公開初週ではイマイチも、口コミによって好転していった映画「ヒックとドラゴン」

キッズ

公開初週ではイマイチも、口コミによって好転していった映画「ヒックとドラゴン」レビュー

(2010年 監:クリス・サンダース&ディーン・デュボア 声:ジェイ・バルチェル)

親の「剛」、子の「柔」

ヒックはバイキングの族長・ストイックの息子。しかし、ドラゴンを倒すことで一人前の戦士と認められる体育会系コミュニティーの中にあって、ひ弱で発明好きな文系男子の彼は異端の邪魔者扱いだった。ある時、ドラゴンとの交戦中に、ビギナーズラックも手伝って伝説のドラゴン「ナイト・フューリー」を撃ち落としたヒックであったが、森の中で傷ついた獲物を見つけた彼はとどめを刺すことが出来なかった。ヒックはそのドラゴンを「トゥース」と名付け、世話をしながら、自分たちがドラゴンに対して抱いていた認識の数々が誤っていたことに気付いてゆくのだが……。

ドリームワークス制作の3Dアニメーション映画。公開初週ではイマイチ伸び悩んでいた興行成績が、口コミによって次第に好転していったという経緯なども、この映画の真価を表しているようで面白い。

本作の親子のスタンスは実に対照的、まさに「柔と剛」だ。ストイック族長は、屈強な肉体にヒゲモジャ、ドラゴンでも素手ゴロでボコり倒す「ザ・グレート」。声をあてるのはジェラルド・バトラー。間違いなく『300』でのスパルタ王・レオニダス役あってのキャスティングだろう。そんな「戦士=一人前の男」な価値観を持つマッチョ父さんからすれば、ヒックの隠れた才能である「観察力」や「探求心」、「発明センス」など無用の長物。ドラゴンも彼にとっては力で屈服させるべき対象でしかない。

一方、ヒックはその「無用の長物」を使って、ただの害獣だと思われていたドラゴンの真の姿を暴いていく。傷がもとで飛行能力を失ったトゥースのために補助器具をこしらえ、世話をしながら習性を見つけてはコミュニケーションツールとして役立てるのだ。最初はただの観察記録として始まった経験が、やがて種族を超えた友情へと変化し、果ては自己犠牲的行動にまで辿り着く。いやまこと、子供の柔軟性恐るべしと言うべきか。

もちろん、ドリームワークスらしい夢一杯の魅せ場も随所にある。筆者のイチオシ場面は中盤、それまで試行錯誤で飛行訓練をしていたヒックとトゥースが初めて本格的に飛翔する場面。人“竜”一体となって海面スレスレを高速飛行する姿はたまらなく爽快。ジョン・パウエルの手による、これ以上ないほどシーンにマッチした音楽もダイナミックで美しい。

ちなみに今年、本作の続編である“How To Train Your Dragon2”が世界公開され、すでに今年度最高規模の興行成績を叩き出しているそうだが、残念ながら日本での公開は未定のままだ。劇場公開を求める署名運動なども立ち上がっているらしいので、公開決定の暁にはぜひ親子で劇場へ出かけ、成長したヒックとトゥースの雄姿を大スクリーンで堪能していただきたいと思う。

ピックアップ記事

  1. 映画『BLAME!』2日間連続!公開記念舞台挨拶付き上映会開催!
  2. Amazonオリジナルドラマ『東京アリス』のメイキング特別映像を解禁!
  3. 映画「ナーヴ」音楽や独自のカメラワークが楽しめる新感覚のエンターテイメント・ムー…
  4. 映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人…
  5. 『スタ・ウォーズ/最後のジェダイ』4DX上映決定!日本オリジナル!BB-8とR2…

関連記事

  1. ドキュメンタリー

    映画『世界で一番ゴッホを描いた男』シャオヨンが描いたゴッホの複製画がやって来た!

    20年間で10万点以上!間違いなく“世界で一番ゴッホを描いた男”チャオ…

  2. ファミリー

    11/18(土)より公開決定!映画『愛しのノラ〜幸せのめぐり逢い〜』

    田尻裕司監督が文豪・内田百閒の「ノラや」からインスパイアされ作り上…

  3. 物理とか気にせず見ないとすんなり受け入れられない映画「インターステラー」

    SF

    物理とか気にせず見ないとすんなり受け入れられない映画「インターステラー」レビュー

    (2014年 監:クリストファー・ノーラン 出:マシュー・マコ…

  4. ドラマ

    映画『シシリアン・ゴースト・ストーリー』レビュー!

    実話から着想を得た幻想的ラブストーリー、先行レビュー!http…

  5. SF

    映画『ザ・サークル』トランプ大統領から『ユー・ガット・メール』まで… エマ・ワトソン✖トム・ハンクス…

    エマ・ワトソンの『美女と野獣』に続く主演最新作にして、トム・ハンクス他…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. アクション

    『ワンダーウーマン』だけじゃない!美しいオスカー女優が闘う映画2作品
  2. マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」

    SF

    マーベル・コミックスの北欧神話をベースにした同名原作の映画「マイティ・ソー」レビ…
  3. ドラマ

    映画「ネオン・デーモン」片手に包丁!?衝撃のラストへ向かう緊張の場面写真を公開
  4. 邦画

    映画『残像』巨匠アンジェイ・ワイダ渾身の遺作
  5. アクション

    最大級の内輪揉め「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」レビュー
PAGE TOP