予想外の人物が物凄く神髄を突いたことを言い放つところが面白い映画「バックマン家の人々」

ファミリー

予想外の人物が物凄く神髄を突いたことを言い放つところが面白い映画「バックマン家の人々」レビュー

(1988年 監:ロン・ハワード 出:スティーヴ・マーティン、ダイアン・ウィースト)

子育てにエンドゾーンは無し

主人公のギルは、幼い頃父親に構ってもらえなかった経験から「自分の子供とは満ち足りた親子関係を築く」という人生目標を抱くようになった。しかしいざ自分がパパになってみると、育児はまさに戦場。子供たちの予測不可能な行動に振り回されて、休日の家族サービスでもため息が止まらない。情緒不安定な長男は学校から特別支援学級への編入を進められるし、長女と次男も近頃は奇行が目立つようだ(観客からすれば子供っぽくて可愛い行動なのに、少々神経過敏になっているギルの目には心配要素として映る)。共同経営者のポストを巡って職場での立場まで危うくなってきたところに、四人目を身籠ったという妻の告白である。喜びよりも不安が先行して、ついつい奥さんに当り散らしてしまう。

ギルの姉弟たちの家庭もそれぞれ問題を抱えている。姉ヘレンはシングルマザーとして子育てしているが、多感な時期の娘と息子は干渉しようとすればするほど自分から遠ざかっていく。妹のスーザンは夫がモーレツ詰め込み主義者で、年端もいかない娘に数学だ外国語だカフカの文学だとハンパじゃない英才教育を実践中。確かに子供の知識は増えたが、社交性はどんどん失ってしまう。弟のラリーは定職に就かず、ギャンブルや怪しげな事業への出資で借金がかさみ、ヤクザな連中に命を狙われている。皆が皆、自分の家族のことで精一杯で、お互いに助け舟を出しあえるような精神的余裕は無いのだ。

そんな中でズバリと至言を呈するのは、映画を観ながら「コイツは到底頼りにできないな……」と高を括っていた人物たちだ。この作品、予想外の人物が物凄く神髄を突いたことを言い放つところが面白く、クールである。そんな唐突なスポットが当てられるのはギルの反面教師であったはずの父であり、ヘレンの娘が連れてきたどうしようもないチャランポラン男(キアヌ・リーヴス!)であり、劇中ずっと頓珍漢な言動ばかりが目立っていた最長老のお婆ちゃまである。特にお婆ちゃまが語る「ローラーコースターとメリーゴーラウンド」のエピソードには映画全体を包括するようなメッセージが込められており、小粒だが鮮やかな本作のフィナーレを華麗に彩ってくれる。

スティーヴ・マーティンやダイアン・ウィースト、メアリー・スティンバージェンらベテラン俳優の演技が素晴らしいのは言わずもがな、前述のキアヌや当時ティーンエイジャーだったホアキン・フェニックス(クレジットでは「リーフ・フェニックス」名義)の瑞々しい存在感も貴重だ。この適材適所なキャスティングの絶妙さ、自身も子役として芸能キャリアをスタートさせたロン・ハワード監督の慧眼あってこそだと思う。

ただし家族内でのデリケートな問題に踏み込んだ本作の性質故、ドキッとするような艶笑ギャグもチラホラ。小さなお子さんと鑑賞中に「なんで車ぶつけちゃったの?」「あのウィィーーンって鳴ってる物、なあに?」なんて質問されてドギマギなさいませぬように、と進言しておきます。

ピックアップ記事

  1. 【ラ・ラ・ランド】二人で合計100回の衣装チェンジ!色彩豊かな衣装 場面写真一挙…
  2. 映画「ネオン・デーモン」アルマーニをはじめとした特別限定コラボ企画が続々決定!
  3. 映画『アトミック・ブロンド』本ビジュアル&本予告解禁!
  4. 映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』4DX劇場にて絶賛上映中!4DXアトラ…
  5. Amazonプライム・ビデオ『将国のアルタイル』(Amazonプライム・ビデオ)…

関連記事

  1. ファミリー

    映画『ルージュの手紙』失われた時間を埋めていく二人。

    フランスを代表する2大女優カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロの豪華…

  2. アクション

    ハル・ベリー主演の映画『チェイサー』“アメリカの闇=誘拐事件”をテーマに描いたノンストップ・アクショ…

    オスカー女優ハル・ベリー製作総指揮・主演ノンストップ・アスションスリラ…

  3. アクション

    映画『アトミック・ブロンド』これは私が選んだ人生。

    最強の女スパイ、現る。『マッドマックス・怒りのデス・ロード』×…

  4. ロアルド・ダールの同名原作をストップモーション・アニメにした映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  5. SF

    映画『ブラックパンサー』レビュー

    ティ・チャラ国王=ブラックパンサーのソロデビュー映画!…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. アクション

    最大級の内輪揉め「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」レビュー
  2. 連続ドラマ「コードネームミラージュ」主演の桐山漣氏が意気込みをコメント

    ドラマ

    連続ドラマ「コードネームミラージュ」主演の桐山漣氏が意気込みをコメント
  3. ファミリー

    『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』橋爪功・西村まさ彦・妻夫木聡登壇!奥さま感…
  4. 恋愛

    映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』主題歌がback numberに決定!最新予告…
  5. ファンタジー

    映画『A GHOST STORY』本予告映像解禁
PAGE TOP