ホラー

『新感染ファイナル・エクスプレス』日本初3面スクリーンで「新感染」を楽しもう! ScreenX版特別予告映像解禁!!

この度、期待度MAX!「新感染 ファイナル・エクスプレス」の日本初となる3面(正面+左右側面)・映画上映システム「ScreenX」(スクリーン・エックス)バージョンの特別予告映像が解禁!

「ScreenX」とは、正面スクリーンにプラスして、左右側面(壁面)にも映像が写し出される画期的な映画上映システム!それにより、観客は正面+左右という驚きの270度(!)の視界すべてに映画を感じることができ、映画の世界に自分の感覚が没入していくような映画体験が可能!通常画面でも大!迫!力!の本作品!

Screen Xになることで、列車が走っているシーンや、列車という奥行きのある狭い空間で感染者に追われるシーンなども見事に再現!!乗客がパニックになりながら画面に迫り、正面のスクリーンから左右のスクリーンに流れる様子は、まるで画面から乗客が溢れ出てくるよう!!他にも視界の全てが炎に包まれる爆発シーンは圧巻の一言!単純に奥行きを表すだけでは終わらない、三つのスクリーンを巧みに使った独自の演出にも注目です!!

左右に広がるワイドスクリーン、究極の臨場感、パーフェクトな没入感が売りのScreenX、「新感染 ファイナル・エクスプレス」とは相性抜群!この夏、今までありえなかった劇場体験をご期待ください!

映画:『新感染 ファイナル・エクスプレス』
監督:ヨン・サンホ「The King of Pigs」(2012年カンヌ国際映画祭監督週間正式出品)
出演:コン・ユ(『トガニ 幼き瞳の告発』『サスペクト 哀しき容疑者』)、チョン・ユミ(『ソニはご機嫌ななめ』『三人のアンヌ』)、マ・ドンソク(『殺されたミンジュ』『群盗』)
2016年/韓国/118分/英題:Train to Busan/配給:ツイン 

公式HP:shin-kansen.com
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

9.1 [Fri] 新宿ピカデリーほか 全国疾走!!

ピックアップ記事

  1. 【イベント告知】「第30回 東京国際映画祭」今年はアニバーサリーイヤー!
  2. 山田洋次監督作品「家族はつらいよ」が中国でリメイク決定!
  3. 【ラ・ラ・ランド】全国27館で決定! 世界で最も臨場感のある映画体験をIMAX(…
  4. 『オンリー・ザ・ブレイブ』 『バックドラフト』を凌ぐ迫力と情熱!世界が泣いた感動…
  5. 極上ミュージカル・エンターテイメント!映画「ラ・ラ・ランド」日本版の本予告映像が…

関連記事

  1. ホラー

    映画『死霊館のシスター』レビュー!

    『死霊館』シリーズの前日譚を描いた最新作https://y…

  2. アニメ

    鬼才ヨン・サンホ監督作連続公開!『新感染 ファイナル・エクスプレス』×『ソウル・ステーション/パンデ…

    人間の暗部や格差社会の問題を起点にした社会派アニメーターとして韓国を牽…

  3. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」ファッショナブルな世界、こだわり抜いた衣装を紹介。

    「偽物ではなく、既成概念の枠を超えた高級ファッションの舞台を作り上げた…

  4. サスペンス

    映画「パーソナル・ショッパー」小さな禁を犯した時、彼女の人生は一変する

    女優はコワい多忙なセレブリティのため、服やアクセサリーの購入を…

  5. 主人公に学習能力が無さすぎる映画「ペット・セメタリー」

    ホラー

    主人公に学習能力が無さすぎる映画「ペット・セメタリー」レビュー

    (1989年 監:メアリー・ランバート 出:デイル・ミッドキフ…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. アクション

    映画『猫忍』デブ猫ネコ金時の撮影時の貴重なオフショットが盛り沢山!
  2. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』8月、ヨン・サンホ監督の来日決定!場面解禁も

    告知

    『新感染 ファイナル・エクスプレス』8月、ヨン・サンホ監督の来日決定!場面解禁も…
  3. 告知

    【Amazonプライム・ビデオ】世界の200以上の国・地域で視聴可能になる!
  4. 登場人物のような美しい涙を流せますように…そう願ってやまない映画「ハッシュパピー~バスタブ島の少女~」

    ドラマ

    登場人物のような美しい涙を流せますように…そう願ってやまない映画「ハッシュパピー…
  5. ドラマ

    宗教弾圧を背景に人間の葛藤を描く 映画「沈黙-サイレンス-」レビュー
PAGE TOP