ドラマ

あのT・バートンが大人の映画を撮った!映画「ビッグ・フィッシュ」レビュー

(2003年 監:ティム・バートン 出:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー)

父と子の絆

題名の「大きな魚」とは「信じがたいほどデッカいホラ話」の意。人を楽しませるホラ話が大好きなエドワード。しかし「父の本当の姿を知りたい」と願う息子のウィルにとっては、エドワードの奇想天外な物語はただのオチャラケにしか聞こえない。

やがて病に倒れたエドワードとの最後の時間を過ごす中で、息子はホラ話の奥に埋もれていた父親の「真実」を見出してゆく・・・。否定的なものとして扱われることも多い「ホラ」「大言」といった要素を、本作ではある種かけがえのないものとして映し出す。

公開当時「あのT・バートンが大人の映画を撮った!」なんて声も多くあったのを覚えているが、相変わらずフリーキーな映像センスは健在。終盤、死にゆく父親に息子が語り聞かせる「最高の大きな魚」の物語は、演出、撮影、音楽すべての効果と相俟って、強く胸を打つ。

「子供と遊んでやる時間がなかなかとれない」「たまには家族サービスしなければ」…されど気負う事なかれ。たとえ些細な会話であっても、その積み重ねが親子の絆を強くしてくれる。その事をこの映画は教えてくれるはずだ。

ピックアップ記事

  1. 映画『ザ・サークル』トランプ大統領から『ユー・ガット・メール』まで… エマ・ワト…
  2. 映画『世界で一番ゴッホを描いた男』シャオヨンが描いたゴッホの複製画がやって来た!…
  3. 映画『シンクロナイズドモンスター』予告編&ポスタービジュアル解禁!
  4. 2月9日(金)公開 映画『マンハント』ダイナミックなアクションシーンの裏側を公開…
  5. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』2018年1月24日[水] Blu-ray&…

関連記事

  1. 孤高のド忘れ戦士ジェイソン・ボーンの復活を見る映画「ジェイソン・ボーン」

    アクション

    孤高のド忘れ戦士ジェイソン・ボーンの復活を見る映画「ジェイソン・ボーン」レビュー

    (2016年 監:ポール・グリーングラス 出:マット・デイモン…

  2. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」観たもの全てが恋に落ちる極上のミュージカル・エンターテイメント

    エマ・ストーン演じるミアから学びたい!真っすぐで飾らない夢追い女子の魅…

  3. サスペンス

    映画「パーソナル・ショッパー」小さな禁を犯した時、彼女の人生は一変する

    女優はコワい多忙なセレブリティのため、服やアクセサリーの購入を…

  4. 抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」

    コメディ

    抱腹絶倒コメディ映画として名高い映画「ミセス・ダウト」レビュー

    (1993年 監:クリス・コロンバス 出:ロビン・ウィリアムズ…

  5. オリジナルストーリーで、どこまでも「人を活かす」映像作家・西川監督の映画「永い言い訳」
  6. 映画レビュー

    映画『ダウンレンジ』レビュー!

    北村龍平監督の血みどろ限定空間スリラー『ダウンレンジ』を先行レビュー!…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」

    アニメ

    ユーモアと緊張感との緩急のバランスが絶妙な映画「グエムル~漢江の怪物~」レビュー…
  2. 「ブランカとギター弾き」新田恵海『ラブライブ!』&柴田秀勝『NARUTO-ナルト-』 超人気声優による音声ガイドが決定!!

    洋画

    「ブランカとギター弾き」新田恵海『ラブライブ!』&柴田秀勝『NARUTO-ナルト…
  3. アニメ

    映画『レゴバットマン ザ・ムービー』レビュー
  4. SF

    映画『アントマン&ワスプ』レビュー!
  5. 洋画

    映画『歓びのトスカーナ』人生は悲しくて、でも愛おしい。
PAGE TOP