サスペンス

映画『判決、ふたつの希望』本予告&ポスター解禁!!

世界が涙した!圧倒的な驚きと感動のラスト
アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作

本作は、クエンティン・タランティーノ監督のアシスタント・カメラマンという経歴を持つジアド・ドゥエイリ監督最新作。
ふたりの男性の間に起きた些細な口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに裁判沙汰となり、国家を揺るがす騒乱にまで発展する・・。監督自身の実体験をもとに作り上げた物語は、宗派や信条の違いを超えレバノン国内で爆発的な大ヒットを記録!さらに、第90回アカデミー賞ではレバノン史上初となる外国語映画賞ノミネートの快挙を成し遂げ、第74回ベネチア国際映画祭では、主演俳優のひとりが最優秀男優賞を受賞。中東の小国レバノンの映画でありながら米有名映画レビューサイトロッテン・トマトで満足度90%の高評価を獲得(※2018/6/5時点)するなど世界中の映画ファンからの圧倒的な支持を集める話題の最新作です。

日本版予告&ポスタービジュアルが完成

映画『判決、ふたつの希望』本予告&ポスター解禁!!

解禁されたビジュアルは、本作の主人公、自動車修理工場を営むトニーと住宅補修の現場で働くヤーセルが法廷で互いを見合う写真がメイン。そして、その中央には「ただ、謝罪だけが欲しかった。」という言葉が入り、国家を揺るがすほどの法廷劇を起こしてしまうことになる2人の心の叫びを感じさせるものとなっております。

日本版予告

合わせて解禁された日本版予告は事の発端となるトニーとヤーセルのささいな口論がみるみるうちに国を揺るがす裁判劇に発展していく前半。法廷で「金はいらん、謝罪がほしいだけだ」そう言って謝罪を求めるトニーと、断固として沈黙を貫くヤーセル。なぜ、このふたりは裁判を起こしてまで争う必要があったのか?“ささいな口論”に国家を揺るがすまでの「何か」があったのか? 後半は、加熱するマスコミ報道に家族も巻き込まれていく緊迫感溢れる様子とともに、「自らの民族と歴史を貶められたら反発するのは当然」「誰もが過去に傷を負って生きている」と両弁護士が放つ言葉が、騒乱に置き去りにされた彼ら個人の過去の傷、そして人生の葛藤を垣間見せ、見るものの想像をさらに掻き立てます。人間の尊厳をかけた壮絶な裁判の行方は、そして、様々な宗派や対立を超えレバノンの観客を魅了し、世界もその結末に涙した、トニーとヤーセルが見つけた“新たな一歩”とは?

予告の最後は、作品を一足先に御覧頂いた憲法学者の木村草太氏のコメントで締めくくられています。「未来のことを考えたら、いま、やるべきことはわかっている。でも、過去がそれを許さない。この人類普遍の問題に心を痛める人々に、この映画は希望をもたらすか。

《8月上旬、ジアド・ドゥエイリ監督来日決定!》

本作の公開にあわせ8月上旬にジアド・ドゥエイリ監督の来日が決定!内戦下のレバノンで育ち、20歳で渡米、タランティーノ監督の『レザボア・ドッグス』(91)や『パルプ・フィクション』(94)などにアシスタント・カメラマンとして参加。カンヌ国際映画祭監督週間上映作『西ベイルート』(98)で監督デビューを果たし、長編3作目となる前作『The Attack』(12・未)ではサン・セバスチャン国際映画祭審査員特別賞受賞ほか世界中で高い評価を受けるも、イスラエルで撮影を行ったため政府によりレバノン国内での上映が禁止されるなど、毎回センセーショナルな話題作を精力的に発表し、国際的に高く評価される注目の新鋭監督です。

圧倒的な驚きと感動に満ちた展開に世界が涙した、法廷ドラマの新たなる傑作『判決、ふたつの希望』は8/31(金)より全国順次公開です。

<STORY>レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このとき両者の間に起きたある侮辱的な言動をきっかけに対立は法廷へ持ち込まれる。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題となり、“ささいな口論”から始まった小さな事件はレバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった……。

監督・脚本:ジアド・ドゥエイリ 脚本:ジョエル・トゥーマ
出演:アデル・カラム、カメル・エル=バシャ
2017年/レバノン・フランス/アラビア語/113分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/英題:The Insult/日本語字幕:寺尾次郎/字幕監修:佐野光子
配給:ロングライド longride.jp/insult/
© 2017 TESSALIT PRODUCTIONS–ROUGE INTERNATIONAL–EZEKIEL FILMS–SCOPE PICTURES–DOURI FILMS

8/31(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

ピックアップ記事

  1. 【イベント告知】第14回ラテンビート映画祭( LATIN BEAT FILM F…
  2. 【ラ・ラ・ランド】二人で合計100回の衣装チェンジ!色彩豊かな衣装 場面写真一挙…
  3. 『スタ・ウォーズ/最後のジェダイ』4DX上映決定!日本オリジナル!BB-8とR2…
  4. 『アメリカン・アサシン』ディラン・オブライエンのリアルな “キレキレ”アクション…
  5. 映画「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督& ライアン・ゴズリング来日決定!…

関連記事

  1. アクション

    映画『猫忍』動物トレーナー北村まゆみさんインタビュー

    北村まゆみさん(ZOO動物プロダクション)インタビューこのたび…

  2. 洋画

    11/11(土)より公開 映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』俳優ヴァンサン・ランドンの驚くべき…

    フランスNo.1演技派俳優 ヴァンサン・ランドン心身共に彫刻家になりき…

  3. 失敗して自信を喪失した人にとっての栄養補助食的な映画「ガタカ」

    SF

    失敗して自信を喪失した人にとっての栄養補助食的な映画「ガタカ」レビュー

    (1997年 監:アンドリュー・ニコル 出:イーサン・ホーク、…

  4. 《動画あり》映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』生か死か―時速300km超のノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクション!!
  5. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」ゴールデン・グローブ賞歴代最多7部門受賞!!

    デイミアン・チャゼル監督は歴代最年少での監督賞受賞!!世界に興…

  6. 洋画

    映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』舞台裏をおさめたメイキング映像解禁!

    世界中が感動したベストセラー小説「ボブという名のストリート・キャット」…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 告知

    映画『隠された時間』カン・ドンウォン主演最新作、8月日本公開決定!
  2. アクション

    最大級の内輪揉め「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」レビュー
  3. 告知

    映画『夜明けの祈り』実在した医師と修道女の絆を描く感動作
  4. 山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」

    映画レビュー

    山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」レビュー
  5. ファミリー

    山田洋次監督も出席 映画「麻煩家族」 〜現地クランクアップ記者会見〜
PAGE TOP