アクション

映画『ザ・コンサルタント』描写の積み重ねが生む実在感

大企業を隠れ蓑に暗躍する黒幕の正体とは……?

クリスチャン・ウルフは、田舎町の小さな会計事務所に勤める会計士。だが彼には、闇社会に潜んで犯罪組織の資金洗浄を受け持つ「もう一つの顔」があった。ある時、大手ロボット開発会社の監査を依頼されたウルフは莫大な使途不明金の存在に気付くが、上層部からの圧力で調査は打ち切りに。やがて関係者の不審死が相次ぐようになり、ウルフの周囲にも、彼の口封じを狙う暗殺者の影がちらつき始める。次々に襲いかかってくる刺客たちを、しかし圧倒的な戦闘スキルで返り討ちにしていくウルフ。彼は一体何者なのか、そして大企業を隠れ蓑に暗躍する黒幕の正体とは……?

 『ゴーン・ガール』(14年)におけるボンクラ亭主役が絶賛され、DCシネマティック・ユニバースではバットマン=ブルース・ウェインに配役されたベン・アフレックが、『ウォーリアー』(11年)のギャヴィン・オコナー監督と組んだサスペンス・アクション。近年では監督としても高い評価を受けているアフレック、今となっては、ジェニファー・ロペスとの誰得ゴシップで芸能ニュースを賑わせていたのも笑える思い出である。盟友マット・デイモンは『ジェイソン・ボーン』シリーズ(02年~)でキャリアを一変させるアクション・ヒーロー役を射止めたが、本作の主人公クリスチャン・ウルフも、記憶喪失の元CIA工作員に負けないほどユニークで魅力的なキャラクターとなっている。

 これを言わねば始まらないので書いてしまうと、実はウルフは高機能自閉症。社交性に難があり、言葉のあやを捉えたり、場の雰囲気を読んだりすることが大の苦手である。一方でパズルや数字には滅法強く、常人なら脳がポタージュになってしまうような複雑な金の流れもあっという間に解き明かす。加えて近接格闘術や銃器の扱いにも長けており、たかが会計士とナメきってかかってくる敵を一分一厘のムダも無く瞬殺。これで超適切な節税アドバイスまでしてくれるのだから、頼もしいこと山の如し。こんな人が身近にいたなら、是非ともSNSの友達リストに加えたい。

 物語が始まって間もなく分かることだが、傍目には「普通に」流れているように見えるウルフの日常は、彼が己に課した血の滲むような鍛錬と、その反復によって辛うじて成立しているものだ。軍人だった父親に「飴よりもムチ」のスパルタ教育を受けた彼は、パニック発作が起こりそうになれば伝承童謡を口ずさんで衝動を抑え、強い光や大きな音の中に敢えて身を置くことで過敏な感覚の許容範囲を広げようとする。仕事を終えて帰宅すると、ストロボ・ライトが明滅する室内でザ・ケミスツの“Stompbox”を爆音再生しながら、麺棒みたいなスティックで脛をゴーリゴリ……いくらなんでも漫画チック過ぎるって?そうかもしれない。しかし、不得手を努力と工夫でカバーしようとする描写の積み重ねが、このスーパーマンのような(いや、バットマンか)男に奇妙な実在感を与えているのもまた事実である。当然ながら、脚本執筆や役作りの段階では、自閉スペクトラム症に関する綿密なリサーチが行われたのだとか。娯楽映画としてのフォームを崩さぬよう思い切ったアレンジが施されてはいるものの、地道な下調べはちゃんと良い効果を生み出しているのだ。ドンパチ&格闘満載のアクション映画と割り切ったうえで観てみても十分楽しめるが、実際に高機能自閉症の子どもを育てている親御さんのブログや学術書などを前もって読んでおけば、ウルフの言動や、一見何気なく配置されている小道具に込められた意味などを、より深く理解することができるかもしれない。

 最後に、劇中で精神科医が口にした台詞をザックリと引用しておこう。「(自閉症の子どもたちの)可能性は未知数です。でも私たちが期待することを止めたら、そこで道は閉ざされてしまう。もしかしたら彼らは、自らの能力を発揮する方法を知らないだけかも。あるいは……我々が聞く力を持っていないのかも」……人生の色々な場面で応用が利きそうな、心に留め置くべき至言ではあるまいか。

監督:ギャヴィン・オコナー
出演:ベン・アフレック、アナ・ケンドリック

ピックアップ記事

  1. 《動画あり》「ラ・ラ・ランド」監督&ライアン・ゴズリング来日記者会見動…
  2. 映画『嘘八百』中井貴一&佐々木蔵之介 W主演 “幻”の利休の茶器で一攫千金!?…
  3. 映画「ネオン・デーモン」16歳のエル・ファニング、劇中で変化を遂げる禁断写真
  4. 《Amazon》『東京アリス』5話のあらすじと場面写真を公開!
  5. 映画「ネオン・デーモン」が日本公開決定!予告&ポスターを解禁

関連記事

  1. 本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」

    ホラー

    本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」レビュー

    (2007年 監:フランク・ダラボン 出:トーマス・ジェーン、…

  2. ホラー

    『ハロウィン』レビュー!

    https://youtu.be/GeTY9th0FqA…

  3. アニメ

    戦争で奪われる日常を追体験させられるような映画「この世界の片隅に」レビュー

    (2016年 監:片渕須直 声:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身…

  4. オリジナルストーリーで、どこまでも「人を活かす」映像作家・西川監督の映画「永い言い訳」
  5. アクション

    映画「猫忍」猫侍製作チームが再び贈る、新たな痛快癒し活劇

    こじらせ忍者とオヤジ猫!仰天コラボで織りなす、笑いと癒しのモフモフ時代…

  6. 洋画

    映画『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』×シャンソン歌手“クミコ”が運命のコラボ!

    11月17日(土) Bunkamuraル・シネマにて映画公開記念 トー…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

配給会社オフィシャルレポート

  1. 告知

    奇才オークラ!初監督ドラマ『漫画みたいにいかない。』この秋Huluで独占配信決定…
  2. ファンタジー

    『クロウ/飛翔伝説』レビュー
  3. コメディ

    中井貴一×佐々木蔵之介『嘘八百』の追加キャスト発表&予告映像解禁!!
  4. ファミリー

    【ラ・ラ・ランド】全国27館で決定! 世界で最も臨場感のある映画体験をIMAX(…
  5. コメディ

    映画『JKニンジャガールズ』バトルシーンの写真公開!
PAGE TOP