アクション

『アメリカン・アサシン』ディラン・オブライエンのリアルな “キレキレ”アクションシーン特別映像解禁!!

007 ボンド役ダニエル・クレイブを鍛えたアクション・コーディネーター直伝!

ディラン・オブライエンのリアルな“キレキレ” 本格アクション炸裂!!
本編屈指アクション特別映像解禁!

主演のミッチ・ラップ役は『メイズ・ランナー』シリーズ主役に大抜擢され、ハリウッド注目の若手俳優ディラン・オブライエン。そしてミッチを鍛える鬼のような指導官には近年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『スパイダーマン:ホームカミング』など話題作に出演し、絶賛再ブレイク中の名優マイケル・キートン。無鉄砲な新人スパイ×鬼のような指導官がバディを組む、ノンストップ・スパイ・アクション映画。
無差別テロで恋人を殺された青年ミッチ・ラップ。テロリストへの復讐を果たすためだけに、己を鍛え上げテロリストに近づく。その潜在能力を高く評価したCIAは、対テロ極秘スパイチームにスカウトをする。そこでスタンという元ネイビー・シールズで暗殺のスペシャリストの指導のもと、猛特訓を積み、テロ最前線で闘うまでに成長する。彼らの任務はテロ組織を破滅させること。ミッチは「私怨」と「使命」の狭間で揺れ動きながらも、恐るべき核テロの脅威が迫り来るが―。

この度、本作でも屈指のアクションシーン特別映像が解禁!!

ロシアから盗まれたプルトニウムを持つテロリストが、トルコにいる武器商人と接触すると言う情報を得たCIAは、スタン・ハーリー(マイケル・キートン)とミッチ・ラップ(ディラン・オブライエン)をトルコの首都イスタンブールに送りこむ。初ミッションとなるミッチはテロリストを見つけ出すも、間一髪のところで逃す。解禁された映像冒頭は、テロリストがいるホテルの部屋の中へと侵⼊するミッチの姿からはじまり、銃を構えながら忍び⾜で部屋を詮索するが、テロリストに⾒つかり銃撃戦となる。マシンガンを撃ってくる相手に対し、何とかキッチンの裏に隠れるミッチ。しかし追い詰められ相手ともみ合いになる。マシンガンを乱射する中、部屋のガラスも割れ錯乱状態となる二人。肉弾戦になるとミッチは総合格闘技の技を駆使し、投げ技や、打撃を繰り出す。激しい攻防の中、ミッチは相手を鏡に押し付けるが、相手は割れた鏡の破片をナイフ代わりに使用し攻撃を繰り出す。対するミッチも鏡の破片を使い応戦する。ミッチの素早い攻撃が相手を捕らえていき、徐々に追い詰める…!本編中でも最も手に汗握るアクションシーン特別映像が解禁となります!

本作のアクションにおいてオブライエンは数か月にも及ぶ集中訓練に身を投じ、ハリウッド随一のアクション・コーディネーターであるロジャー・ユアンとの訓練に取り組んだ。ユアンは『007 スカイフォール』(12)でダニエル・クレイブを鍛えた人物でもあり、総合格闘技スタイルの組み技から、武術の飛び技や素手であらゆる種類の武器を扱うことの基礎を指導している。またマイケル・クエスタ監督もファンタジー要素をことごとく排除し、リアルで理屈抜きの躍動感を実現したいと考えており、本格アクションに挑むオブライエンのリアルなアクションが炸裂する映像となっております。

『アメリカン・アサシン』ディラン・オブライエンのリアルな “キレキレ”アクションシーン特別映像解禁!!

映像解禁と併せて、解禁された場面写真は、部屋に侵入したミッチが銃を構えて詮索している画像が解禁。初ミッションに挑むミッチの緊張感が伝わってくる写真となっております。

出演:ディラン・オブライエン(『メイズ・ランナー』シリーズ) マイケル・キートン(『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 テイラー・キッチュ 他
監督:マイケル・クエスタ (「HOMELAND」) 原作:ヴィンス・フリン「American Assassin」 
2017年/アメリカ映画/英語/カラー/シネマスコープ/112分/R15+
日本語字幕:松崎広幸 配給:キノフィルムズ/木下グループ 
© 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

公式サイト:american-assassin.jp

6月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

ピックアップ記事

  1. 映画「ネオン・デーモン」ミニシアターランキング堂々の一位!想像を超える衝撃作に早…
  2. 【インタビュー映像あり】『サバービコン 仮面を被った街』 ジュリアン・ムーアイン…
  3. 映画「家族はつらいよ2」新キャスト、藤山扇治郎が山田洋次監督作品に初出演!
  4. 『グランド・ツアー』新シリーズがAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信ス…
  5. 《動画あり》映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』生か死か―時速300km超の…

関連記事

  1. 親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」

    SF

    親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」レビュー

    (2011年 監:ショーン・レヴィ 出:ヒュー・ジャックマン、…

  2. ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」

    アニメ

    ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」レビュー

    (2006年 監:ポン・ジュノ 出:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボ…

  3. 告知

    映画『夜明けの祈り』実在した医師と修道女の絆を描く感動作

    本年度仏セザール賞で主要4部門ノミネートを果たした映画本作は『…

  4. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」ミニシアターランキング堂々の一位!想像を超える衝撃作に早くも話題沸騰

    美しすぎるファニング姉妹から目が離せない!!2017年映画一本目は『ネ…

  5. 本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」

    ホラー

    本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」レビュー

    (2007年 監:フランク・ダラボン 出:トーマス・ジェーン、…

  6. 孤高のド忘れ戦士ジェイソン・ボーンの復活を見る映画「ジェイソン・ボーン」

    アクション

    孤高のド忘れ戦士ジェイソン・ボーンの復活を見る映画「ジェイソン・ボーン」レビュー

    (2016年 監:ポール・グリーングラス 出:マット・デイモン…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. アクション

    映画『ザ・ウォール』灼熱地獄、極限のガマンくらべ
  2. 映画『アトミック・ブロンド』純白の大胆衣装でシャーリーズ・セロン降臨

    アクション

    映画『アトミック・ブロンド』純白の大胆衣装でシャーリーズ・セロン降臨
  3. 洋画

    映画『歓びのトスカーナ』人生は悲しくて、でも愛おしい。
  4. 全てがレゴブロックで構築された世界・ブロックシティの映画「LEGO ムービー」

    キッズ

    全てがレゴブロックで構築された世界・ブロックシティの映画「LEGO ムービー」レ…
  5. 映画レビュー

    映画「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」伝統は進化する
PAGE TOP