アクション

ハル・ベリー主演の映画『チェイサー』“アメリカの闇=誘拐事件”をテーマに描いたノンストップ・アクション・スリラー

オスカー女優ハル・ベリー製作総指揮・主演ノンストップ・アスションスリラー「KIDNAP」(原題)が邦題『チェイサー』として、9月23日(土)よりユナイテッドシネマアクアシティお台場ほか全国ロードショーが決定!

いつもと変わらない日、いつも訪れる公園で、その事件は起こった――。最愛の息子が何者かによって、連れ去られていく光景を目撃してしまった、シングルマザー・カーラ。携帯電話を失くし、犯人の正体も分からず、地元警察も動いてくれない。たった一人で息子を救い出す覚悟を決めた彼女は、“最強の母”へと変貌する!

年間約80万人、1日当たり2000人超ともいわれる、18歳未満の児童誘拐事件という“アメリカの闇”をテーマに、まさに“女性版『96時間』”というべきノンストップ・アクション・スリラーである本作。凶悪犯に立ち向かう美しくもたくましいシングルマザーのカーラを演じるのは、『チョコレート』のオスカー女優、ハル・ベリー。演技派であると同時に、ストーム役を演じた『X-メン』シリーズや『キャットウーマン』、『007/ダイ・アナザー・デイ』など、数々のアクション映画にも出演してきた彼女が、今回観る者のド肝を抜くカーアクションに挑戦。また、自らのプロダクション「606フィルムズ」を率いて、製作総指揮としても参加している。

監督はカルト的人気を誇るニコラス・ウィンディング・レフン監督のデビュー作『プッシャー』のイギリス版リメイクのほか、人気の海外ドラマ「STARTUP スタートアップ」「Zネーション」も手掛ける新鋭・ルイス・プリエト。プロデュサーは『トランスフォーマー』シリーズのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ。『X-MEN』シリーズ最新作『The New Mutants』も手掛けるネイト・グワルトニーによるムダなものを削ぎ落した脚本を基に、スピーディーかつ緊迫感溢れる演出を披露。また、『フライト・ゲーム』『アンノウン』『ロスト・バケーション』など、ジャウマ・コレット=セラ監督作で知られる名カメラマン、フラビオ・ラビアーノによるダイナミックな撮影、ベリー主演作『ザ・コール [緊急通報指令室]』のアヴィ・ユアビンによるスタイリッシュな編集など、一流スタッフがストーリーを一層盛り上げてくれる。低予算の作品ながらも驚異の全米5位スタートを記録している。

監督:ルイス・プリエト(「プッシャー」)
脚本:ネイト・グワルトニー 撮影:フラビオ・ラビアーノ
出演:ハル・ベリー(「X-MEN アポカリプス」「ザ・コール」) リュー・テンプル(「ローン・レンジャー」)セージ・コレア(子役)
原題:「KIDNAP」 上映時間 94分
配給:プレシディオ

9/23(土) ユナイテッドシネマアクアシティお台場ほか

ピックアップ記事

  1. Blu-ray&DVD発売!「ラ・ラ・ランド」明かされるあのオープニングシーンの…
  2. 奇才オークラ!初監督ドラマ『漫画みたいにいかない。』この秋Huluで独占配信決定…
  3. 映画『A GHOST STORY』本予告映像解禁
  4. 山田洋次監督も出席 映画「麻煩家族」 〜現地クランクアップ記者会見〜
  5. 映画『アイネクライネナハトムジーク』豪華第2弾キャスト発表!

関連記事

  1. アクション

    映画『リベンジ・リスト』『ドッグ・イート・ドッグ』同日公開記念!

    「フェイス/オフから20年」ジョン・トラボルタ&ニコラス・ケイ…

  2. ドラマ

    映画『シシリアン・ゴースト・ストーリー』レビュー!

    実話から着想を得た幻想的ラブストーリー、先行レビュー!http…

  3. ドラマ

    《動画あり》「ラ・ラ・ランド」監督&ライアン・ゴズリング来日記者会見動画公開!

    デイミアン・チャゼル監督&主演のライアン・ゴズリング来日記者会見動画を…

  4. 舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」

    ドラマ

    舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」レビュー

    (2011年 監:ロマン・ポランスキー 出:ジョディ・フォスタ…

  5. 「ブランカとギター弾き」新田恵海『ラブライブ!』&柴田秀勝『NARUTO-ナルト-』 超人気声優による音声ガイドが決定!!
  6. ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」

    アニメ

    ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」レビュー

    (2006年 監:ポン・ジュノ 出:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボ…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」

    コメディ

    抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」レビュー
  2. 洋画

    ドキドキ!?異色のサスペンス映画が続々公開!
  3. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」3年ぶりの来日N.W.レフン監督の東京さんぽ
  4. アクション

    映画『アトミック・ブロンド』これは私が選んだ人生。
  5. アクション

    映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』ネクタイと100本の黄…
PAGE TOP