告知

映画『ブランカとギター弾き』予告編&ティザービジュアル解禁

日本人として初めて、ヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭の出資を得て製作された長谷井宏紀の第一回監督作品、『ブランカとギター弾き』がシネスイッチ銀座ほかにて今夏全国順次ロードショーされます。

この度、本作の予告編が解禁。主人公の孤児の少女ブランカが路上で盲目のギター弾きピーターと出会い、ピーターはブランカに歌うことを教えます。歌の才能を開花させたブランカは、お母さんを買うために、歌を歌ってお金を稼ぐことを思いつく。ブランカは無事にお母さんを買うことができるのか、また、歌うことを通して絆を深めたブランカとピーターの二人が辿る運命とは―

巨匠エミール・クストリッツァに認められ、世界中を旅しながら、写真家としても活動してきた長谷井監督が捉えた、カラフルでエネルギーにあふれたマニラのスラムとそこに住む人々の生き生きとしたエネルギーの映像は必見です。

また、今回の予告編では、既に本編を鑑賞し、「ブランカという少女の辿り着いた一つの愛の形に涙が止まらなかった。」と大絶賛を寄せている浅野忠信がナレーションを担当。監督の長谷井とは、浅野主演の『モンゴル』(2007年のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート)、NHK土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」で長谷井がスチール撮影を担当したことから親交がある浅野は、今回の予告編についても「予告編だけでも泣けてきちゃうよね。少しでも早く多くの人に見て欲しい。」とコメント。本作の公開にも期待を寄せています。

映画『ブランカとギター弾き』予告編&ティザービジュアル解禁01

そして、同時に解禁されたティザービジュアルはブランカとブランカの肩を抱きギターを手に持つピーターの後ろ姿が映し出され心あたたまるふたりの関係性とスラムを表す瑞々しく明るい雰囲気となっています。

映画『ブランカとギター弾き』予告編&ティザービジュアル解禁02

出演者の殆どは長谷井監督が路上でキャスティング。1000万超えの再生回数を誇りyoutubeの歌姫として国内外で人気を集めていた主演のサイデル・ガブテロは、演技初挑戦ながらその美しい歌声と演技力で世界中の映画祭で話題をさらっています。

シネスイッチ銀座ほかにて今夏全国順次ロードショー

ピックアップ記事

  1. 『アイネクライネナハトムジーク』上海国際映画祭出品決定に今泉監督コメント
  2. 11/11(土)より公開 映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』俳優ヴァンサン…
  3. ファン待望!「BLAME!」in デンマーク ヴィボー・アニメーションフェスティ…
  4. 【Amazonプライム・ビデオ】男1:女25の恋愛番組「バチェラー・ジャパン」独…
  5. Amazonオリジナルドラマ『東京アリス』のメイキング特別映像を解禁!

関連記事

  1. 告知

    映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』公開決定&ポスタービジュアル解禁

    世界中が感動したベストセラー小説「ボブという名のストリート・キャット」…

  2. アクション

    映画「ナーヴ」音楽や独自のカメラワークが楽しめる新感覚のエンターテイメント・ムービー!

    『パラノーマル・アクティビティ』の監督に加え『ハンガー・ゲーム』の生み…

  3. コメディ

    【インタビュー映像あり】『サバービコン 仮面を被った街』 微笑みのウラにはワケがある!?人間不信エン…

    ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本最新作『サバ…

  4. ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」

    SF

    ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」レビュー

    (2005年 監:スティーヴン・スピルバーグ 出:トム・クルー…

  5. 映画レビュー

    映画『ハクソー・リッジ』信念を貫く勇気

    メル・ギブソン監督が10年の沈黙を破って放つ戦争巨編『ハクソー・リッジ…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」ミニシアターランキング堂々の1位!快調なスタートを記録!…
  2. コメディ

    映画『JKニンジャガールズ』バトルシーンの写真公開!
  3. アクション

    4月12日公開『多十郎殉愛記』“日本映画界のレジェンド”中島貞夫、20年ぶりの監…
  4. 映画『ウィンター・ドリーム ~氷の黙示録~』本編映像

    SF

    映画『ウィンター・ドリーム ~氷の黙示録~』本編映像
  5. ドキュメンタリー

    『オンリー・ザ・ブレイブ』 『バックドラフト』を凌ぐ迫力と情熱!世界が泣いた感動…
PAGE TOP