登場人物のような美しい涙を流せますように…そう願ってやまない映画「ハッシュパピー~バスタブ島の少女~」

ドラマ

登場人物のような美しい涙を流せますように…そう願ってやまない映画「ハッシュパピー~バスタブ島の少女~」レビュー

(2012年 監:ベン・ザイトリン 出:クァヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー)

たくましき哉、少女!

観始めてまず最初に戸惑うのは、時代・舞台設定がいつで何処なのか、イマイチ掴めないという点だ。登場人物たちが作り上げている共同体は、文明崩壊後の人類の姿にも見えるし、ジャック・ケッチャムの『オフシーズン』に登場するおっかない野生人間のようでもある。「オーロックス」なる、角の生えた巨豚のような怪物が現れるに及んで、これはひょっとしてファンタジー映画なのかという考えも頭をよぎるのだが、嵐によって壊滅的な被害を受けたバスタブ島の状況などは、日頃ニュースで見るハリケーン被害の惨状と同じくリアルに映る。やがてこの物語は、主人公の少女・ハッシュパピーの心象風景と現実が綯い交ぜになった世界であるらしいと気付くのだが、この風変わりな導入がまず見事だ。多くの作品が「これはこういう世界のお話ですよ」と懇切丁寧に説明しようとするのに対し、「一体どんな舞台設定なのだろう?」と疑問を抱かせることで、観る者が能動的に物語世界へ没入しようとするのである。

ハッシュパピーとその父・ウィンクの生活様式も、そのワイルドさ故にかなりギョッとさせられる。娘がべそをかくと「泣くな!」と一喝するリュック。カニをチマチマ食べるパピーを見て「全然なってねえ!かぶりつけ、こんなふうにな!」と実演してみせる。癇癪を起こしたパピーが暴れた時には「そう来たか!よし分かった、オレも暴れる!ウォー!!」と物を掴んでは投げ、掴んでは投げる(←別に不仲ってことじゃないです。あくまで攻撃的親子コミュニケーションです。筆者は鑑賞中、アニマル浜口と浜口京子選手を連想しました)。実はリュックは病を抱えており、その余命はわずか。独り残されることになるであろうハッシュパピーのため、サバイバルの心得とタフネスを伝授していたのだ(闘魂注入とも言う)。

そんなパンチの効いた父と対峙するハッシュパピーも、その小さな体躯からは想像もつかないような強さをみせる。特に印象的なのは、ここぞという場面で年端もいかぬ子供とは思えない煌めきを放つ鋭い目だ。演じるQ・ウォレスは長編映画初出演にして、史上最年少でアカデミー主演女優賞にノミネートされることとなったが、その結果も納得の存在感。「破壊」や「死」といった災厄の象徴であるオーロックスの群れに怯むことなく対峙する凛々しい姿には、もはや年齢などすっ飛ばして姐御の風格すら漂っている。

物語の最後で映し出されるのは、我々の多くが人生で経験することになる「永遠の別れ」とどう向き合うのか、という問題のメタファーである。いつの日かその瞬間を迎えた時、この映画の登場人物のような美しい涙を流せますように……そう願ってやまない。

ピックアップ記事

  1. 映画「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督& ライアン・ゴズリング来日決定!…
  2. 『夜明けの祈り』8月5日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開が決定
  3. 映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』メイキング映像&メイキングカット解禁
  4. 劇場アニメ『BLAME!』2週間限定で全国公開!
  5. 『スタ・ウォーズ/最後のジェダイ』4DX上映決定!日本オリジナル!BB-8とR2…

関連記事

  1. 孤高のド忘れ戦士ジェイソン・ボーンの復活を見る映画「ジェイソン・ボーン」

    アクション

    孤高のド忘れ戦士ジェイソン・ボーンの復活を見る映画「ジェイソン・ボーン」レビュー

    (2016年 監:ポール・グリーングラス 出:マット・デイモン…

  2. SF

    『オデッセイ』レビュー!

    https://youtu.be/nMCyC0io_0w…

  3. 映画レビュー

    映画「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」伝統は進化する

    彼らにとっての伝統とは、温室の中で後生大事に保管されるものではなく、時…

  4. 感動

    映画『英国総督 最後の家』二つの国が生まれる時―英国領インド最後の6か月、真実の物語

    1947年、独立前夜、混迷を深める激動のインドを鮮やかに描き出す、監督…

  5. 洋画

    映画『プラハのモーツァルト』:『レミゼ』に大抜擢された、美貌の歌姫サマンサ・バークスに注目!

    モーツァルト生誕260年記念!『アマデウス』に続き、遂に誕生したモ…

  6. 炭坑労働者のブラスバンドと家族の悲喜交々を描いたヒューマン映画「ブラス!」

    ドラマ

    炭坑労働者のブラスバンドと家族の悲喜交々を描いたヒューマン映画「ブラス!」レビュー

    (1996年 監:マーク・ハーマン 出:ピート・ポスルスウェイ…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. ファミリー

    『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』橋爪功・西村まさ彦・妻夫木聡登壇!奥さま感…
  2. ホラー

    映画『母という名の女』毒親がとった行動に言葉を失う
  3. 日本での興行は苦戦した映画「ヘルボーイ」

    アクション

    日本での興行は苦戦した映画「ヘルボーイ」レビュー
  4. 「ブランカとギター弾き」来日トークイベント オフィシャルレポート

    オフィシャルレポート

    「ブランカとギター弾き」来日トークイベント オフィシャルレポート
  5. ファミリー

    『長いお別れ』メイキングがたっぷり詰まった特別映像が解禁
PAGE TOP