告知

【イベント告知】第14回ラテンビート映画祭( LATIN BEAT FILM FESTIVAL2017)開催決定!

【イベント告知】第14回ラテンビート映画祭( LATIN BEAT FILM FESTIVAL2017)開催決定!_01

<会場・日程>

東京・新宿バルト9:10月5日(木)〜10月9日(月) / 10月13日(金)〜10月15日(日)
大阪・梅田ブルク7:10月21日(土)、10月22日(日)
横浜・横浜ブルク13:11月2日(木)〜11月5日(日)

<チケット発売情報>

お得な数量限定回数券がチケットぴあにて、8月11日(金)より販売開始いたします。
http://t.pia.jp/cinema/

<上映作品詳細(一部)>

■:『Jota de Saura』(原題)
■:『スキン』 原題:Pieles
■:『Most Beautiful Island』(原題)
■:『夏、1993』原題: Estiu 1993
■:『The Trip to Spain』(原題)
■:『Neruda』(原題)
■:『ベル・カント』原題:Bel Canto

第14回ラテンビート映画祭 上映作品詳細(一部)

『Jota de Saura』(原題)

監督:カルロス・サウラ
出演:サラ・バラス、ミゲル・アンヘル・ベルナ、カルロス・ヌニェス
2016年/スペイン/ドキュメンタリー/90分 配給:レスペ

スペイン映画の巨匠カルロス・サウラ(『フラメンコ・フラメンコ』)はスペインのフラメンコ、アルゼンチンのタンゴ、そしてポルトガルのファドというように、各国の伝統音楽・舞踊にスポットを当て、数々の名作を送り出してきた。そのサウラ監督が今回選んだのはスペイン北東部の民族舞踊「ホタ」。若きダンサーから老齢の男女の踊り、サラ・バラス、ミゲル・アンヘル・ベルナといったフラメンコの名ダンサーの妙技、そしてガイタ(ガリシアン・バグパイプ)奏者カルロス・ヌニェスの名演奏etc…。音とステップ、独特の映像美を絶妙に組み合わせた極上の音楽ドキュメンタリーである。

『スキン』 原題:Pieles

監督:エドゥアルド・カサノバ
出演:カンデラ・ペニャ、アナ・ポルボロサ、カルメン・マチ
2017年/スペイン/ドラマ/77分

サマンサ、ギジェ、アナ、クリスティアンの4人は、自分の肌や顔の一部が他の人とは違うという共通点がある。彼らはめったに外に出ず、陰の世界で生きることを余儀なくされている。フリークスたちの悲哀にスポットをあてた異色の人間ドラマ。『スガラムルディの魔女』(LBFF2014出品)のアレックス・デ・ラ・イグレシアとカロリーナ・バング夫妻がプロデュースを務めている。

『Most Beautiful Island』(原題)

監督・出演:アナ・アセンシオ
出演:ナターシャ・ロマノヴァ、デヴィッド・リトル
2017年/アメリカ/スリラー・80分

米国に不法滞在する若い女性ルシアナは、ニューヨークで新しい生活をスタートさせる。昼間は平穏に暮らしていたが、夜になると彼女の生活は一変。ルシアナは中華街の地下で密かに行われていた危険なゲームに身を投じる…。16ミリカメラで盗撮されたかのようなドキュメンタリータッチのカメラワークで、危険に晒された女性の不安感をあぶり出すエロティック心理スリラー。スペイン出身の女優アナ・アセンシオが監督・主演を務めている。

『夏、1993』 原題:Estiu 1993

監督:カルラ・シモン
出演:ライア・アルティガス、パウラ・ロブレス、ブルーナ・クシ
2017年/スペイン/ドラマ/97分

1993年の夏。母親との辛い別れの後、6歳の少女フリーダはバルセロナから遠く離れたカタルーニャ地方の叔父の家族に引き取られる。叔父の家族は暖かく彼女を受け入れるが、フリーダは母との思い出にすがる日々を送る。ゆっくりと悲しみを受け入れ、自分を取り戻していく少女の成長を、やさしい視点で描いている。2017年のベルリン国際映画祭では、ジェネレーション部門作品賞と初監督作品賞を受賞している。

