ドラマ

ドラマ『コードネームミラージュ』主演・桐山漣ついにクランクアップ!!

現代社会の闇をリアルに描いたハードボイルド・アクション・ドラマ「コードネームミラージュ」(テレビ東京系列で毎週金曜深夜1:23より放送中)。その撮影が関東某所で行われ、主人公・ミラージュ役の桐山漣が8月31日(木)未明をもってオールアップを迎えた。

『サクラ大戦シリーズ』『魔神英雄伝ワタルシリーズ』などを手掛けたマルチクリエイター広井王子の原作による完全オリジナル作品である本作は、桐山漣演じる主人公ミラージュによる美しく寡黙で容赦なく敵を抹殺するそのアクションが、これまでの日本のアクションのレベルをはるかに超え、観るものを魅了し続けている。記録上、この世に存在しないエージェントたちで組織されている警察内特殊部隊「K13」が、政治的、社会的に表だって解決することのできない犯罪を解決していく様を描くと共に、その裏で蠢く巨大な陰謀が明らかになっていく。

この日は、物語のクライマックス部分を撮影。細部にまでこだわり長期間に亘るハードな撮影にもかかわらず、疲れを見せず座長として真摯に取り込む桐山の姿に、周囲も動かされ、最後の最後まで張り詰めた緊張感が漂よっていた。撮影現場には原作者の広井も駆けつけ、最後の演技を見守る。やがて、桐山の撮影部分がすべて終了すると、スタッフによる拍手が深夜に鳴り響く。そして、監督が桐山のもとに歩み寄り花束を渡すと、二人は熱き抱擁を交わした。

その後、再びスタッフからの拍手が鳴り響く中、桐山は晴れやかな笑顔で「クランクインの時は雪がちらつく1月で、あれから8か月間、本当に濃密な時間を過ごせました」とコメントし、スタッフの笑いを誘いながらも、「キャストも作り手の皆さんも、本当に作品への愛がありました」と感極まって涙を流すシーンも。さらに「もし続編などがある様であれば、是非同じメンバーでまたやらせていただきたいです。本日まで本当にありがとうございました」と頭を下げると、スタッフからは「お疲れさま!」というねぎらいの言葉と共に大きな拍手。最後まで美しく寡黙なミラージュとして駆け抜けた桐山の労をねぎらった。

怒涛のクライマックスが繰り広げられている「コードネームミラージュ」だが、今夜放送回から毎話、予想をはるかに裏切る衝撃の展開が待ち受けているという。その第22話「壊れル」の内容であるが、共進党代表・正木が警察権拡大法案に反対する意向を表明。同時に、SNS上では正木に対する複数のテロ予告が投稿される。正木はテロに屈しない姿勢がより支持率を上げると豪語し、集会を決行する。K13の調査の結果、元自衛官・尾形匠という男がテロリストの疑いで浮上する。ドブネズミは尾形と接触を試みるが…・・・というもの。

スタイリッシュでハイパー、かつフィジカルなタッチが、スリルを渇望するアクションファンをさらに未体験ゾーンへと引き込んでいく。果たして、悪行の到達点は?ミラージュ、そして「K-13」の精鋭たちに振りかかる最大の試練と衝撃の事実とは!!そして予想だにしないクライマックスとは1?一話も見逃せない!!「コードネームミラージュ」は深夜1時23分よりテレビ東京系列にて放送中。

<STORY>表立った諜報機関が存在しない為、社会に蔓延る凶悪犯罪に脅かされる日本において、凶悪犯罪集団に立ち向かうべく、秘密裏に警察庁内に組織された部隊「K13」。その活動はごく限られて人間たちにしか知られておらず、メンバー達は記録上では、この世に存在しない。「コードネーム:ミラージュ」と呼ばれるトップエージェントを筆頭に、凶悪犯罪や、政治的・社会的に表立って解決することのできない犯罪も、秘密裏に処理する使命を背負わされていた。そんな中、アメリカの「FBI」のような、日本の警察組織の徹底強化を目的とした「警察権拡大法案」の成立を目論む、巨大な陰謀に「K13」は巻き込まれていくー。

出演:桐山漣 要潤 佐野ひなこ 駿河太郎 祐真キキ 武田真治 萩原聖人 石丸謙二郎 / 朴璐美(声の出演)
企画:東北新社 原作:広井王子
脚本:江良至、鴨義信、保坂大輔
監督:山口雄大、渋谷和行、辻本貴則、原桂之介、金子功
制作:東北新社、オムニバス・ジャパン
©2017広井王子/「コードネームミラージュ」製作委員会

深夜1時23分よりテレビ東京系列、スターチャンネル、ファミリー劇場にて絶賛放送中!

ピックアップ記事

  1. 映画「ネオン・デーモン」ミニシアターランキング堂々の1位!快調なスタートを記録!…
  2. 【Amazonプライム・ビデオ】世界の200以上の国・地域で視聴可能になる!
  3. 野性爆弾・千原ジュニアによるオリジナル企画 新しいバラエティシリーズ2作…
  4. 旅人・石塚英彦が銘酒を巡る『石ちゃんのSAKE旅』Amazonプライム・ビデオに…
  5. 第13 回ラテンビート映画祭、米国アカデミー賞名誉賞作品をはじめとした上映タイト…

関連記事

  1. SF

    映画『ザ・サークル』エマ・ワトソンがSNSで24時間をシェアし続ける!本ポスター&本予告解禁!

    ジェームズ・ポンソルト監督の初来日も決定!エマ・ワトソンの『美…

  2. 告知

    映画『夜明けの祈り』フランス映画祭2017のエールフランス観客賞受賞!

    今年で25回の節目を迎えたフランス映画祭6月22日(木)〜25…

  3. ドラマ

    《Amazon》『東京アリス』6話のあらすじと場面写真を公開!

    奥薗(大谷亮平)がふう(山本美月)への告白を撤回!?みずほ(トリン…

  4. アクション

    映画「ナーヴ」音楽や独自のカメラワークが楽しめる新感覚のエンターテイメント・ムービー!

    『パラノーマル・アクティビティ』の監督に加え『ハンガー・ゲーム』の生み…

  5. 登場人物のような美しい涙を流せますように…そう願ってやまない映画「ハッシュパピー~バスタブ島の少女~」
  6. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督& ライアン・ゴズリング来日決定!!

    いま最もアカデミー賞に近い世界が注目する二人が来日!米国時間1…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. オフィシャルレポート

    「みんなの笑顔で『トリガール!』飛びます!」初日舞台挨拶の模様をレポート!
  2. SF

    映画『ウィンター・ドリーム ~氷の黙示録~』絶対零度の世界 強い者が生き残る!…
  3. アニメ

    映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』マシュー・マコノヒー初のアフレコ映像解…
  4. ファミリー

    映画『ルージュの手紙』失われた時間を埋めていく二人。
  5. アクション

    映画『リベンジ・リスト』『ドッグ・イート・ドッグ』同日公開記念!
PAGE TOP