アクション

映画『ザ・ウォール』観る者をスクリーンに引きずり込む超体感型映画が、ついに日本上陸!

『ボーン・アイデンティティ』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・リーマン監督の最新作!

次世代スターの筆頭アーロン・テイラー=ジョンソンが主演をつとめる映画『THE WALL』(原題)の邦題が『ザ・ウォール』に決定し、9月1日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開されることが決定!

本作はイラク戦争時に実在し、37人のアメリカ兵を殺害したイラク最恐のスナイパー“ジューバ”に狙われた主人公が、極限の頭脳戦(ルビ:ゲーム)に挑む様を描いたサバイバル・スリラー。ジューバは当時アメリカ軍兵士を次々と狙撃する動画をインターネットに投稿し、その過激性が注目を集め欧米諸国を震撼させた。イラクでは若者たちからヒーローとして崇められるほど伝説的存在であったが、その後の行方は今もわからず、ISISに殺害されたとの噂もあるが遺体は見つかっていない。謎多き最恐のスナイパー<ジューバ>の狂気と緊迫感溢れる展開で、観る者をスクリーンに引きずり込む超体感型映画が、ついに日本上陸!

メガホンを取るのは『ボーン』シリーズの仕掛人として名を馳せ、『Mr.&Mrs.スミス』や『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でのアクション・ディレクティングが高評価を得ている名匠ダグ・リーマン。2017年にはトム・クルーズと再びタッグを組んだ『American made(原題)』がアメリカ公開を控えるなど、その勢いは留まるところを知らない。主人公アイザックを演じるのは『キック・アス』の主演で注目を集め、その後『GOZZILA/ゴジラ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』など話題作への出演が続く若手注目株のアーロン・テイラー=ジョンソン。今年9月に公開となる『Nocturnal Animals(原題)』ではゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。本作では最恐のスナイパーに狙われ翻弄される主人公を演じ、高評価を得ている。

また、本作の脚本はまだ映画化されていない良質な脚本をハリウッドの重役たちか毎年選出する、“ハリウッド ザ・ブラックリスト”に選出された1本。近年では『スラムドッグ$ミリオネア』や『アルゴ』、『セッション』、『スポットライト 世紀のスクープ』など、ブラックリスト選出脚本の映画化作品でアカデミー賞を受賞した作品は数知れない。本作もそれらに追随する1本である。

<STORY>2007年、アメリカ兵のスナイパーであるアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、イラクの荒廃した村で瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を狙っていた。しかし5時間経っても動きがない。マシューズが様子を見に壁に近づくと、想定外の場所から銃撃に遭い倒れる。援護に向かったアイザックも撃たれ、壁の背後に命からがら逃げ込む。身動きの取れなくなったアイザックの無線に、謎の男からの声がかかる。「仲間だ。すぐに助けに行くから、名前とIDを言え。」男のかすかな訛りを聞き分けたアイザックは、男の正体を確かめようとするのだが…。

監督:ダグ・リーマン 脚本:ドウェイン・ウォーレル(『デンジャー・コール』)
キャスト:アーロン・テイラー=ジョンソン(『キック・アス』『GOZZILA/ゴジラ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』)

9月1日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開

ピックアップ記事

  1. 【Amazonプライム・ビデオ】世界の200以上の国・地域で視聴可能になる!
  2. 次世代を担う美人女優達の華麗で危険な場面写真が解禁!映画「ネオン・デーモン」
  3. 映画『A GHOST STORY』本予告映像解禁
  4. Hulu『漫画みたいにいかない。』キャスト発表!
  5. 『夜明けの祈り』8月5日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開が決定

関連記事

  1. アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
  2. ファンタジー

    映画『A GHOST STORY』本予告映像解禁

    アカデミー賞俳優のケイシー・アフレック×人気実力派女優ルーニー・マーラ…

  3. サスペンス

    映画「パーソナル・ショッパー」小さな禁を犯した時、彼女の人生は一変する

    女優はコワい多忙なセレブリティのため、服やアクセサリーの購入を…

  4. サスペンス

    『クリミナル・タウン』予告編&ポスタービジュアル

    大ヒット映画『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートが事件の真実…

  5. マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」

    SF

    マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」レビュー

    (2011年 監:ケネス・ブラナー 出:クリス・ヘムズワース、…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」ポスタービジュアル解禁!
  2. 告知

    2017年を代表する話題作「ラ・ラ・ランド」待望のBlu-ray&DVDがついに…
  3. 感動

    映画『英国総督 最後の家』二つの国が生まれる時―英国領インド最後の6か月、真実の…
  4. 告知

    【イベント告知】第14回ラテンビート映画祭( LATIN BEAT FILM F…
  5. コメディ

    『劇場版 おいしい給食 Final Battle』学校給食に情熱を燃やすモノノフ…
PAGE TOP