アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

オフィシャルレポート

2017年1月7日公開「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」ドイツ映画祭オフィシャルレポート

一日18時間働いた検事長フリッツ・バウアー。何が彼をそこまで突き動かしているのかを知りたいと思いました。

2017年1月7日(土)に公開する事が決定した「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」。
ドイツ映画祭2016「HORIZONTE」でのジャパン・プレミアに登壇した監督のインタビューをレポートします。

長らく封印されていたナチス・ドイツ最重要人物アドルフ・アイヒマン拘束に関する<極秘作戦>の裏側の真実を濃密かつサスペンスフルなタッチで描ききり、ドイツ映画賞で作品賞、監督賞、脚本賞など最多6冠に輝いたほか、世界中の映画祭を席巻した映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』。
ドイツやヨーロッパ公開時に多くの動員を記録し、先頃公開されたアメリカ国内でも、ロサンゼルス・タイムズ紙が「映画全体に力を与えているのは、ベテランドイツ人俳優ブルクハルト・クラウスナーの説得力ある演技だ。彼はバウアーの熱狂的な強烈さを正確に捉えている。」と評した他、各紙がこぞって絶賛評を掲載するなどして話題となっているスリリングなサスペンス・ドラマです。

ラース・クラウメ監督来日

ドイツ映画祭2016「HORIZONTE」でのジャパン・プレミアへ登壇し、様々な質問に答えてもらいました。

Q. ヴィクトリアのキャスティングについて

元々ヴィクトリア役は男性を考えていました、美しい男性俳優の候補が何名もいたのですが、どうしてもハイヒールを吐いた時に格好がつかなかったということと、当時の同性愛が許されない時代に、刑法175条で裁かれるという場の法廷にいるということは、見た目が女性としてパーフェクトでなければならないということもあり、リリスさんへお願いすることとなりました。現在は有名な女優さんですが、当時はまだ主演作がなく、今ほど有名ではなかったので、気がつく人は少なかったのではないかと思います。

Q. フランスの方(共同脚本のオリヴィエ・グエズ)と一緒に仕事をされた理由は?

オリヴィエさんは作家で、2011年にドイツに戦後戻ってきたユダヤ人を書いた本を出されました。この本はなぜホロコーストのあとにドイツに戻ったユダヤ人がいたのかということに焦点をあてたもので、その中にバウアーのことも書いてありました。フランクフルトにいながら私はその本を読むまでフリッツ・バウアーを知りませんでした。オリヴィエさんと色々話をする中で、一緒に映画を撮ろうということになり、最初はその本を題材にしようと考えていたのですが、段々フリッツ・バウアーという非常にエキサイティングなトピックに注目することとなって、彼を取り上げることで、50年代、60年代のドイツの過去との向き合い方に一番迫れるのではないかと思い、彼を主人公に据えることにしました。そして彼の長い人生の中でも、特にアイヒマン関わる部分を更に切り取りました。オリヴィエさんにとっては初めて脚本を書くということになりましたが、彼自身もユダヤ系で、非常に色々な戦後ユダヤ人の方へインタビューをされており、非常にこういったことに詳しい方です。

Q.フリッツ・バウアー伝記を映画の公開にあわせ出版する予定なので、現在翻訳を進めています。私もフリッツ・バウアーのことを全く知らなかったのですが、ニュルンベルク裁判はあったとはいえ、ドイツで戦後ナチの人たちが生き延びて、法律の分野にもいたということが驚きました。監督もフランクフルトにいながら、フリッツ・バウアーを知らなかったというのも更に驚いたのですが、『顔のないヒトラーたち』にもバウアーが出てきたり、『ハンナ・アーレント』へも話が続いていて、ヒトラーの死後70年経ち、ドイツの戦後処理について、ドイツの若い人たちは向き合わなければいけないという気持ちが強くなってきたかなと思ったのですがドイツ国内ではどうなのでしょうか?

多くの人たちがアイヒマン拘束について決定的な役割をしたのはアメリカのサイモン・ヴィーゼンタールだと思っており、モサドがアイヒマンを拘束したということは知っているのですが、フリッツ・バウアーのおかげでアイヒマンを追跡することが出来、裁判に至ったということは知られていませんでした。伝記が出る前というのは彼に関する本はなく、知られていなかったので、若い人にこの映画を見て知ってもらえたのなら嬉しく思います。今日の世界で起きている様々なことを考えると、個人として民主主義のために、そして正義のために何が出来るのかということについて色々とインスピレーションを与えてくれる映画だと思います。フリッツ・バウアーは一人で英雄のような戦いをしているわけ、彼が知られるようになり、こうして外国で上映されることに喜びを感じています。

