《動画あり》映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』生か死か―時速300km超のノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクション!!

アクション

《動画あり》映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』生か死か―時速300km超のノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクション!!

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』生か死か―時速300km超のノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクションが、遂に日・本・上・陸!!

9月1日[金]、公開決定!!とにかく圧倒されまくる超ヤバイ特報映像、熱狂的なコメント入り・ティザービジュアルも解禁!ついに、日本列島にも感染拡大!

第69回カンヌ国際映画祭を筆頭に世界156カ国から買い付けオファーが殺到、各国で圧倒的な大ヒットを果たし、世界規模で話題を席巻した超ド級ノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクション映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(配給:ツイン)が、9月1日(金)より全国ロードショーです。

映画批評サイト「ロッテントマト」では脅威の96%!!さらにアメリカでのリメイクも決定!!『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ジェームズ・ガン監督をはじめ、世界の名だたる目の肥えた映画関係者も唸りまくった超大作!! まさに世界の映画界を騒がせている一本が、ついに日本公開!

高速鉄道の車内で突如起こった感染爆発(パンデミック)。疾走する密室の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死。偶然乗り合わせたある父と幼い娘、妊娠中の妻とその夫、学生たち…果たして彼らは安全な終着駅にたどりつくことができるのか?

感染者を乗せ疾走する高速鉄道という意味での”新感染”であり、“この列車に乗ったら最期”という意味もあり、まさに作品の要素を体現した邦題に熱い声援が続いている中、この度、とにかく圧倒されまくる超ヤバイ特報映像が解禁!感染者と思われる男が駅員を襲う姿から、密室の列車内で感染が拡大。感染した女の姿、乗客を避難させる乗務員、娘を抱えて必死に走る男。次から次へと目が離せない、夥しい数の感染者が襲いかかってくる。最後は『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督より「激走!爆走!超ヤバイ!」と大熱狂のコメントまで、映像が流れる30秒間、思わず息が止まるほどのド迫力な映像に仕上がっております!

また、あわせてティザービジュアルも解禁!樋口監督のコメントに加え、ヒャダイン(音楽クリエイター)と最上もが(でんぱ組.inc )から「初っ端から怖いよ!アレも怖いし人間も怖いよ! でも恐怖に打ち勝つのは愛なのだなー。」(ヒャダイン)「こんなにも感動する映画だったなんて! スリルだけでなく人間の醜さや、家族愛を感じられる映画でした。 」(最上もが)と感動の声はもちろん、「緊張感も列車も終点まで止まらない心拍数上り方面な作品でした。」と、鉄道BIG4の一人で電車好き芸人の代表格、ななめ45°の岡安章介(お笑い芸人)や、元鉄道社員で俳優の田中要次より鉄道にかけたコメントも。さらに、大倉士門(モデル/俳優)、チョーヒカル(アーティスト)、北村一輝(俳優)、品川祐(お笑い芸人)など、一足早く本作に触れ合った旬のキーパーソンたちによる熱狂的なコメントが盛り込まれたビジュアルに仕上がっております!世界大喝采&大熱狂!ブッチぎり大ヒット!早くも2017年一番面白い映画という呼び声が高い、興奮と感動の大傑作。乗り遅れなきよう、ご注意ください!

『新感染 ファイナル・エクスプレス』に寄せられたコメント

樋口真嗣(映画監督『シン・ゴジラ』)

激走!爆走!韓流謎の病原体感染者は瞬発力が違う!
逃げても助からない!超ヤバい! ついでに映画的常識もドカンと脱線転覆だ!

ヒャダイン(音楽クリエイター)

初っ端から怖いよ!アレも怖いし人間も怖いよ!
でも恐怖に打ち勝つのは愛なのだなー。

最上もが(でんぱ組.inc)

こんなにも感動する映画だったなんて!
スリルだけでなく人間の醜さや、家族愛を感じられる映画でした。

岡安章介(お笑い芸人/ななめ45°(鉄道BIC4))

緊張感も列車も終点まで止まらない心拍数上り方面な作品でした。

田中要次(元鉄道社員)

高速鉄道を舞台に感染パニックとは正しく新感染!更に狂おしくリアルな群像描写が世界中の心を釘付けにしている。
我が国の映画と鉄道ではこの壮絶なる難題に立ち向かえない事にきっとひれ伏すしかないだろう。

大倉士門(モデル/俳優)

一言で言うと「最高」そのものでした。1つの作品の中にいくつもストーリーが入っていて、史上最強の脅威さと感動が詰まってます。
観終えたら泣きながら拍手。そんな作品です

