アクション

映画『アトミック・ブロンド』本ビジュアル&本予告解禁!

『アトミック・ブロンド』(KADOKAWA配給/全米公開:7月28日)が10月20日(金)より日本公開されます。主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、アカデミー女優で、近年では『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で高い評価を受けているシャーリーズ・セロン。監督は、『ジョン・ウィック』共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチ。共演には、『X―MEN』『ウォンテッド』の演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のガゼル役で一躍注目され、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では敵役に起用されたソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)など実力派俳優が脇を固めます。

この度本作の本ビジュアルと本予告が解禁されました。この度解禁された本ビジュアルでは「最強のスパイ、現る。」のキャッチコピーに、銃を片手にクールな横顔のロレーンが大々的に映し出されている。

同時に解禁された予告編では、シャーリーズ・セロンが生々しい痛みまでも伝える壮絶なアクションを入魂の演技で体現。エレベーターが到着するやいなや“潜入と脱出、接近戦のプロ”であるロレーンが容赦なく群がる殺し屋たちとのバトル・シーンを繰り広げる!また、映像にちりばめられたヒットナンバーにも注目。80年代を代表するイギリスのニュー・ウェイヴバンド、ニュー・オーダーの「ブルー・マンデー1988」、LAのエレクトロノイズロックバンド、ヘルスによる同曲のカバー、「ブラック・スキンヘッド」(カニエ・ウェスト)、「パーソナル・ジーザス」(デペッシュ・モード)のマッシュアップバージョン、「キラー・クイーン」(クイーン)が美しき最強の女スパイの降臨を華々しく盛り上げている。

そしてシャーリーズ・セロンに加え、ベルリンに潜入中のMI6のスパイ、デヴィッド・パーシヴァルにジェームズ・マカヴォイ、アメリカ中央情報局CIA主任のカーツフェルドにジョン・グッドマン、MI6の主任でありロレーンの上司グレイにトビー・ジョーンズ、フランス対外治安総局DGSEのスパイ、デルフィーヌにソフィア・ブテラといった豪華キャストが集結!この本予告でシャーリーズとソフィアとの濃厚な絡みのシーンが初解禁となる。

「誰も信じるな。」「私を尾行してる女は?」「誰かがワナを仕掛けてる」「結末はひとつ」―「始末する」

世界各国のスパイたちと東西冷戦末期のベルリンで最高機密のリストを巡り、どんな戦いが繰り広げられるのか、続報をご期待ください。

ムビチケカード購入特典
【スパイIDカード(ケース付き)】も発売中!

ーーー

<STORY>1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)
キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他 2017年/アメリカ映画/115分/配給:KADOKAWA
© 2017COLDESTCITY,LLC.ALLRIGHTSRESERVED.

公式HP:http://atomic-blonde.jp/
Twitter:@atomicblonde_jp
Facebook:@atomicblonde.jp
Instagram:atomicblonde_movie

10月20日(金)より、全国ロードショー!

ピックアップ記事

  1. 映画『アラジン』4DXが贈る、思い出のマジックカーペットライド!
  2. 「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開
  3. 映画「ナーヴ」音楽や独自のカメラワークが楽しめる新感覚のエンターテイメント・ムー…
  4. 映画「ラ・ラ・ランド」ポスタービジュアル解禁!
  5. 山田洋次監督作品「家族はつらいよ」が中国でリメイク決定!

関連記事

  1. SF

    映画『ザ・サークル』エマ・ワトソンの生活が1000万人のユーザーに公開される…?!

    『美女と野獣』エマ・ワトソン主演映画の情報が到着!この度、エマ…

  2. 舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」

    ドラマ

    舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」レビュー

    (2011年 監:ロマン・ポランスキー 出:ジョディ・フォスタ…

  3. 洋画

    ドキドキ!?異色のサスペンス映画が続々公開!

    夏休み興行がスタートし、数多くの映画が公開されている中で8月に一風変わ…

  4. SF

    映画『ターミネーター2 3D』「思い出補正」の懸念を粉砕した歴史的傑作

    映画『ターミネーター2 3D』をレビューhttps://y…

  5. ロアルド・ダールの同名原作をストップモーション・アニメにした映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  6. 告知

    映画『夜明けの祈り』実在した医師と修道女の絆を描く感動作

    本年度仏セザール賞で主要4部門ノミネートを果たした映画本作は『…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. アクション

    『地獄の黙示録 ファイナル・カット』再編集とデジタル修復を経て生まれ変わった戦争…
  2. 感動

    映画『英国総督 最後の家』二つの国が生まれる時―英国領インド最後の6か月、真実の…
  3. SF

    映画『ダークタワー』原作蹂躙か、見事な再構築か?
  4. 「ブランカとギター弾き」来日トークイベント オフィシャルレポート

    オフィシャルレポート

    「ブランカとギター弾き」来日トークイベント オフィシャルレポート
  5. オフィシャルレポート

    「みんなの笑顔で『トリガール!』飛びます!」初日舞台挨拶の模様をレポート!
PAGE TOP