抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」

コメディ

抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」レビュー

(1993年 監:クリス・コロンバス 出:ロビン・ウィリアムズ、サリー・フィールド)

狂気と愛は紙一重

夫・ダニエルの奇行に悩まされ続けてきたインテリアデザイナーのミランダは、遂に離婚を決意。法廷争いの末に、三人の子供たちの養育権を手に入れた。仕事で家を空けることも多いため、家政婦募集の広告を新聞に掲載するミランダ。採用された老婦人のミセス・ダウトファイアーは子供たちともすぐに打ち解け、ミランダも心を許していくが、家政婦には隠された素顔があった。実はダウトファイアーの正体はダニエルで、ストーカー行為の隠れ蓑として、特殊メイクで女性に化けていたのだ……。

抱腹絶倒コメディ映画として名高い本作にはおよそ似つかわしくないあらすじに思えるであろうが、実際のところ、このまんまのお話だ。ミランダの視点から物語を描き直せば、中盤までは『サイコ』(60年)や『殺しのドレス』(80年)と同系のサスペンス・ホラー映画になるだろう。いや、現状のままでも結構コワい。どう見たって品の良さそうなおばあちゃまが、突然野太い声で悪態をついたり、真っ黒な毛ずねをチラリさせたり、立小便をかましたりするのだから。そもそも、ロビン・ウィリアムズという俳優の目つきは時々ものすごく酷薄そうな光を帯びていることがあり、熱演すればするほど、その光も輝きの度合いを増していく。彼のコメディ演技が、しばしば狂気と絡めて評されるのはその辺の理由もあるのだろう。

ダニエルの願いはただ一つ、子供たちのそばにいること。そのためには外見を変え、身分を詐称し、求人広告の文案に細工を加える。ミランダに「虫」が寄り付けば自分の居場所が無くなってしまうからと、新恋人(五代目ジェームズ・ボンド役に起用される以前のピアース・ブロスナン!)を半死半生の目に遭わせたりもする。もしもコメディ映画の敷地外に立たされたなら、笑っていられないほどキワドい所業の数々だが、一つの目標を達成するべく全力でコトに打ち込む人間の姿というのは、得てして常軌を逸しているように見えるものではなかろうか?最終的にはダニエルの強い想いが子供たちに通じたからこそ、全てが露呈した後も彼らは父親を求める。深い愛情と狂気とは、薄皮一枚で隣り合って存在するのだ。

ついでに日本語吹き替え版についても言及しておくと、『アラジン』(92年)でロビン・ウィリアムズの声色七変化&マシンガントークを見事に表現してみせた山寺宏一氏が、本作でもそのテクニックを余すところなく発揮している。コメディ映画、しかも話術で笑いを取るタイプの役者が主人公の作品でここまで原語版のテイストを再現できる声優さんはそうそういまい。

 本作は批評・興行ともに大成功をおさめ、続編制作も検討されていたらしいが、昨年の8月11日、主演俳優のウィリアムズが自ら命を絶ったことにより、その企画も幻となってしまった。ラストで聞こえる「バイバイ」の響きが、今はどこか物悲しい。

ピックアップ記事

  1. 2月9日(金)公開 映画『マンハント』ダイナミックなアクションシーンの裏側を公開…
  2. 映画「ネオン・デーモン」アルマーニをはじめとした特別限定コラボ企画が続々決定!
  3. 2月16日 (金)公開『エターナル』著名人コメント到着&新ポスタービジュアル解禁…
  4. 【予告編】『望郷』映画化決定!主演に貫地谷しほり・大東駿介
  5. 9月1日(金)公開の映画「ザ・ウォール」予告編とビジュアルが解禁!

関連記事

  1. アクション

    映画『アトミック・ブロンド』場面写真が公開

    10月20日(金)より日本公開予定の、映画「アトミック・ブロンド」から…

  2. SF

    映画『ザ・プレデター』レビュー!

    https://youtu.be/xJ4hpza5zPs…

  3. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」渡辺直美の妄想ダンスが炸裂するCM&メイキング解禁!

    デイミアン・チャゼル監督&主演のライアン・ゴズリング来日!テレビ出演情…

  4. SF

    『スタ・ウォーズ/最後のジェダイ』4DX上映決定!日本オリジナル!BB-8とR2-D2等身大スタンデ…

    『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』4DX上映決定!せっかく観…

  5. ホラー

    映画『死霊館のシスター』レビュー!

    『死霊館』シリーズの前日譚を描いた最新作https://y…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」

    SF

    タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」レ…
  2. ドキュメンタリー

    映画『タリ―と私の秘密の時間』育児あるある満載のママであれば誰しも共感間違いない…
  3. 洋画

    映画『歓びのトスカーナ』人生は悲しくて、でも愛おしい。
  4. ジョン・ウー監督のハリウッド進出第三作目となったアクション大作映画「フェイス/オフ」

    アクション

    ジョン・ウー監督のハリウッド進出第三作目となったアクション大作映画「フェイス/オ…
  5. ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」

    SF

    ド派手なスペクタクルがある一方、極めてミニマルな映画「宇宙戦争」レビュー
PAGE TOP