チョーヒカル(アーティスト)

エクスプレスの名前通り、ハイスピードで息もつけない展開。
スリルに次ぐスリル!かと思えば切なくて泣いてしまったり。
絶対に退屈しない、最高のエンターテイメント映画です。

北村一輝(俳優)

まさにエンターテイメント!
死に直面した時に出る人間本来の強さ弱さ、虚しさ、愛を描いたサバイバルアクションムービー!
極限状態の中、初めて娘の純粋な愛情に気付いていくコン・ユが切なすぎる。

品川祐(お笑い芸人)

スリル、アクション、感染系映画の好きな要素が全て詰まっている。あるあるネタも満載。
それでいて良い韓国の泣ける映画になっている。僕は3回も号泣しました!!大好きな映画!!

海外のクリエイターからも大絶賛の声が続々!!

スティーヴン・キング(小説家)

『ウォーキング・デッド』よりドキドキだ。

ギレルモ・デル・トロ(映画監督『パシフィック・リム』)

完璧!ハラハラしっぱなし!傑作!その目で確かめて!

エドガー・ライト(映画監督『ショーン・オブ・ザ・デッド』)

マジ、オススメ!絶対見るべき!

イーライ・ロス(映画監督『グリーン・インフェルノ』)

見逃すな!こんなスゴい映画がまだあったなんて! 

ジェームス・ガン(映画監督『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)

史上最高!素晴らしい!!

■ タイトル:『新感染 ファイナル・エクスプレス』
■ 監督:ヨン・サンホ「The King of Pigs」(2012年カンヌ国際映画祭監督週間正式出品)
■ 出演:コン・ユ(『トガニ 幼き瞳の告発』『サスペクト 哀しき容疑者』)、チョン・ユミ(『ソニはご機嫌ななめ』『三人のアンヌ』)、マ・ドンソク(『殺されたミンジュ』『群盗』)
2016年/韓国/118分/英題:Train to Busan/配給:ツイン 

[公式HP]:shin-kansen.com
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

ピックアップ記事

  1. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』疾走感あふれる新ビジュアル、本予告映像か…
  2. 映画『アトミック・ブロンド』最高にカッコイイ80’sファッション!華麗な衣装の場…
  3. 第13 回ラテンビート映画祭、米国アカデミー賞名誉賞作品をはじめとした上映タイト…
  4. 『オンリー・ザ・ブレイブ』 ジェフ・ブリッジスの渋い歌声再び!バンドシーン解禁!…
  5. 『アメリカン・アサシン』ディラン・オブライエンのリアルな “キレキレ”アクション…

関連記事

  1. アクション

    『アメリカン・アサシン』主人公像に迫るインタビュー特別映像!!

    時代は筋肉モリモリから細マッチョへ!スピードと強烈さと俊敏性を兼ね備え…

  2. 【ラ・ラ・ランド】二人で合計100回の衣装チェンジ!色彩豊かな衣装 場面写真一挙解禁!

    ファミリー

    【ラ・ラ・ランド】二人で合計100回の衣装チェンジ!色彩豊かな衣装 場面写真一挙解禁!

    米国時間1月8日に開催された第74回ゴールデングローブ賞にて、…

  3. ドラマ

    ドラマ『コードネームミラージュ』主演・桐山漣ついにクランクアップ!!

    現代社会の闇をリアルに描いたハードボイルド・アクション・ドラマ…

  4. 親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」

    SF

    親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」レビュー

    (2011年 監:ショーン・レヴィ 出:ヒュー・ジャックマン、…

  5. SF

    映画『ザ・サークル』エマ・ワトソンの生活が1000万人のユーザーに公開される…?!

    『美女と野獣』エマ・ワトソン主演映画の情報が到着!この度、エマ…

  6. 洋画

    11/11(土)より公開 映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』俳優ヴァンサン・ランドンの驚くべき…

    フランスNo.1演技派俳優 ヴァンサン・ランドン心身共に彫刻家になりき…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 「ブランカとギター弾き」来日トークイベント オフィシャルレポート

    オフィシャルレポート

    「ブランカとギター弾き」来日トークイベント オフィシャルレポート
  2. ドラマ

    2018年早春よりドラマシリーズ『しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』…
  3. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」ミニシアターランキング堂々の1位!快調なスタートを記録!…
  4. オフィシャルレポート

    「スターシップ9」公開記念トークイベントオフィシャルレポート
  5. アクション

    『アメリカン・アサシン』ディラン・オブライエンのリアルな “キレキレ”アクション…
PAGE TOP