「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開

洋画

「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開

緑豊かなイタリア・トスカーナ州を舞台に、精神診療施設から抜け出した女性二人の逃避行を描いた本作『歓びのトスカーナ』。ふとしたことで人生を踏み外し、社会のアウトサイダーになってしまった女性たちに鋭くも優しい眼差しが当てられている。極度の虚言癖があり、嵐の如き“ハイ”テンションで周りの人々を困惑させるベアトリーチェと、過去のトラウマを引きずり何かに脅えているような“ロー”テンションで自らの殻に閉じこもるドナテッラをそれぞれ演じた美しきWヒロインのインタビュー映像が到着した。

インタビュー映像公開

ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ コメント

ヴァレリア・ブルーニ・テデスキは物語を「コメディだけど苦悩と絶望に満ちて」と表現。「ミカエラと絡む喜びや暴力の難しいシーンでは、実際に喜びや激しさを感じた」と振り返り、数々の名作に名を刻んできたベテラン女優が“本気で演じた”作品への想いを明かす。ベアトリーチェは喜怒哀楽の表現が激しく常に声を張り上げて周りに自分の存在をアピールする強烈なキャラクターだが、テデスキはそんな役柄について「正しい人間でもないし、行儀も良くない。粗野な役だからこそ女優として不作法でないことが大事なの。演じていて楽しいわ」とほほ笑む。

ミカエラ・ラマッツォッティ コメント

一方、ソフィア・ローレンを継ぐ女優と言われ、イタリア映画記者組合が選出する銀のリボン賞で3度にわたり主演女優賞を受賞しているミカエラ・ラマッツォッティも同様に「ドナテッラのような悲痛な役を演じたかった。すべてに恐怖を感じる人物を受け入れたかった」と役柄への強い思い入れを語る。共に心に問題を抱えた者同士でありながら助け合い、“病を治したい”という希望を見出していく姿は感動を呼び起こす。

女性の友情が描かれていながら実は作中で“友達”というワードはほぼ皆無だ。一度だけ出てくる場面もベアリーチェによるその場しのぎのようなニュアンスで、逃避行中に相手を罵倒しながら大喧嘩をするなど、友達とは程遠いように見える二人。初めから意気投合していたわけではない真逆の相手だからこそ一人では出来なかった逃避行が実現し、現実と向き合う二人の旅路の中で絆が深まっていく。そこで生まれた友情は、まったく予想のできない未来を見せてくれるので、観客は二人の逃避行の行方を最後まで見守りたくなるだろう。予定調和的なお涙ちょうだいのドラマではなく、生きることの喜びや悲しみ、堪えがたいほどの痛みもまっすぐに見すえつつ、破天荒なユーモアやサプライズを随所に織り交ぜたヴィルズィ監督の手腕に唸ること間違いなしだ。

<STORY>陽光まぶしいトスカーナの診療所から自由を求めて脱走を図った虚言癖がある自称伯爵夫人ベアトリーチェと全身タトゥーだらけのドナテッラ。それぞれ心に傷を負いながらも、旅を続けていく中で、いつしか掛け替えのない絆でむすばれていく――。

監督:パオロ・ヴィルズィ(「人間の値打ち」)
出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ミカエラ・ラマッツォッティ、ヴァレンティーナ・カルネルッティ、トンマーゾ・ラーニョ、ボブ・メシーニ、セルジョ・アルベッリ
2016年/イタリア=フランス/イタリア語/116分/カラー/シネスコ/原題:La Pazza Gioia 英題:Like Crazy
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館
提供:ミッドシップ、朝日新聞社
配給:ミッドシップ
宣伝:テレザ、ポイント・セット

映画『歓びのトスカーナ』は、7/8(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー。

ピックアップ記事

  1. 映画『名探偵コナン ゼロの執行人』10/19[金] より、3週間限定”リミテッド…
  2. 『新感染ファイナル・エクスプレス』中村悠一ほか、豪華声優陣による、日本語吹替版予…
  3. 《Amazon》『東京アリス』4話の場面写真、キャラクタービジュアル11種が解禁…
  4. 映画「ラ・ラ・ランド」ポスタービジュアル解禁!
  5. 映画『トリガール!』実は”六・角・関・係”の恋愛映画だっ…

関連記事

  1. 登場人物のような美しい涙を流せますように…そう願ってやまない映画「ハッシュパピー~バスタブ島の少女~」
  2. 映画『アトミック・ブロンド』純白の大胆衣装でシャーリーズ・セロン降臨

    アクション

    映画『アトミック・ブロンド』純白の大胆衣装でシャーリーズ・セロン降臨

    本作の舞台となったベルリンにて行われて『アトミック・ブロンド』ワールド…

  3. アクション

    『アメリカン・アサシン』主人公像に迫るインタビュー特別映像!!

    時代は筋肉モリモリから細マッチョへ!スピードと強烈さと俊敏性を兼ね備え…

  4. 第13 回ラテンビート映画祭、米国アカデミー賞名誉賞作品をはじめとした上映タイトルを公開!

    告知

    第13 回ラテンビート映画祭、米国アカデミー賞名誉賞作品をはじめとした上映タイトルを公開!

    新宿、大阪、横浜の3都市にて開催!スペインやラテンアメリカ各国の最新映…

  5. アクション

    映画「ナーヴ」音楽や独自のカメラワークが楽しめる新感覚のエンターテイメント・ムービー!

    『パラノーマル・アクティビティ』の監督に加え『ハンガー・ゲーム』の生み…

  6. 洋画

    11/11(土)より公開 映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』俳優ヴァンサン・ランドンの驚くべき…

    フランスNo.1演技派俳優 ヴァンサン・ランドン心身共に彫刻家になりき…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. サスペンス

    『ウォーデン 消えた死刑囚』忽然と姿を消した囚人の行方は?……イラン発のミステリ…
  2. アクション

    『アメリカン・アサシン』主人公像に迫るインタビュー特別映像!!
  3. ホラー

    『ドクター・スリープ』レビュー!
  4. ホラー

    『新感染ファイナル・エクスプレス』日本初3面スクリーンで「新感染」を楽しもう! …
  5. 日本での興行は苦戦した映画「ヘルボーイ」

    アクション

    日本での興行は苦戦した映画「ヘルボーイ」レビュー
PAGE TOP