアップ記事

  1. 映画「ラ・ラ・ランド」ゴールデン・グローブ賞歴代最多7部門受賞!!
  2. 『グランド・ツアー』新シリーズがAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信ス…
  3. 映画「ラ・ラ・ランド」監督&主演 NHK「あさイチ」に生出演!
  4. 映画『BLAME!』アクロニウム(ACRONYM)とコラボTシャツ発売!
  5. 『長いお別れ』メイキングがたっぷり詰まった特別映像が解禁

関連記事

  1. ファミリー

    映画『望郷』スタービジュアル&予告編映像解禁

    貫地谷しほり・大東駿介が演じる親子の絆主題歌はmoumoon書き下…

  2. アクション

    9月1日(金)公開の映画「ザ・ウォール」予告編とビジュアルが解禁!

    『ボーン・アイデンティティ』『オール・ユー・ニード・イズ・キル…

  3. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」ゴールデン・グローブ賞歴代最多7部門受賞!!

    デイミアン・チャゼル監督は歴代最年少での監督賞受賞!!世界に興…

  4. SF

    『ブラック・ウィドウ』レビュー!

    https://youtu.be/cyT2DCktud8…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. ベネチア国際映画祭デビューを果たした俊英監督が、『愚行録』に至るまでを熱烈トーク!!

    オフィシャルレポート

    ベネチア国際映画祭デビューを果たした俊英監督が、『愚行録』に至るまでを熱烈トーク…
  2. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」片手に包丁!?衝撃のラストへ向かう緊張の場面写真を公開
  3. 告知

    映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』キャサリン妃も登場の予告解禁!
  4. オフィシャルレポート

    映画「永い言い訳」監督、広島で凱旋舞台挨拶!
  5. ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」

    SF

    ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」レビュー
PAGE TOP