サスペンス

『クリミナル・タウン』予告編&ポスタービジュアル

大ヒット映画『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートが事件の真実をつかむため、奔走

ポスタービジュアル

『クリミナル・タウン』予告編&ポスタービジュアル

解禁されたポスタービジュアルではアンセル・エルゴートとクロエ・グレース・モレッツの顔がアップで並び、二人の間に「真実が潜む場所は、どこだ。」というコピーが入る。さらに「殺された優等生」「母の死」「食い違う証言」などの物語のキーポイントと思われるワードが散りばめられた、不穏な雰囲気のビジュアルとなっている。

予告編

同時に解禁された予告編では、アディソン(アンセル・エルゴート)とフィービー(クロエ・グレース・モレッツ)の二人がシーツの中でキスを交わす甘い雰囲気の場面から一転、同じ時刻に親友のケビンが殺されるシーンから始まる。親友の死因に納得できないアディソンは、事件の真相を突き止めるため“ケビン事件の情報求む”と書いた貼り紙を学校の廊下に貼りつけ、フィービーを巻き込み手掛かりを探す様子が映し出される。教師や同級生からは事件に首を突っ込むなと忠告を受けるが、徐々に事件の真相へと迫っていく二人。誰もが何かを隠している―。アンセル・エルゴートとクロエ・グレース・モレッツという最旬キャストの二人の瑞々しい演技と、観るものを昂らせるサスペンスフルな映像展開が印象的な予告となっている。

<STORY>ワシントンD.C.に暮らすさえない男子高校生アディソンの元に届いた、優等生の親友ケビンが銃殺されたというニュース。事件は「チンピラの黒人少年が麻薬を巡るギャング同士の抗争に巻き込まれたもの」とされ、犯人は組織内で始末済みとして、捜査は早々に終結の様相となる。彼が麻薬に関わって殺されたなどあり得ない。親友の名誉を取り戻すためアディソンは、幼馴染みにして恋人未満のフィービーと共に犯人を追いはじめる。しかし、証言を取り合わない警察、大学への推薦状を餌に捜査を牽制する学校、街中が目を背ける空気、「息子はこの街に殺された」と口をつぐむケビンの両親……。まるで街全体がこの事件をなかったかのように処理しようとする様に、違和感を拭えないアディソンとフィービー。やがて二人は、戻れないところへと足を踏み入れていく―

監督:サーシャ・ガヴァシ『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』
脚本:スティーヴン・ナイト『イースタン・プロミス』、サーシャ・ガヴァシ
出演:アンセル・エルゴート『ベイビー・ドライバー』クロエ・グレース・モレッツ『キック・アス』シリーズ
デヴィッド・ストラザーン『グッドナイト&グッドラック』キャサリン・キーナー『ゲット・アウト』
原作:サム・マンソン「クリミナル・タウン」(ハヤカワ文庫)※7/5発売
原題:NOVEMBER CRIMINALS/2017年/アメリカ/英語/86分/5.1CH/カラー/ビスタ/字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ・プラス
© 2016 NOVEMBER CRIMINALS HOLDINGS, LLC  GAGA.NE.JP/CRIMINALTOWN

8月25日(土)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

ピックアップ記事

  1. 『スタ・ウォーズ/最後のジェダイ』4DX上映決定!日本オリジナル!BB-8とR2…
  2. 2月9日(金)公開 映画『マンハント』ダイナミックなアクションシーンの裏側を公開…
  3. 第30回東京国際映画祭「歌舞伎座スペシャルナイト」にて市川海老蔵「男伊達花廓」を…
  4. 映画『ザ・サークル』トランプ大統領から『ユー・ガット・メール』まで… エマ・ワト…
  5. 『新感染 ファイナル・エクスプレス(吹替版)』公開記念試写会10組20名様ご招待…

関連記事

  1. ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」

    アニメ

    ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」レビュー

    (2006年 監:ポン・ジュノ 出:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボ…

  2. 洋画

    映画『歓びのトスカーナ』人生は悲しくて、でも愛おしい。

    陽光まぶしいトスカーナの診療施設から、自由を求めて逃避行-イタ…

  3. 親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」

    SF

    親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」レビュー

    (2011年 監:ショーン・レヴィ 出:ヒュー・ジャックマン、…

  4. 洋画

    映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』衝撃の笑撃作

    フィギュアスケート界の大スキャンダルを描いた話題作、先行レビュー!…

  5. 告知

    映画『ブランカとギター弾き』予告編&ティザービジュアル解禁

    日本人として初めて、ヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭…

  6. アクション

    最大級の内輪揉め「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」レビュー

    (2016年 監:アンソニー&ジョー・ルッソ 出:クリス・エヴ…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. オフィシャルレポート

    《動画あり》「ラ・ラ・ランド」劇中歌Auditionを上白石萌音が生歌披露!
  2. オフィシャルレポート

    映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』ジャパンプレミア オフィシャルレポート…
  3. 告知

    【Amazonプライム・ビデオ】男1:女25の恋愛番組「バチェラー・ジャパン」独…
  4. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」第89回アカデミー賞(R) 作品賞含む過去最多タイ14ノミ…
  5. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」ポスタービジュアル解禁!
PAGE TOP