映画レビュー

映画レビュー

  1. 本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」

    本作は劇物です。公開当時R-15指定を受けた映画「ミスト」レビュー

    (2007年 監:フランク・ダラボン 出:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン)全ては「愛ゆえに」「愛ゆえに、人は苦しまねばなら…

  2. 予想外の人物が物凄く神髄を突いたことを言い放つところが面白い映画「バックマン家の人々」

    予想外の人物が物凄く神髄を突いたことを言い放つところが面白い映画「バックマン家の人々」レビュー

    (1988年 監:ロン・ハワード 出:スティーヴ・マーティン、ダイアン・ウィースト)子育てにエンドゾーンは無し主人公のギルは、幼い頃父親…

  3. 山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」

    山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」レビュー

    (2002年 監:山田洋次 出:真田広之、宮沢りえ、田中泯、吹越満、小林稔侍、深浦加奈子)堪え忍んだ果てに山田洋次監督による「藤沢周平三…

  4. 舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」

    舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」レビュー

    (2011年 監:ロマン・ポランスキー 出:ジョディ・フォスター、クリストフ・ヴァルツ)から騒ぎの向こう側トラブルが生じた時に、自分より…

  5. 炭坑労働者のブラスバンドと家族の悲喜交々を描いたヒューマン映画「ブラス!」

    炭坑労働者のブラスバンドと家族の悲喜交々を描いたヒューマン映画「ブラス!」レビュー

    (1996年 監:マーク・ハーマン 出:ピート・ポスルスウェイト、ユアン・マクレガー)威風堂々炭坑閉鎖の危機に揺れる町・グリムリーを舞台…

  6. 公開初週ではイマイチも、口コミによって好転していった映画「ヒックとドラゴン」

    公開初週ではイマイチも、口コミによって好転していった映画「ヒックとドラゴン」レビュー

    (2010年 監:クリス・サンダース&ディーン・デュボア 声:ジェイ・バルチェル)親の「剛」、子の「柔」ヒックはバイキングの族長・ストイ…

  7. ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」

    ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」レビュー

    (2006年 監:ポン・ジュノ 出:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、ペ・ドゥナ、コ・アソン)怪物VSオトボケ一家漢江の畔で売店を営むパク・…

  8. タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」

    タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」レビュー

    (2000年 監:グレゴリー・ホブリット 出:ジム・カヴィーゼル、デニス・クエイド)ファンタジーだけに許された「瞬間」30年前に殉職した…

  9. 親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」

    親子関係修復の依り代となるのは重量級のロボット映画「リアル・スティール」レビュー

    (2011年 監:ショーン・レヴィ 出:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ)伝統+最新技術のハイブリッド人間同士の格闘技はすっかり廃れ、…

  10. 二つの家族の交流を描くヒューマン映画「そして父になる」

    二つの家族の交流を描くヒューマン映画「そして父になる」レビュー

    (2013年 監:是枝裕和 出:福山雅治、尾野真千子、リリー・フランキー、真木よう子)血の繋がりか、共に過ごした時間か。新生児取り違え事…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 告知

    映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』ロダン没後100年記念作
  2. 洋画

    女優アン・ハサウェイ主演の最新作映画『COLOSSAL』の邦題が『シンクロナイズ…
  3. 邦画

    映画『アイネクライネナハトムジーク』豪華第2弾キャスト発表!
  4. ファミリー

    映画「家族はつらいよ2」監督・キャストのメイキング写真が解禁
  5. 恋愛

    12/16(土)公開 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』back numberが…
PAGE TOP