ファミリー

『風水師 王の運命を決めた男』邦題&公開決定

チョ・スンウ×チソンをはじめとする演技派俳優たちの競演で贈る、壮大な史劇エンタテイメント映画『明堂』(原題:명당)が『風水師 王の運命を決めた男』の邦題で、10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショーされることが決定致しました。

天才風水師が導く王室の命運とはーー
王座を狙い<最強の土地>をめぐる闘乱が幕を開ける!

土地や水脈の形状を見るだけで、人々の運命を変えることができる風水師パク・ジェサン(チョ・スンウ)。彼は運気の集まる土地“明堂(めいどう)”を探し当てる天才だった。だが、明堂を独占しようとする重臣キム・ジャグン(ペク・ユンシク)の陰謀に巻き込まれ、愛する妻子を殺されてしまう。失意に暮れるジェサンだったが、自分と同じくキムに深い恨みを持つ王族の興宣君(チソン)と出会い、キム一族を滅ぼすため風水の知識を駆使することに。やがて彼らは、天下最強の“大明堂”をめぐる巨大な謀反の真相を知ることになる……。

運気が上がる場所を見極める環境学「風水」のなかでも繁栄の運気が集まっている土地を“明堂(めいどう)”と呼び、その場所を手に入れた者には富と名誉が千年万年も続くといわれている。人相占いの『観相師 –かんそうし-』(13年)、相性占いの『ときめきプリンセス婚活記』(18年)、そして地相占いの本作『風水師 王の運命を決めた男』(18年)は“易学三部作”と称され、国と人の運命が風水によって翻弄されていくドラマが壮大なスケールで描かれる。

チョ・スンウ×チソンをはじめとする演技派俳優たちの豪華競演!

天才風水師パク・ジェサンを演じた人気俳優チョ・スンウは、正義を宿した気品あるオーラでストーリーを先導。実在した王族・興宣君に扮するチソンは、国を変えながら自分も変わっていく心の機微を巧みに表現。欲に取りつかれた野心家・キム・ジャグンには『インサイダーズ/内部者たち』の重鎮男優ペク・ユンシク。その息子には『悪いやつら』の個性派俳優キム・ソンギュン。さらに、ドラマ「クリミナル・マインド:KOREA」の注目女優ムン・チェウォン、ドラマ「グッドワイフ ~彼女の決断~」のイケメン男優イ・ウォングン、5urpriseのカン・テオらが華麗に共演。ダイナミックなアクションバトルや華麗な衣装など、時代を再現した多彩な魅力満載のエンターテインメントが誕生した!

映画『風水師 王の運命を決めた男』は10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

<STORY>土地や水脈の形状を見るだけで、人々の運命を変えることができる風水師パク・ジェサン(チョ・スンウ)は運気の集まる土地“明堂(めいどう)”を探し当てる天才だったが、明堂を独占しようとする重臣キム・ジャグン(ペク・ユンシク)の謀反に巻き込まれ、愛する妻子を殺されてしまう。失意に暮れるジェサンだったが、自分と同じくキムに深い恨みを持つ王族の興宣君(チソン)と出会い、キム一族を滅ぼすため風水の知識を駆使することに。やがて彼らは天下最強の“大明堂”をめぐる巨大な陰謀の真相を知ることになる。

監督:パク・ヒゴン『仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~』
出演:チョ・スンウ、チソン、キム・ソンギュン、ペク・ユンシク、ムン・チェウォン、ユ・ジェミョン、パク・チュンソン、イ・ウォングン、カン・テオ(5urprise)
2018年/韓国/韓国語/スコープサイズ/126分/原題:명당
配給:ハーク
©2018, JUPITER FILM & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト:hark3.com/fuusui/

10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー

ピックアップ記事

  1. 映画『BLAME!』公開記念 弐瓶勉の世界展が開催!
  2. 『新感染ファイナル・エクスプレス』第一感染者が登場!その凄まじい変容ぶりを大公開…
  3. Amazonオリジナルドラマ『東京アリス』のメイキング特別映像を解禁!
  4. 映画「ネオン・デーモン」サウンドトラックCD発売。クールなサウンドにも注目!
  5. 『ときめきプリンセス婚活記』カリスマ占い師が恋したのは純度100%の王女!プリン…

関連記事

  1. 映画『トリガール!』完成披露オフィシャルレポート

    ドラマ

    映画『トリガール!』スターの輝きは偉大なり

    中村航の青春小説が実写化!映画『トリガール!』を先行レビュー…

  2. コメディ

    映画「サバイバルファミリー」サバイバル音痴なファミリーの運命や如何に……?

    家族を結びつけるもの突如、原因不明の大停電に見舞われた東京。電…

  3. 年齢やジャンル的嗜好の違いを包括してしまう間口の広い映画「ベイマックス」

    アニメ

    年齢やジャンル的嗜好の違いを包括してしまう間口の広い映画「ベイマックス」レビュー

    (2014年 監:ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ 声:ライ…

  4. オリジナルストーリーで、どこまでも「人を活かす」映像作家・西川監督の映画「永い言い訳」
  5. ホラー

    映画『母という名の女』毒親がとった行動に言葉を失う

    メキシコの気鋭ミシェル・フランコ監督が母と娘の確執を描く衝撃のミステリ…

  6. ファミリー

    映画「家族はつらいよ2」5月4日は‟ファミリーの日”!

    頑固オヤジ、怒り心頭!? 家族って面倒くさい...でもやっぱり特…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 告知

    【Amazonプライム・ビデオ】『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』シーズン3…
  2. 告知

    「バチェラー・ジャパン」豪華女性ゲストコメント公開!(Amazonプライム・ビデ…
  3. サスペンス

    『ジュリアン』2019年7月17日(水)ブルーレイ&DVD発売・同日D…
  4. ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」

    SF

    ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」レビュー
  5. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」ポスタービジュアル解禁!
PAGE TOP