Q.私は若い世代の人間だと思うのですが、この映画を見て非常に感銘を受けました。監督がおっしゃった通り、個人として何が出来るのかということについてすごく勇気づけられる内容だと思います。フリッツ・バウアーがアンガーマンに向かって発した、“独裁の監視に屈してはならないのだ”、という台詞がありましたが、あれは実際にフリッツ・バウアーが言った台詞なのか、脚本で作られた言葉なのか知りたいです。

台詞そのものは脚本作家である私達が生み出したものです。ただしそれはフリッツ・バウアーの思想から生み出したものです。例えば、テレビのトークショーに出演する場面がありましたが、そこではフリッツ・バウアーの肉声を使っています。ただ、実際にトークショーに出演したのは、劇中の時期ではなくて、あれから4年後のアウシュビッツ裁判の時期ですので、それは少し史実とは異なっています。ただ、私たちが大切にしたのは、彼が若い人たちに対してどう向き合っていたのか、彼のヒューマニズムがどう現れていたのかということです。最初の方の場面で若い検事がフリッツ・バウアーの部屋に集められる場面がありましたよね。アンガーマンはフィクションですが、それ以外は実在の人物です。アンガーマンのように実際に同性愛が理由で脅された若い検事がいたということが史実としてありました。その辺りは時代的にアイヒマンの追跡の頃にとは重ならないのですが、フィクションを交えて織り込んでいます。フリッツ・バウアーがどのような形で若い人に接したかということは徹底的にリサーチをしました。

フリッツ・バウアーは一日18時間働き、チェーンスモーカーで、死ぬまで働いていた人です。何が彼をそこまで突き動かしているのかということをすごく知りたいと思いました。実際に彼は検事として華々しい成功を収めたかというと、決してそうではありません。アイヒマンもドイツで裁けませんでしたし、アウシュビッツ裁判でも願ったように全ての犯罪者を裁けたわけではありませんでした。それでも彼を動かしていたものは何なのか、推測に過ぎませんが、出所を条件に彼がナチスに従うということに署名してしまったことへの贖罪ではないか。復讐ではなく、やはり若い世代を教育したい、戦後のドイツの若い民主主義を育てたいというその気持が彼を突き動かしたのではないかと思います。
それが、カール・アンガーマンへの台詞の言葉につながっています。

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』あらすじ

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。
検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。

2017年1月7日(土) Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
(c)Lena Kiessler

ピックアップ記事

  1. 映画『エンジェル、見えない恋人』目に見えない存在として生まれた青年“エンジェル”…
  2. 映画「ネオン・デーモン」片手に包丁!?衝撃のラストへ向かう緊張の場面写真を公開
  3. 【イベント告知】「第30回 東京国際映画祭」今年はアニバーサリーイヤー!
  4. 映画『旅猫リポート』×ほぼ日アプリ「ドコノコ」コラボフォトコンテスト開催
  5. 第30回東京国際映画祭「歌舞伎座スペシャルナイト」にて市川海老蔵「男伊達花廓」を…

関連記事

  1. SF

    『どろろ』レビュー!

    https://youtu.be/0BIkTSy-Y-g…

  2. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーンの歌声に酔いしれる特別映像解禁!

    エマ・ストーンが歌う「AUDITION」バージョンの日本版特別映像が解…

  3. 『夜明けの祈り』8月5日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開が決定

    洋画

    『夜明けの祈り』8月5日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開が決定

    第42回仏セザール賞で4部門ノミネート、フランス映画祭2017でエール…

  4. 「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開

    洋画

    「歓びのトスカーナ」インタビュー映像公開

    緑豊かなイタリア・トスカーナ州を舞台に、精神診療施設から抜け出した女性…

  5. オフィシャルレポート

    映画『貞子』 公開怨霊御礼舞台挨拶

    5月25日(土)に、怨霊…改め“御礼”の気持ちをこめて、そしてさらなる…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. アクション

    映画『ザ・ウォール』灼熱地獄、極限のガマンくらべ
  2. ドラマ

    映画「ラ・ラ・ランド」渡辺直美の妄想ダンスが炸裂するCM&メイキング解禁!
  3. 邦画

    映画『残像』森達也監督、石川慶監督ほか絶賛コメント到着!
  4. 告知

    【Amazonプライム・ビデオ】男1:女25の恋愛番組「バチェラー・ジャパン」独…
  5. ドキュメンタリー

    映画『タリ―と私の秘密の時間』育児あるある満載のママであれば誰しも共感間違いない…
PAGE TOP