サスペンス

映画『アイヒマンを追え! 』主演ブルクハルト・クラウスナーのメイキングインタビュー公開

役を獲得するために手を尽くした。とても心惹かれたんだ。

公開から3日間の興行成績、動員7,618人、興収9,597,100円を上げ、全国の上映劇場18時までの稼働率が65%を超え、更に5大都市では70%を超える高稼働率となり満席も続出した映画『アイヒマンを追え!』。
この度の大ヒットを記念し、本作の主演を務めたほか、『ブリッジ・オブ・スパイ』『ヒトラー暗殺、13分の誤算』などドイツのみならずハリウッドでも活躍している“ドイツ映画界の大スター“ブルクハルト・クラウスナーのメイキングインタビュー映像が公開となりました。

icon-video-camera ブルクハルト・クラウスナーのインタビュー

彼の功績は過小評価されてる。フリッツ・バウアーは司法省の片腕として、ファシズムの撲滅に力を尽くした。
他にも功績がある。ヒトラー暗殺未遂事件の実行犯たちから“反逆者”の汚名をそそいだ。初めて“英雄”と位置づけたんだ。そして何よりアドルフ・アイヒマンを見つけ出し、引き渡した。

映画『アイヒマンを追え! 』主演ブルクハルト・クラウスナーのメイキングインタビュー公開

フランクフルトでのアウシュヴィッツ訴訟もナチスの恐ろしい戦争犯罪を初めて公にした裁判だ。何百万人も殺されたことも、すべてこの時に世間の知るところとなった。1人で戦ったんだ。彼こそ英雄だよ。この映画の計画を知って、絶対にやりたいと思った。だから全力を注いだよ。役を獲得するために手を尽くした。とても心惹かれたんだ。中身と外面が全く異なるバウアーという人物にね。

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』あらすじ

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。
検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。

2017年1月7日(土) Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
© 2015 zero one film / TERZ Film

ピックアップ記事

  1. 「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開
  2. 2018年2月公開 イ・ビョンホン主演『エターナル』ポスタービジュアル&予告編解…
  3. 映画『旅猫リポート』有川浩の“一生に一本しか書けない物語”
  4. ドラマ『コードネームミラージュ』主演・桐山漣ついにクランクアップ!!
  5. 映画『アイネクライネナハトムジーク』豪華第2弾キャスト発表!

関連記事

  1. サスペンス

    勇気を持って真相究明へ向かう政治ドラマ「JFK」レビュー

    (1991年 監:オリヴァー・ストーン 出:ケヴィン・コスナー…

  2. 「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開

    洋画

    「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開

    緑豊かなイタリア・トスカーナ州を舞台に、精神診療施設から抜け出した女性…

  3. ドラマ

    極上ミュージカル・エンターテイメント!映画「ラ・ラ・ランド」日本版の本予告映像が解禁!

    映画「ラ・ラ・ランド」本予告映像解禁のお知らせ!世界に興奮と熱…

  4. 告知

    第30回東京国際映画祭にて黒澤明監督の「影武者」が4Kデジタルリマスター版として上映

    日本映画クラシックス部門のラインナップを公開!30回目を迎える…

  5. SF

    映画『ザ・サークル』トランプ大統領から『ユー・ガット・メール』まで… エマ・ワトソン✖トム・ハンクス…

    エマ・ワトソンの『美女と野獣』に続く主演最新作にして、トム・ハンクス他…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 恋愛

    映画『エンジェル、見えない恋人』予告編
  2. ホラー

    映画『母という名の女』毒親がとった行動に言葉を失う
  3. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」渡辺直美の妄想ダンスが炸裂するCM&メイキング解禁!
  4. サスペンス

    映画「まともな男」スイスで絶賛を浴びた、衝撃の問題作!謎が膨らむビジュ…
  5. 洋画

    映画『歓びのトスカーナ』人生は悲しくて、でも愛おしい。
PAGE TOP