主人公に学習能力が無さすぎる映画「ペット・セメタリー」

ホラー

主人公に学習能力が無さすぎる映画「ペット・セメタリー」レビュー

(1989年 監:メアリー・ランバート 出:デイル・ミッドキフ、フレッド・グウィン)

Sometimes, dead is better.

家族と共にメイン州の片田舎へと引っ越してきたルイス・クリード。だが家の庭から延びる細道の先には、地元の子供たちによって造られた「ペット霊園」があり、その更に奥には、先住民が死者の埋葬に使っていた「禁断の土地」があった。そこに亡骸を埋葬すれば、死んだ者に新たな命が宿り、甦るというのだ。ただし生前の魂とは全く異質の「何か」によって操られる異形のモノとして。悲劇的な交通事故により幼い息子・ゲージが命を落とした時、ルイスの胸中にある恐ろしい考えが生まれる……。

中学生の頃、スティーヴン・キングの原作本にどハマリしていた中で、ビデオジャケットのおどろおどろしさに惹かれて誕生日プレゼントにねだったのが本作だった。確かにホラー映画には違いなかったが、観終わって感じたのは、恐怖よりもむしろ言いようのない悲愴感。ラモーンズによる悪名高き主題歌「ペット・セメタリー」※(観た人なら誰もが感じるはずだが、恐ろしいほど本編とミスマッチな曲なのだ)も、虚脱した観客にせめてカラ元気でも注入してやろうという製作側の心遣いだったのではないかとさえ思えてくる。

本作に否定的な意見として「主人公に学習能力が無さすぎる」というものがある。彼の行動が引き起こした事態を思い返してみれば確かに一理あるのだが、しかしそれこそが人間の性というものだろう。劇中の台詞としても、キャッチコピーとしても使われた言葉“Sometimes, dead is better.”(「時には、死の方がいい」)は、悲嘆に暮れるルイスの前では効力を失ってしまう。恐ろしい結果が待っていると分かっていても、愛情があるからこそ呪われた力までも借りようとする。もしも「禁断の土地」が実在していたら、邪悪な誘惑をはねのけることができる人間はむしろ少数派なのではなかろうか……そんな考えも頭をよぎるのだ。特にゲージを演じるミコ・ヒューズがまさに「天使のような」という形容がピッタリなほど愛くるしいので、説得力の強度はかなりのものである。

キング原作の映像化作品には駄作も少なからず存在するのだが(原作者自身がメガホンを取った『地獄のデビル・トラック』なる珍作まである)、本作は小説から映画への換骨奪胎の成功例と言える。ゴア描写は比較的少ないが、ピンポイントで強烈な痛覚刺激シーンも転がっているので、心構えをしたうえでの鑑賞がオススメである。内容云々以前のレベルでトラウマだけ植え付けてしまったのではモトも子もないので、どうかその点だけはご注意されたし!

ピックアップ記事

  1. 《動画あり》「ラ・ラ・ランド」監督&ライアン・ゴズリング来日記者会見動…
  2. 【イベント告知】「第30回 東京国際映画祭」今年はアニバーサリーイヤー!
  3. Hulu『漫画みたいにいかない。』キャスト発表!
  4. 【インタビュー映像あり】『サバービコン 仮面を被った街』 微笑みのウラにはワケが…
  5. 『クリミナル・タウン』予告編&ポスタービジュアル

関連記事

  1. アクション

    最大級の内輪揉め「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」レビュー

    (2016年 監:アンソニー&ジョー・ルッソ 出:クリス・エヴ…

  2. アクション

    映画『マンハント』北京プレミアイベント オフィシャルレポート

    日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、日本でのオールロケを敢行し、…

  3. 映画レビュー

    映画『タリーと私の秘密の時間』レビュー!

    『JUNO/ジュノ』、『ヤング≒アダルト』の監督×脚本コンビ最新作…

  4. アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 告知

    映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』公開決定&ポスタービジュアル解禁
  2. オリジナルストーリーで、どこまでも「人を活かす」映像作家・西川監督の映画「永い言い訳」

    ドラマ

    オリジナルストーリーで、どこまでも「人を活かす」映像作家・西川監督の映画「永い言…
  3. ドラマ

    ドラマ『コードネームミラージュ』主演・桐山漣ついにクランクアップ!!
  4. SF

    映画『ダークタワー』原作蹂躙か、見事な再構築か?
  5. アクション

    『バンブルビー』レビュー!
PAGE TOP