山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」

映画レビュー

山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」レビュー

(2002年 監:山田洋次 出:真田広之、宮沢りえ、田中泯、吹越満、小林稔侍、深浦加奈子)

堪え忍んだ果てに

山田洋次監督による「藤沢周平三部作」の第一弾。公開当時の宣伝や批評は、封建の世で理不尽に翻弄されながらも精一杯生きる主人公・井口清兵衛の姿に、現代社会のサラリーマン像を重ね合わせたものが多かったと記憶している。

下級武士の清兵衛は、一日の城勤めが終わると直ぐ家に帰ってしまう。妻を結核で亡くし、二人の娘と年老いた母を抱える彼は、家族を養うために畑仕事や内職をこなさねばならない。しかし本人は、周囲が思うほど自分の境遇が惨めだとは考えておらず、子供たちが日々成長していく様子を楽しそうに眺めている。自由主義的な思想も持ち合わせているらしく、「学問は何の役に立つのか?」と問う娘には、「学問を身につけていれば、自分の頭で物事を考えられるようになる。そうすれば、何とかして生きていくことができる」と説く。

だがその言葉とは裏腹に、自分の力ではどうにもならない事態が次々と清兵衛に降りかかる。幼馴染みの朋江に暴力を振るった酒乱の前夫と決闘をする羽目になり、その際に剣の腕を見込まれたために旧体制藩士を粛清せよとの藩命を受け、やがては戊辰戦争へと巻き込まれてゆく。たとえ意に反していても、抗うにはあまりに大きすぎる運命のうねり。ハイライトはやはり、藩から討伐を命じられた相手・余吾善右衛門との一騎打ちだろう。「主君のため懸命に尽くしてきた儂が、何故腹を切らねばならんのだ!」という善右衛門の叫びに、清兵衛は返す言葉が無い。相手の苦衷が痛いほど理解できても、なすべきことをなさねばならないのだ(清兵衛は土壇場になって善右衛門を逃がしてやることも考えるが、もし実行すれば当然身の破滅だ)。この場面、演じる真田広之と田中泯の身体能力はもちろんだが、シーン全体を覆う言い知れぬ悲壮感によって鬼気迫る凄味が生み出されている。

そんな重苦しい空気を纏いつつ、それでも本作が多くの観客の心を掴んだのは、主人公の清兵衛が日々を前向きに生きようという姿勢を決して捨てなかったからだと思う。堪え忍んで堪え忍んで堪え忍んで……ある時ふと、小さな幸せを見つける。苦難が積み重なるほど、感情移入の度合もカタルシスも大きくなる。朋江への恋慕の情をひた隠しにしてきた清兵衛が、ついにその想いを打ち明ける場面などはもう共感度最大値である(冷静に聞けば、亡くなった奥さんが少々気の毒になるようなことも言っているのだが、それまで清兵衛の我慢をさんざっぱら見せられているものだからシンパシーが損なわれることもない)。全てが終わった後に語られる「平和な三年間」は、清貧を貫いた清兵衛への、せめてものご褒美にも思えてくるのだ。

ズンッ、と一本気なストーリーに、手堅い演出。庄内弁の台詞も独特の雰囲気を醸し出している。個人的には、藤沢周平の原作を映画化した一連の作品群の中でも屈指の傑作であると思う。

ピックアップ記事

  1. 2018年1月13日公開 映画『ドリス・ヴァン・ノッテン』予告編
  2. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』疾走感あふれる新ビジュアル、本予告映像か…
  3. 映画「ネオン・デーモン」ファッショナブルな世界、こだわり抜いた衣装を紹介。
  4. 映画『プラハのモーツァルト』:『レミゼ』に大抜擢された、美貌の歌姫サマンサ・バー…
  5. 映画『判決、ふたつの希望』本予告&ポスター解禁!!

関連記事

  1. アニメ

    戦争で奪われる日常を追体験させられるような映画「この世界の片隅に」レビュー

    (2016年 監:片渕須直 声:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身…

  2. ファミリー

    映画「家族はつらいよ2」劇団ひとりさんメイキング映像を解禁!

    劇団ひとり感激「『男はつらいよ』もこんな風に・・・」これぞ日本映画界の…

  3. 映画レビュー

    『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』創世、衝突、そして約束の地へ

    映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』をレビューht…

  4. ドラマ

    《オフィシャルレポート》映画『トリガール!』映画公開直前&主題歌シングルリリース記念 野外イベント実…

    本作の主題歌「空も飛べるはず」のシングルリリースを記念して、映画出演者…

  5. コメディ

    映画『JKニンジャガールズ』こぶしファクトリー初主演作品!!

    今夏、アイドル映画史に残る“歌謡バトル”が幕を開ける!!ハロー…

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」

    SF

    タイムトラベルを題材とした、感動やロマンを内包している映画「オーロラの彼方へ」レ…
  2. サスペンス

    映画「パーソナル・ショッパー」クリステンを監視する謎のメッセージ、その差出人とは…
  3. 告知

    Amazon日本オリジナルドラマ『フェイス―サイバー犯罪特捜班―』(Amazon…
  4. 告知

    Hulu『漫画みたいにいかない。』キャスト発表!
  5. 邦画

    映画『残像』森達也監督、石川慶監督ほか絶賛コメント到着!
PAGE TOP