ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」

SF

ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」レビュー

(2005年 監:スティーヴン・スピルバーグ 出:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング)

父性の復権

もうかれこれ三十年近く、ハリウッドのトップスターの座に君臨し続けるトム・クルーズ。筆者も彼のファンで、新作が公開される度にワクワクしながら劇場へ向かってしまうクチなのであるが、この作品ほどトムが心許なく見える映画もそうそう無いだろう。

別れた妻から子供を預けられたものの、マセた娘とのコミュニケーションはギクシャク、思春期息子は鉄壁の反抗期。挙げ句、最悪のタイミングで始まったエイリアンの地球侵略。

反撃どころか逃げるだけで精一杯、暴徒にはタコ殴りにされ、フェリーに乗れば転覆して死にかける。劇中、何度も大写しになる四面楚歌トムのオロオロ顔は、これまで彼が演じてきた頼れるヒーローの表情とはあまりに対照的だ(例外といえば、同じく状況に振り回されるばかりの夫を演じた『アイズ・ワイド・シャット』ぐらいか)。

本作はタイトル通りのド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな物語でもある。つまり、一度は父親という立場からドロップアウトした男が、極限状況の中で復権を目指すという家族再生譚だ。その意味でも「等身大のおとーさん」というイメージからは最も遠い部類のスター=トム・クルーズをあえてキャスティングしたあたりが心憎い。

序盤での主人公の空回りっぷりには思わず顔がほころぶが(筆者が本作を鑑賞した劇場では、緊迫したシーンでのトムの演技にしばしば引き攣った笑い声が起こっていた)、物語が進むにつれ、そのブキッチョ加減にシンクロし、感情移入し、応援してしまう。不安がる娘に子守唄をせがまれた主人公が、涙を堪えながらビーチ・ボーイズのナンバーを口ずさむ場面は何とも切ない。

己の非力さを思い知らされ、それでも持てる力を振り絞って大切な存在を守ろうとする一人の男。宇宙人襲来というファンタジーの体裁をとりつつ、その実、この上なく普遍的な親子ドラマなのだ。

ピックアップ記事

  1. 映画「ネオン・デーモン」緊迫のオーディションシーンが解禁!ライバル同士が意地とプ…
  2. 【ラ・ラ・ランド】全国27館で決定! 世界で最も臨場感のある映画体験をIMAX(…
  3. 【ラ・ラ・ランド】二人で合計100回の衣装チェンジ!色彩豊かな衣装 場面写真一挙…
  4. 2018年2月公開 イ・ビョンホン主演『エターナル』ポスタービジュアル&予告編解…
  5. 映画『ルージュの手紙』正反対の親子が育んだ絆を表すポスタービジュアルが解禁

関連記事

  1. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督& ライアン・ゴズリング来日決定!!

    いま最もアカデミー賞に近い世界が注目する二人が来日!米国時間1…

  2. ドラマ

    4月5日公開『Be With You~いま、会いにゆきます』日本のベストセラー小説を韓国で再映像化!…

    市川拓司のベストセラー小説を韓国で再映像化!本国大ヒットの話題作を…

  3. ホラー

    映画『クリーピー 偽りの隣人』KUROSAWAシネマティック・ユニバース

    西島秀俊主演の映画『クリーピー 偽りの隣人』をレビュー…

  4. 人間いつか死ぬ。この難題にヒントを投げ掛けてくる厳しく優しい映画「お父さんと伊藤さん」
  5. SF

    映画『LOGAN/ローガン』旅の終わり

    ローガン最後の戦い西暦2029年。かつて世界のあちこちにいた特…

  6. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」観たもの全てが恋に落ちる極上のミュージカル・エンターテイメント

    エマ・ストーン演じるミアから学びたい!真っすぐで飾らない夢追い女子の魅…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 映画「永い言い訳」本木雅弘が役のままインタビュー?!豪華パンフレット情報!!

    告知

    映画「永い言い訳」本木雅弘が役のままインタビュー?!豪華パンフレット情報!!
  2. 告知

    T&G、新規事業「T&G Films 」をスタート“ショート…
  3. 告知

    映画「家族はつらいよ2」新キャスト、藤山扇治郎が山田洋次監督作品に初出演!
  4. 映画レビュー

    映画『残像』遺された告発
  5. SF

    映画『ターミネーター2 3D』「思い出補正」の懸念を粉砕した歴史的傑作
PAGE TOP