ファミリー

『風水師 王の運命を決めた男』邦題&公開決定

チョ・スンウ×チソンをはじめとする演技派俳優たちの競演で贈る、壮大な史劇エンタテイメント映画『明堂』(原題:명당)が『風水師 王の運命を決めた男』の邦題で、10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショーされることが決定致しました。

天才風水師が導く王室の命運とはーー
王座を狙い<最強の土地>をめぐる闘乱が幕を開ける!

土地や水脈の形状を見るだけで、人々の運命を変えることができる風水師パク・ジェサン(チョ・スンウ)。彼は運気の集まる土地“明堂(めいどう)”を探し当てる天才だった。だが、明堂を独占しようとする重臣キム・ジャグン(ペク・ユンシク)の陰謀に巻き込まれ、愛する妻子を殺されてしまう。失意に暮れるジェサンだったが、自分と同じくキムに深い恨みを持つ王族の興宣君(チソン)と出会い、キム一族を滅ぼすため風水の知識を駆使することに。やがて彼らは、天下最強の“大明堂”をめぐる巨大な謀反の真相を知ることになる……。

運気が上がる場所を見極める環境学「風水」のなかでも繁栄の運気が集まっている土地を“明堂(めいどう)”と呼び、その場所を手に入れた者には富と名誉が千年万年も続くといわれている。人相占いの『観相師 –かんそうし-』(13年)、相性占いの『ときめきプリンセス婚活記』(18年)、そして地相占いの本作『風水師 王の運命を決めた男』(18年)は“易学三部作”と称され、国と人の運命が風水によって翻弄されていくドラマが壮大なスケールで描かれる。

チョ・スンウ×チソンをはじめとする演技派俳優たちの豪華競演!

天才風水師パク・ジェサンを演じた人気俳優チョ・スンウは、正義を宿した気品あるオーラでストーリーを先導。実在した王族・興宣君に扮するチソンは、国を変えながら自分も変わっていく心の機微を巧みに表現。欲に取りつかれた野心家・キム・ジャグンには『インサイダーズ/内部者たち』の重鎮男優ペク・ユンシク。その息子には『悪いやつら』の個性派俳優キム・ソンギュン。さらに、ドラマ「クリミナル・マインド:KOREA」の注目女優ムン・チェウォン、ドラマ「グッドワイフ ~彼女の決断~」のイケメン男優イ・ウォングン、5urpriseのカン・テオらが華麗に共演。ダイナミックなアクションバトルや華麗な衣装など、時代を再現した多彩な魅力満載のエンターテインメントが誕生した!

映画『風水師 王の運命を決めた男』は10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

<STORY>土地や水脈の形状を見るだけで、人々の運命を変えることができる風水師パク・ジェサン(チョ・スンウ)は運気の集まる土地“明堂(めいどう)”を探し当てる天才だったが、明堂を独占しようとする重臣キム・ジャグン(ペク・ユンシク)の謀反に巻き込まれ、愛する妻子を殺されてしまう。失意に暮れるジェサンだったが、自分と同じくキムに深い恨みを持つ王族の興宣君(チソン)と出会い、キム一族を滅ぼすため風水の知識を駆使することに。やがて彼らは天下最強の“大明堂”をめぐる巨大な陰謀の真相を知ることになる。

監督:パク・ヒゴン『仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~』
出演:チョ・スンウ、チソン、キム・ソンギュン、ペク・ユンシク、ムン・チェウォン、ユ・ジェミョン、パク・チュンソン、イ・ウォングン、カン・テオ(5urprise)
2018年/韓国/韓国語/スコープサイズ/126分/原題:명당
配給:ハーク
©2018, JUPITER FILM & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト:hark3.com/fuusui/

10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー

ピックアップ記事

  1. 映画「ネオン・デーモン」サウンドトラックCD発売。クールなサウンドにも注目!
  2. いよいよ、明日公開!「新感染 ファイナル・エクスプレス」公開を祝して、主演コン・…
  3. 映画「永い言い訳」本木雅弘が役のままインタビュー?!豪華パンフレット情報!!
  4. 山田洋次監督も出席 映画「麻煩家族」 〜現地クランクアップ記者会見〜
  5. 映画『エンジェル、見えない恋人』目に見えない存在として生まれた青年“エンジェル”…

関連記事

  1. SF

    映画『スターシップ9』人類の運命×二人の宿命

    近未来的設定を活かしたアクションやドラマの本流に属する本格SF映画…

  2. ドキュメンタリー

    『オンリー・ザ・ブレイブ』 『バックドラフト』を凌ぐ迫力と情熱!世界が泣いた感動スペクタクル!!

    豪華俳優陣の共演で贈る森林消防士たちの英雄物語『オンリー・ザ・ブレイブ…

  3. オリジナルストーリーで、どこまでも「人を活かす」映像作家・西川監督の映画「永い言い訳」
  4. コメディ

    映画『トリガール!』土屋太鳳が叫ぶ!ツッコむ!ガン飛ばす!

    主題歌は、スピッツの名曲「空も飛べるはず」をガールズバンド“ねごと”が…

  5. 映画「BLAME!」初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

    SF

    映画「BLAME!」初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

    公開を記念し、5月20日(土)、新宿ピカデリーにて櫻井孝宏(霧亥役)、…

  6. 公開初週ではイマイチも、口コミによって好転していった映画「ヒックとドラゴン」

    キッズ

    公開初週ではイマイチも、口コミによって好転していった映画「ヒックとドラゴン」レビュー

    (2010年 監:クリス・サンダース&ディーン・デュボア 声:…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 映画レビュー

    映画『タリーと私の秘密の時間』レビュー!
  2. SF

    『デューン/砂の惑星』レビュー!
  3. ファン待望!「BLAME!」in デンマーク ヴィボー・アニメーションフェスティバル2017上映決定!

    SF

    ファン待望!「BLAME!」in デンマーク ヴィボー・アニメーションフェスティ…
  4. タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」

    SF

    タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」レ…
  5. ファミリー

    山田洋次監督も出席 映画「麻煩家族」 〜現地クランクアップ記者会見〜
PAGE TOP