アクション

映画『アトミック・ブロンド』体を張ったリアルすぎる壮絶アクションシーンの撮影秘話が公開!

歯が欠けたシャーリーズ・セロン。手を骨折したジェームズ・マカヴォイ。

10月20日(金)公開の映画『アトミック・ブロンド』。
主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、アカデミー女優で、近年では『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で高い評価を受けているシャーリーズ・セロン。
監督は、『ジョン・ウィック』共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチ。
共演には、『X―MEN』『ウォンテッド』の演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のガゼル役で一躍注目され、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では敵役に起用されたソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)など実力派俳優が脇を固めます。

この度メイキング秘話が解禁!
先日解禁された本予告でも、シャーリーズ・セロン演じるブロートンの壮絶なアクションシーンが公開されていますが、このシーンを含み、劇中、ブロートンが戦っているショットはどれも本人が演じています。

セロンは3カ月間、1日に5時間のトレーニングを受け、複雑な振り付けを覚える日々もあったが、元々バレエの素養があったということもあり、うまくこなしています。これほど強烈で、剥き出しで、生々しいセロンを観客は見たことがないでしょう。実際、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)を終えて2カ月も経たないうちにトレーニングを始め、監督とチャド・スタエルスキのトレーニング施設で、同時期に『ジョン・ウィック:チャプター2』(17)のために同じ施設でトレーニングを受けていたキアヌ・リーヴス相手にスパーリングも行いました。

監督はセロンの役に対する意気込みに感動して、予定していたファイトシーンを拡大し、彼女の中に見た潜在能力に合わせてトレーニングを考えましたが、そのトレーニングによってシャーリーズは歯が欠けるというハプニングにも見舞われました。また、このシーンは単にリアルで激しいだけでなく、アクション映画ではあまり見ないある工夫が施されており、アメリカのサイトCBR.comによれば、「今世紀最高のアクションシーン」と評されています。一体どんなシーンになっているのかは見てのお楽しみ。

映画『アトミック・ブロンド』体を張ったリアルすぎる壮絶アクションシーンの撮影秘話が公開!01

また、シャーリーズ・セロンだけではなく、本作でベルリンに潜入中のMI6のエージェントデヴィッド・パーシヴァルを演じたジェームズ・マカヴォイもまさに体を張って本作に挑んでいます。本作の撮影の直前の『スプリット』撮影時に手を骨折し、なんとそのまま本作の撮影に入ったマカヴォイ。現場に入った際のことを、「“みんな、申し訳ない。僕を解雇したければそれでも構わないよ。恨んだりしないから”と言ったんだが、ギブスを映画の中に織り込むことによって僕にやらせてくれたんだ。
現場入りする前に申し訳ないという気持ちで一杯になったからね。「この映画をどうやって作っていったら良いか分からない」と本当に思ったんだ。回復していったんだが、彼らは僕のことを解雇するべきだと思ったんだよ。」と振り返っています。

“死闘”と呼ぶにふさわしいバトル・シーンを入魂の演技で体現していることが、この二つのエピソードからもにじみ出ており、その生々しい痛みまでも伝える壮絶なアクションは観客を虜にすること間違いありません。

映画『アトミック・ブロンド』体を張ったリアルすぎる壮絶アクションシーンの撮影秘話が公開!02

<STORY>1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)
キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他 2017年/アメリカ映画/115分/配給:KADOKAWA
© 2017COLDESTCITY,LLC.ALLRIGHTSRESERVED.

公式HP:http://atomic-blonde.jp/
Twitter:@atomicblonde_jp
Facebook:@atomicblonde.jp
Instagram:atomicblonde_movie

10月20日(金)より、全国ロードショー!

ピックアップ記事

  1. 11/11(土)より公開 映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』俳優ヴァンサン…
  2. BLAME!×全国の有名ラーメン店8店舗がコラボレーション
  3. 映画『アイヒマンを追え! 』田原総一朗・久米宏をはじめ、各界の著名人の方々よりコ…
  4. 山田洋次監督作品「家族はつらいよ2」に劇団ひとりが出演決定!
  5. 映画「ラ・ラ・ランド」ポスタービジュアル解禁!

関連記事

  1. コメディ

    中井貴一×佐々木蔵之介『嘘八百』の追加キャスト発表&予告映像解禁!!

    主演同士のコミカルな掛け合いから、キャストの人間味溢れる演技まで魅力満…

  2. 告知

    映画『ラプチャー 破裂』拉致された人々が受ける戦慄の人体実験

    異様すぎる実験は一体、誰が何のためにおこなっているのか―?『ミ…

  3. SF

    映画『LOGAN/ローガン』旅の終わり

    ローガン最後の戦い西暦2029年。かつて世界のあちこちにいた特…

  4. アクション

    映画『アトミック・ブロンド』最高にカッコイイ80’sファッション!華麗な衣装の場面写真が解禁

    壮絶アクション×華麗なファッションで新ジャンル確立!?10月2…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」

    SF

    親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」レビュー…
  2. サスペンス

    衝撃と笑撃のつるべ打ちホラー映画「ドリームキャッチャー」レビュー
  3. 駄作なのか傑作なのか判断が分かれる映画「サイン」

    SF

    駄作なのか傑作なのか判断が分かれる映画「サイン」レビュー
  4. 洋画

    映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』舞台裏をおさめたメイキング映像解禁!
  5. アニメ

    映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』マシュー・マコノヒー初のアフレコ映像解…
PAGE TOP