山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」

映画レビュー

山田洋次監督による「藤沢周平三部作」第一弾の映画「たそがれ清兵衛」レビュー

(2002年 監:山田洋次 出:真田広之、宮沢りえ、田中泯、吹越満、小林稔侍、深浦加奈子)

堪え忍んだ果てに

山田洋次監督による「藤沢周平三部作」の第一弾。公開当時の宣伝や批評は、封建の世で理不尽に翻弄されながらも精一杯生きる主人公・井口清兵衛の姿に、現代社会のサラリーマン像を重ね合わせたものが多かったと記憶している。

下級武士の清兵衛は、一日の城勤めが終わると直ぐ家に帰ってしまう。妻を結核で亡くし、二人の娘と年老いた母を抱える彼は、家族を養うために畑仕事や内職をこなさねばならない。しかし本人は、周囲が思うほど自分の境遇が惨めだとは考えておらず、子供たちが日々成長していく様子を楽しそうに眺めている。自由主義的な思想も持ち合わせているらしく、「学問は何の役に立つのか?」と問う娘には、「学問を身につけていれば、自分の頭で物事を考えられるようになる。そうすれば、何とかして生きていくことができる」と説く。

だがその言葉とは裏腹に、自分の力ではどうにもならない事態が次々と清兵衛に降りかかる。幼馴染みの朋江に暴力を振るった酒乱の前夫と決闘をする羽目になり、その際に剣の腕を見込まれたために旧体制藩士を粛清せよとの藩命を受け、やがては戊辰戦争へと巻き込まれてゆく。たとえ意に反していても、抗うにはあまりに大きすぎる運命のうねり。ハイライトはやはり、藩から討伐を命じられた相手・余吾善右衛門との一騎打ちだろう。「主君のため懸命に尽くしてきた儂が、何故腹を切らねばならんのだ!」という善右衛門の叫びに、清兵衛は返す言葉が無い。相手の苦衷が痛いほど理解できても、なすべきことをなさねばならないのだ(清兵衛は土壇場になって善右衛門を逃がしてやることも考えるが、もし実行すれば当然身の破滅だ)。この場面、演じる真田広之と田中泯の身体能力はもちろんだが、シーン全体を覆う言い知れぬ悲壮感によって鬼気迫る凄味が生み出されている。

そんな重苦しい空気を纏いつつ、それでも本作が多くの観客の心を掴んだのは、主人公の清兵衛が日々を前向きに生きようという姿勢を決して捨てなかったからだと思う。堪え忍んで堪え忍んで堪え忍んで……ある時ふと、小さな幸せを見つける。苦難が積み重なるほど、感情移入の度合もカタルシスも大きくなる。朋江への恋慕の情をひた隠しにしてきた清兵衛が、ついにその想いを打ち明ける場面などはもう共感度最大値である(冷静に聞けば、亡くなった奥さんが少々気の毒になるようなことも言っているのだが、それまで清兵衛の我慢をさんざっぱら見せられているものだからシンパシーが損なわれることもない)。全てが終わった後に語られる「平和な三年間」は、清貧を貫いた清兵衛への、せめてものご褒美にも思えてくるのだ。

ズンッ、と一本気なストーリーに、手堅い演出。庄内弁の台詞も独特の雰囲気を醸し出している。個人的には、藤沢周平の原作を映画化した一連の作品群の中でも屈指の傑作であると思う。

ピックアップ記事

  1. Amazonオリジナルドラマ『東京アリス』のメイキング特別映像を解禁!
  2. 映画『パーフェクトワールド』ふたりの恋が芽生えていく、病室での場面写真解…
  3. 映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』ここまでやるか!?スタジオライカの職人…
  4. 11/18(土)より公開決定!映画『愛しのノラ〜幸せのめぐり逢い〜』
  5. 映画『KUBO/クボ​ 二​本の弦の秘密』メイキング映像&メイキングカット解禁

関連記事

  1. 舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」

    ドラマ

    舞台劇を映画化、上映時間も79分な映画「おとなのけんか」レビュー

    (2011年 監:ロマン・ポランスキー 出:ジョディ・フォスタ…

  2. ホラー

    映画『クリーピー 偽りの隣人』KUROSAWAシネマティック・ユニバース

    西島秀俊主演の映画『クリーピー 偽りの隣人』をレビュー…

  3. コメディ

    映画『トリガール!』土屋太鳳が叫ぶ!ツッコむ!ガン飛ばす!

    主題歌は、スピッツの名曲「空も飛べるはず」をガールズバンド“ねごと”が…

  4. 邦画

    映画『アイネクライネナハトムジーク』豪華第2弾キャスト発表!

    『アイネクライネナハトムジーク』映画化決定!2008年「ゴールデン…

  5. 年齢やジャンル的嗜好の違いを包括してしまう間口の広い映画「ベイマックス」

    アニメ

    年齢やジャンル的嗜好の違いを包括してしまう間口の広い映画「ベイマックス」レビュー

    (2014年 監:ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ 声:ライ…

  6. 予想外の人物が物凄く神髄を突いたことを言い放つところが面白い映画「バックマン家の人々」

スポンサードリンク

映画のレビューはこちら

新作の告知

配給会社オフィシャルレポート

  1. 失敗して自信を喪失した人にとっての栄養補助食的な映画「ガタカ」

    SF

    失敗して自信を喪失した人にとっての栄養補助食的な映画「ガタカ」レビュー
  2. 連続ドラマ「コードネームミラージュ」主演の桐山漣氏が意気込みをコメント

    ドラマ

    連続ドラマ「コードネームミラージュ」主演の桐山漣氏が意気込みをコメント
  3. SF

    映画『LOGAN/ローガン』旅の終わり
  4. 洋画

    映画『シンクロナイズドモンスター』予告編&ポスタービジュアル解禁!
  5. SF

    『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』レビュー!
PAGE TOP