ノンフィクション

映画『ちいさな独裁者』『RED/レッド』の監督が挑む最新作は、尋常ならざる実話の映画化!

ハリウッド映画『RED/レッド』や『きみがぼくを見つけた日』などのヒット作で知られるロベルト・シュヴェンケ監督が、母国ドイツで撮り上げた『DerHauptmann』。邦題を『ちいさな独裁者』と確定して、2019年2月8日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次ロードショーの運びとなりました。

『RED/レッド』の監督が挑む最新作は、尋常ならざる実話の映画化!

<STORY>1945年4月、終戦まであと1ヶ月に迫った敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身に纏って大尉に成りすました彼は、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺戮へと暴走し始めるが……。

偶然の成り行きと言葉巧みな嘘によってナチス将校の威光を手に入れた若者が、ヒトラーをも想起させる怪物的な“独裁者”に変貌していく様を映し出す本作。権力という魔力、そのパワーにしがみ付く人間の醜さ、それに盲従する人間の弱さをえぐり出した映像世界は、決して遠い過去の出来事ではなく、現代社会への警鐘として生々しい戦慄を呼び起こす。
尋常ならざるサスペンスと衝撃に満ちたシュヴェンケ監督の意欲作が、ついに日本公開となる。

監督&脚本:ロベルト・シュヴェンケ『RED/レッド』『きみがぼくを見つけた日』 出演:マックス・フーバッヒャー、ミラン・ペシェル、フレデリック・ラウほか
2017年/ドイツ=フランス=ポーランド/ドイツ語/119分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:Der Hauptmann 日本語字幕:吉川美奈子
© 2017 – Filmgalerie 451, Alfama Films, Opus Film 提供:ニューセレクト/シンカ/東北新社 配給:シンカ/アルバトロス・フィルム/STAR CHANNEL

2019年2月8日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国

ピックアップ記事

  1. 映画『ユリゴコロ』主題歌に Rihwa / 「ミチシルベ」が決定
  2. 大人気作を4DXで再び!『ハリー・ポッターと賢者の石』史上初の4DX上映が、10…
  3. 『クリミナル・タウン』予告編&ポスタービジュアル
  4. 2018年早春よりドラマシリーズ『しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』…
  5. 『グランド・ツアー』新シリーズがAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信ス…

関連記事

  1. 映画レビュー

    映画『ハクソー・リッジ』信念を貫く勇気

    メル・ギブソン監督が10年の沈黙を破って放つ戦争巨編『ハクソー・リッジ…

  2. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」エル・ファニングの妖艶な場面写真が解禁!

    ファッション業界を舞台にした映画「ネオン・デーモン」妖しくて美しい…

  3. 本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」

    ホラー

    本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」レビュー

    (2007年 監:フランク・ダラボン 出:トーマス・ジェーン、…

  4. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」ゴールデン・グローブ賞歴代最多7部門受賞!!

    デイミアン・チャゼル監督は歴代最年少での監督賞受賞!!世界に興…

  5. 洋画

    映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』衝撃の笑撃作

    フィギュアスケート界の大スキャンダルを描いた話題作、先行レビュー!…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 人間いつか死ぬ。この難題にヒントを投げ掛けてくる厳しく優しい映画「お父さんと伊藤さん」

    ドラマ

    人間いつか死ぬ。この難題にヒントを投げ掛けてくる厳しく優しい映画「お父さんと伊藤…
  2. アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

    オフィシャルレポート

    2017年1月7日公開「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」ドイツ映画…
  3. オリジナルストーリーで、どこまでも「人を活かす」映像作家・西川監督の映画「永い言い訳」

    ドラマ

    オリジナルストーリーで、どこまでも「人を活かす」映像作家・西川監督の映画「永い言…
  4. ドラマ

    映画『ダンガル きっと、つよくなる』レビュー!
  5. 告知

    【イベント告知】「第30回 東京国際映画祭」今年はアニバーサリーイヤー!
PAGE TOP