アニメ

映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人魂に感服

映画『KUBO』を楽しむにはエンドロールまで見逃せない

映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人魂に感服_00

絶賛公開中であり鑑賞者の口コミが大きな話題となっている本作。SNS上では、「生涯ベスト」や「多くの人にみてほしい」といった熱量の高いコメントが溢れ、昨年、口コミがきっかけとなって大ヒットを記録した映画『この世界の片隅に』を彷彿とさせる盛り上がりをみせています。

そんな中、この度、本作の最後の最後までライカの職人魂が感じられるエンドロールの一部映像が解禁となりました!今回解禁された映像は、精巧に作り込まれた人形たちではなく、まるで浮世絵や版画を連想させる本格的な日本絵巻。独特の絵柄で描かれたキャラクターたちが、本作の物語をなぞって美しく描かれている映像となっており、1週間で約3秒の映像しか制作できないストップモーションアニメの手法を用いた映像とは全くの別物となっています。1コマ1コマ時間をかけて作り上げた本編では、活き活きとした人形たちが躍動する映像を存分に楽しむことができ、最後のエンドロールでは、また違った印象で日本を描いたまさに日本へのラブレターとも言える作品になっています。

エンドロール(一部解禁)+予告映像

そんな本作を制作するにあたり、監督のトラヴィス・ナイトは「この映画を作るにあたっては、黒澤作品の影響が一番大きかったよ。スピルバーグは彼を『絵描きのシェークスピア』と呼んだけど、真実だと思うね。黒澤映画の1コマ1コマは絵画のようなんだ。彼の構成、カット、動き、照明、シルエットはみんな映画の中に美的なミューズとして取り込もうとしたよ。映画の作り方だけじゃない。実在主義や人間主義、ヒーローの概念なんかもね。特に『わが青春に悔いなし』(1946年)は僕に訴えかけてきたね」と日本映画、とりわけ黒澤映画から多くのインスピレーションを受けたことを明かしており、さらには自身が尊敬する宮崎駿監督からも「彼はまた別の意味でこの映画に影響を与えたよ。」とコメント。

「彼は、自身が魅了されるヨーロッパ的なものを自分のものにして、自分のアートの中に織り込んでいる。現実の記録でも複製でもない。彼ががヨーロッパに対して行ったことを、僕は日本に対してやってみたかったんだ。僕にとって本当に長い間重要だった場所と文化についての、僕なりの解釈を表現したかったんだよ。」と日本への熱い想いを告白しています。

映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人魂に感服_01
映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人魂に感服_02
映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人魂に感服_03
映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人魂に感服_04

トラヴィス監督の日本への熱意は、常にさらなるインスピレーションを求める創造魂のかたまりのようなライカ職人たちにも伝染していき、衣装デザインのチーフ、デボラ・クックは日本のデザイナー、イッセイ・ミヤケの有名なプリーツや折りの技術を研究、照明のディーン・ホームズは、日本が舞台のドキュメンタリー作品をいくつも鑑賞するなどして、チーム全体で膨大な時間を日本文化へのリサーチに費やしたんだとか。そんな日本への愛が存分に感じられる本作。公開後の口コミもさることながら、公開前に行われた一般試写会では、なんと上映後に拍手が沸き起こり、試写会として異例の盛り上がりを見せる様子も。本編映像だけではなく、エンドロールにまで職人魂を込める彼らの想いに感服すること必至です!

<STORY>
三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ(月の帝)
原題:Kubo and the two strings/2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:石田泰子
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

11月18日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー

ピックアップ記事

  1. 映画「ラ・ラ・ランド」ポスタービジュアル解禁!
  2. 映画『BLAME!』2日間連続!公開記念舞台挨拶付き上映会開催!
  3. 『クリミナル・タウン』公開決定・場面写真解禁
  4. 【ラ・ラ・ランド】二人で合計100回の衣装チェンジ!色彩豊かな衣装 場面写真一挙…
  5. ドラマ『しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』 14~18話のあらすじ紹…

関連記事

  1. SF

    劇場アニメ『BLAME!』2週間限定で全国公開!

    カンヌ国際映画祭から誕生した、世界最高峰のアニメ―ション映画祭アヌシー…

  2. 年齢やジャンル的嗜好の違いを包括してしまう間口の広い映画「ベイマックス」

    アニメ

    年齢やジャンル的嗜好の違いを包括してしまう間口の広い映画「ベイマックス」レビュー

    (2014年 監:ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ 声:ライ…

  3. アニメ

    歌謡界のラスボス“小林幸子”降臨!10年ぶり声優挑戦で優しいおばあさん役 吉田兄弟の生演奏に対抗し生…

    『ティム・バートンのコープスブライド』、『コララインとボタンの魔女』な…

  4. SF

    映画『BLAME!』アクロニウム(ACRONYM)とコラボTシャツ発売!

    ドイツ発の超高機能ウエアブランド『アクロニウム(ACRONYM)』と、…

  5. アニメ

    戦争で奪われる日常を追体験させられるような映画「この世界の片隅に」レビュー

    (2016年 監:片渕須直 声:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身…

  6. アニメ

    AnimeJapan×牙狼!黄金騎士ガロが奉納された「牙狼神社」が登場!

    今年もアニメジャパンに参戦!!黄金騎士ガロが奉納された「牙狼神社」…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. アニメ

    戦争で奪われる日常を追体験させられるような映画「この世界の片隅に」レビュー
  2. オフィシャルレポート

    アイヒマンを追いつめたユダヤ人検事の実像を語る!映画「アイヒマンを追え!」イベン…
  3. SF

    映画「パンズ・ラビリンス」森の奥にある迷宮へと導かれた彼女は、そこで牧神パンと出…
  4. ドキュメンタリー

    『オンリー・ザ・ブレイブ』 ジェフ・ブリッジスの渋い歌声再び!バンドシーン解禁!…
  5. アクション

    1/6(金)公開の映画「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」刺激的でクセ…
PAGE TOP