ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」

SF

ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」レビュー

(2005年 監:スティーヴン・スピルバーグ 出:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング)

父性の復権

もうかれこれ三十年近く、ハリウッドのトップスターの座に君臨し続けるトム・クルーズ。筆者も彼のファンで、新作が公開される度にワクワクしながら劇場へ向かってしまうクチなのであるが、この作品ほどトムが心許なく見える映画もそうそう無いだろう。

別れた妻から子供を預けられたものの、マセた娘とのコミュニケーションはギクシャク、思春期息子は鉄壁の反抗期。挙げ句、最悪のタイミングで始まったエイリアンの地球侵略。

反撃どころか逃げるだけで精一杯、暴徒にはタコ殴りにされ、フェリーに乗れば転覆して死にかける。劇中、何度も大写しになる四面楚歌トムのオロオロ顔は、これまで彼が演じてきた頼れるヒーローの表情とはあまりに対照的だ(例外といえば、同じく状況に振り回されるばかりの夫を演じた『アイズ・ワイド・シャット』ぐらいか)。

本作はタイトル通りのド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな物語でもある。つまり、一度は父親という立場からドロップアウトした男が、極限状況の中で復権を目指すという家族再生譚だ。その意味でも「等身大のおとーさん」というイメージからは最も遠い部類のスター=トム・クルーズをあえてキャスティングしたあたりが心憎い。

序盤での主人公の空回りっぷりには思わず顔がほころぶが(筆者が本作を鑑賞した劇場では、緊迫したシーンでのトムの演技にしばしば引き攣った笑い声が起こっていた)、物語が進むにつれ、そのブキッチョ加減にシンクロし、感情移入し、応援してしまう。不安がる娘に子守唄をせがまれた主人公が、涙を堪えながらビーチ・ボーイズのナンバーを口ずさむ場面は何とも切ない。

己の非力さを思い知らされ、それでも持てる力を振り絞って大切な存在を守ろうとする一人の男。宇宙人襲来というファンタジーの体裁をとりつつ、その実、この上なく普遍的な親子ドラマなのだ。

あのT・バートンが大人の映画を撮った!映画「ビッグ・フィッシュ」レビュー前のページ

二つの家族の交流を描くヒューマン映画「そして父になる」レビュー次のページ二つの家族の交流を描くヒューマン映画「そして父になる」

ピックアップ記事

  1. 野性爆弾・千原ジュニアによるオリジナル企画 新しいバラエティシリーズ2作…
  2. 映画『トリガール!』実は”六・角・関・係”の恋愛映画だっ…
  3. ドラマ『しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』 14~18話のあらすじ紹…
  4. 映画「ネオン・デーモン」が日本公開決定!予告&ポスターを解禁
  5. 『アメリカン・アサシン』ARでCIA訓練を疑似体験!?一流のスパイになるためにミ…

関連記事

  1. SF

    映画『ザ・サークル』エマ・ワトソンの生活が1000万人のユーザーに公開される…?!

    『美女と野獣』エマ・ワトソン主演映画の情報が到着!この度、エマ…

  2. アクション

    映画「ナーヴ」音楽や独自のカメラワークが楽しめる新感覚のエンターテイメント・ムービー!

    『パラノーマル・アクティビティ』の監督に加え『ハンガー・ゲーム』の生み…

  3. アクション

    映画『アトミック・ブロンド』最高にカッコイイ80’sファッション!華麗な衣装の場面写真が解禁

    壮絶アクション×華麗なファッションで新ジャンル確立!?10月2…

  4. きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. 恋愛

    12/16(土)公開 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』back numberが…
  2. ドラマ

    『老ナルキソス』老境の絵本作家と“家族”を知らない青年の交流物語、先行レビュー!…
  3. 登場人物のような美しい涙を流せますように…そう願ってやまない映画「ハッシュパピー~バスタブ島の少女~」

    ドラマ

    登場人物のような美しい涙を流せますように…そう願ってやまない映画「ハッシュパピー…
  4. アクション

    映画『ザ・コンサルタント』描写の積み重ねが生む実在感
  5. ロアルド・ダールの同名原作をストップモーション・アニメにした映画「ファンタスティック Mr.FOX」

    アニメ

    ロアルド・ダールの同名原作をストップモーション・アニメにした映画「ファンタスティ…
PAGE TOP