映画レビュー

映画「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」伝統は進化する

彼らにとっての伝統とは、温室の中で後生大事に保管されるものではなく、時代と共に進化しながら新鮮な輝きを放ち続ける存在なのである。

ヨーヨー・マ……クラシック音楽に関しては全くの無知、チェロとコントラバスを即座に見分けることすら怪しい筆者でも、この世界的チェリストの名前ぐらいは聞いたことがある。映画絡みで頭に浮かぶのは、『スクール・オブ・ロック』(03年)のニセ教師ジャック・ブラックが語っていた思い出話(「僕の代わりに、ヨーヨー・マのいとこが縁故採用されたのさ」というトンデモな与太!)や、武侠映画『グリーン・デスティニー』(00年)で彼とコラボレートした作曲家タン・ドゥンが、第73回アカデミー賞において作曲賞を獲得したことなど(最有力候補だった『グラディエーター』のハンス・ジマー、会場トイレで泣き濡れたに違いない)。本作は、そんな有名人の名を冠したドキュメンタリー映画ではあるものの、「重要文化財の仏像だけが目玉」みたいな廃れ寺的作品とは違う。それぞれ全く異なるバックグラウンドを持ったミュージシャンたちが寄り集まり、演奏し、異文化に触れることでアイデンティティを確立していく、いわば音楽版『アベンジャーズ』(12年)みたいなものだ。

 ヨーヨー・マの呼びかけで結成された多国籍音楽家集団“シルクロード・アンサンブル”の顔ぶれは実に多彩、そして多才である。彼等の「音楽かくあるべし」という既成概念にとらわれない開放的な演奏はしかし、順風満帆なバラ色キャリアの中で育まれてきたものとは限らない。ワケあって故国から逃れてきた者、「伝統音楽を堕落させた」という謂れ無き非難と戦う者、政府による芸術の取り締まりで、演奏行為そのものを制限されてしまった者……皆、それぞれの人生で己の非力を痛感し、存在意義について自問し続けながら、それでも音楽が持つ可能性を信じて試行錯誤を繰り返す。彼らにとっての伝統とは、温室の中で後生大事に保管されるものではなく、時代と共に進化しながら新鮮な輝きを放ち続ける存在なのである。

映画「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」~伝統は進化する~

 独自の演奏スタイルを持ちながら決してそれに凝り固まることなく、外からの刺激と内なる葛藤を糧に成長していくアーティストたち。作中で危機感をもって語られる「革新が無くなったとき、伝統は死んでしまう」という言葉に、彼等は音楽という共通言語で立ち向かい、演奏することで理想を体現しようとしているのだ。そんな人々がアンサンブルで織り成す音楽は、だからこそ色彩豊かで伸びがある。日頃から聴き慣れたポピュラー音楽なんかとは全く異質であるはずの旋律が妙に耳に馴染むのも、そこに共鳴を呼び起こす「何か」が宿っているからこその現象だろう。

「“夢”を音楽でどう表現する?(作品の主調色である)“赤”はどうだろう?」……火星を舞台にしたSF映画『トータル・リコール』(90年)のメイキング映像で、作曲家ジェリー・ゴールドスミスがそんなことを語っていた。言語化が困難、あるいは不可能なニュアンスを如何にして楽曲に練り込み、聴衆に伝えるか?音楽を作る人であれば、幾度となくぶつかるはずの難題だ。絶対的な正答など無いし、多大な時間と労力をつぎ込んだところで、納得のいく結果が得られる保証も無い。だが、不定形で漠然とした世界だからこそ、そこかしこに「お宝」が漂っている可能性もまた無限大。飽くなき探求を続ける“シルクロード”メンバーのような人たちがいる限り、音楽界の宝探しはいつまでも終わらないことだろう。

監督:モーガン・ネヴィル
出演:ヨーヨー・マ、ケイハン・カルホール

ピックアップ記事

  1. 「Prime Music」にてビクターエンタテインメントとフォーライフミュージッ…
  2. BLAME!×全国の有名ラーメン店8店舗がコラボレーション
  3. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』2018年1月24日[水] Blu-ray&…
  4. 1/6(金)公開の映画「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」刺激的でクセ…
  5. 映画『ちいさな独裁者』『RED/レッド』の監督が挑む最新作は、尋常ならざる実話の…

関連記事

  1. 中島らも氏による短編集の実写映画「お父さんのバックドロップ」

    ファミリー

    中島らも氏による短編集の実写映画「お父さんのバックドロップ」レビュー

    (2004年 監:李闘士男 出:宇梶剛士、神木隆之介、南果歩、…

  2. サスペンス

    衝撃と笑撃のつるべ打ちホラー映画「ドリームキャッチャー」レビュー

    (2003年 監:ローレンス・カスダン 出:モーガン・フリーマ…

  3. マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」

    SF

    マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」レビュー

    (2011年 監:ケネス・ブラナー 出:クリス・ヘムズワース、…

  4. タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」

    SF

    タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」レビュー

    (2000年 監:グレゴリー・ホブリット 出:ジム・カヴィーゼ…

  5. 山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」

    映画レビュー

    山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」レビュー

    (2002年 監:山田洋次 出:真田広之、宮沢りえ、田中泯、吹…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. お笑い

    映画『嘘八百』中井貴一&佐々木蔵之介 W主演 “幻”の利休の茶器で一攫千金!?…
  2. 告知

    T&G、新規事業「T&G Films 」をスタート“ショート…
  3. アクション

    最大級の内輪揉め「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」レビュー
  4. ファミリー

    『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』橋爪功・西村まさ彦・妻夫木聡登壇!奥さま感…
  5. 告知

    【Amazonプライム・ビデオ】世界の200以上の国・地域で視聴可能になる!
PAGE TOP