『The Trip to Spain』(原題)

監督:マイケル・ウィンターボトム
出演:スティーヴ・クーガン、ロブ・ブライドン
2017年/英国/コメディ/115分

英国のコメディ俳優スティーヴ・クーガンとロブ・ブライドン。腐れ縁の二人は、グルメ記事の取材でスペインを訪れる。のどかな田園風景と極上の料理とワイン、若い美女たちとの語らい。そして、中年男二人が放つジョークだらけの不毛な会話…。中年俳優コンビのグルメ珍道中を虚実織り交ぜながらコミカルに描いたシリーズ『スティーヴとロブのグルメトリップ』『イタリアは呼んでいる』に続く第3弾。監督は『イン・ディス・ワールド』『天使が消えた街』で知られる英国の巨匠マイケル・ウィンターボトム。

『Neruda』(原題)

監督:ケヴィン・ニューベリー
出演:ダニエル・ドゥ・ニース、チャ・ジョンチョル、ジェナイ・ブリッジス
2015年/アメリカ/オペラ/約180分(予定)

南米のある国で開かれたパーティー会場が反政府ゲリラに占拠され、主賓である日本企業の社長やゲストとして招かれた著名なオペラ歌手らが人質となる。長い膠着状態の中、ゲリラと人質との緊張関係に少しずつ変化が生まれる。1996年に起こった在ペルー日本大使公邸占拠事件をヒントに書かれたアン・パチェットの小説が原作のオペラを映像化。キューバ系アメリカ人でピュリツァー賞受賞劇作家ニロ・クルスとペルー出身の作曲家ジミー・ロペスが手掛け、米国で高い評価を得た。歌曲は英語、スペイン語、日本語、そしてペルー先住民族の言語であるケチュア語など多言語で歌われている。

ピックアップ記事

  1. 映画『メアリーの総て』予告映像解禁!
  2. 映画『旅猫リポート』有川浩の“一生に一本しか書けない物語”
  3. 山田洋次監督も出席 映画「麻煩家族」 〜現地クランクアップ記者会見〜
  4. 《Amazon》『東京アリス』4話の場面写真、キャラクタービジュアル11種が解禁…
  5. 【ラ・ラ・ランド】全国27館で決定! 世界で最も臨場感のある映画体験をIMAX(…

関連記事

  1. ドキュメンタリー

    映画『世界で一番ゴッホを描いた男』シャオヨンが描いたゴッホの複製画がやって来た!

    20年間で10万点以上!間違いなく“世界で一番ゴッホを描いた男”チャオ…

  2. 告知

    【イベント告知】「第30回 東京国際映画祭」今年はアニバーサリーイヤー!

    この秋最大の映画祭は、イベント盛りだくさん!10月25日(水)…

  3. SF

    映画『ブラックパンサー』レビュー

    ティ・チャラ国王=ブラックパンサーのソロデビュー映画!…

  4. アクション

    最大級の内輪揉め「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」レビュー

    (2016年 監:アンソニー&ジョー・ルッソ 出:クリス・エヴ…

  5. アクション

    映画『チェイサー』我が子を救うため壮絶なカーチェイスが展開される予告動画が解禁!

    子供を救う母親の、魂にあふれた物語年間約80万人、1日当たり2…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」より新年のお祝い映像「City Of Stars」解禁!
  2. 告知

    山田洋次監督作品「家族はつらいよ2」に劇団ひとりが出演決定!
  3. ジョン・ウー監督のハリウッド進出第三作目となったアクション大作映画「フェイス/オフ」

    アクション

    ジョン・ウー監督のハリウッド進出第三作目となったアクション大作映画「フェイス/オ…
  4. SF

    映画『ターミネーター2 3D』「思い出補正」の懸念を粉砕した歴史的傑作
  5. SF

    『BLAME!×シドニア上映会』イベントレポート
PAGE TOP